【完全マスター】Instagramを成功させるポイント27選!理解してアカウントを伸ばそう

「インスタが伸びない…」とお悩みの方へ
月額30万円のコンサル内容をたった月額1万円で SAKIYOMI

「Instagramを伸ばすためのポイントを知りたい」
「どうすればフォロワーが増えるのだろう?」
「効率よく最短で結果を出す方法はある?」

このような悩みを抱えていませんか?

Instagramは利用者数が3,300万人を超える巨大なプラットフォームであり、趣味だけでなくビジネスとしても多くの場面で利用されています。

成長しているInstagramに進出して、自社の集客や売上をアップさせたいですよね。

とはいえ、アカウントを伸ばすためには押さえておくべきポイントがあります。これらを理解せずに多くのコンテンツを投下したとしても、成果を出すのは難しいでしょう。

そこで本記事では、Instagram運用のプロである弊社SAKIYOMIが、以下の内容を解説します。

  • Instagram運用のポイント
  • 再現性高くInstagramを伸ばす方法

最後まで読めば、Instagramを運用するうえのポイントが理解できて、効率的にアカウントを伸ばせるでしょう。Instagramの運用を検討している方は、ぜひご覧ください。

なお以下の記事ではInstagramでフォロワーを増やすロジックと、具体的な施策を解説しています。

▼参考記事:Instagramでフォロワーを増やす4つのロジックと14の施策を徹底解説!

【Instagram運用のポイント1】運用する5つのメリット

Instagramで成果を出すためのポイントは、まずビジネスとしてSNSを活用するメリットや特徴を理解しておくことです。よくわからないものを使った施策を講じても成果は出ませんし、応用が効きません。

そこでこちらでは、Instagramを運用するメリットを5つに絞ってご紹介します。

①購買行動や消費市場の変化に対応できる

企業はInstagramを運用することで、購買行動や消費市場の変化に柔軟に対応できるようになります。

現在のInstagramの利用方法が、消費行動の全てをカバーするようになっているからです。従来の消費行動は、以下の流れです。

  1. テレビや看板などのマスメディアで認知を取る
  2. Googleで口コミを検索する
  3. 実際に店舗へ向かうかECサイトで購買する

しかし、現在のInstagramでは、購入までの道筋は以下のようになっています。

  1. レコメンド機能で新たなサービスを認知する
  2. 利用者の口コミをインスタグラムでハッシュタグ検索する
  3. Instagramのショッピング機能でそのまま購買する

つまり、Instagramを利用する目的が変化しているのです。

Instagramでインフルエンサーや友人が発信する情報は、Google上に存在する情報よりも信頼性やオリジナリティが高いです。

また、Instagramにおいてインフルエンサーのもつ影響力は大きなもの。インフルエンサーやその活用法について以下の記事にて解説しておりますので、ぜひご覧ください。

▼参考記事:人気インフルエンサーの4つの集め方と有効な活用方法とは?

②ユーザーの声を直接聞ける

双方向性のコミュニケーションを実施できる点も、企業がInstagramを運用するメリットです。

従来の広告媒体では、一方向性のコミュニケーションしか行えず、企業がユーザーのレビューを獲得するまでに時間がかかっていました。しかしSNSの発達により、即時に、かつ相互にコミュニケーションが取れるようになりました。

Instagramにおいてはストーリーズのアンケート機能や質問ボックス、DMを活用することでユーザーの声を直接聞けます。インスタグラムを通じてユーザーを集客でき、インスタグラムの中で直接つながれるのが魅力です。

結果として、ユーザーの意見をサービスに反映させやすい環境が作られていきます。

③低コストで自由に宣伝・PRを行える

マスメディアの活用と違い、InstagramをはじめとするSNSは無料で活用できます。広告を出稿するとしても、従来のものとは比較にならないほど安価に始められるため、さまざまな効果測定が実施できるでしょう。

Instagramでの広告活用に関しては以下の記事を参考にしてください。

▼参考記事:【事例あり】Instagram広告の費用や効果を徹底解説!

実際に企業がインスタグラムを利用した集客を行いはじめ、活用事例も徐々に増え出しています。ビジネスモデルの中にうまい形で組み込まれている企業も多く見られます。

また、Instagram内での投稿は原則自由なため、自社がPRしたい内容を制限なく発信し続けられるでしょう。投稿が蓄積されていくことにより、オウンドメディアのようにさまざまな情報発信が行えるのも魅力的な点だと言えます。

マーケティングの担当者も、広報の担当者も、別々の目的を持ってInstagramを活用できるので、活用の幅は非常に広いです。

▼参考記事:Instagramで集客をするメリットは?「最初にすること」から解説します!

④短期間で成果が出る

Instagramをビジネスで活用するメリットは、短期間で成果が出る点です。具体的には、3〜4ヶ月程度あれば結果がでるでしょう。

実際に弊社SAKIYOMIでは、平均して4.2ヶ月で1万フォロワーを達成しています。

対して同じ集客手段であるSEOでは、成果が現れるまでに6〜12ヶ月程度かかってしまいます。他にもSEOに比べて将来性が拡大していたり対応範囲が広かったりと、収益を高められる大きな可能性を秘めています。

SEOに比べて成果が出る期間が短いのが、Instagramのメリットです。

⑤ライバル数が少ない

ライバル数が少ないのも、Instagramのメリットです。

Instagramは近年ユーザーが増えてきたSNSなので、ビジネスポジションにはまだ比較的余裕があります。未開拓な領域なので、他の企業もチャンスを窺っている途中であるためです。

フォロワー数の多いインフルエンサーは多くいますが、本当に価値提供できているアカウントは多くありません。後述するアカウント設計やプロフィール設計を入念に行い、ユーザーが欲する良質なコンテンツを届けられれば、まだまだ市場を独占するチャンスは残っています。

ライバルが飽和して市場が成熟する前に、Instagramに参入しておくべきでしょう

【Instagram運用のポイント2】アカウント設計の手順5ステップ

Instagram運用が失敗する企業の9割は、アカウント設計がうまくできていません。つまり緻密に設計をすれば、Instagram運用を成功させられる確率が高まります。

そもそもアカウント設計とは、アカウントが発信する内容や運用目的を明確化したものです。こちらでは、Instagram運用の重要なポイントであるアカウント設計の手順を5ステップで紹介します。

①アカウントの目的を明確にする

まずは、アカウントの目的を明確にしておきましょう。目的や最終的なゴールを決めておくと、アカウントが講じるべき施策や見るべき数字も変わってきます。

以下のように、Instagramを運用する目的はそれぞれ異なるはずです。

  • 自社の売り上げをアップさせる
  • ブランディングを強化する
  • 集客チャネルを確立させる

目的に合わせた運用を行うためにも、アカウントのゴールを明らかにしておいてください。

また、計画を成し遂げるためのスケジュールも綿密に作っておきましょう。小さなゴールを設定しておくと、分析がしやすくなりPDCAを高速で回せます。

②ペルソナを決める

目的を決めた後は、ペルソナを設定します。ペルソナとは詳細な人物像を指し、ターゲットと異なり実在している人間のような人物を作り上げます。

一人に刺さるコンテンツを作ると伸びないと思われがちですが、かくターゲティングしないと発信内容がぶれてしまうでしょう。細結果として誰にも刺さらない投稿となり、アカウントが成長しません。

以下のような項目を埋めつつ、詳細な人物像を設定していきましょう。

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 日常的な行動
  • 趣味嗜好

なおペルソナについては以下の記事で詳しく解説していますので、より深い知識を身につけたい方はぜひご覧ください。

▼参考記事:【ペルソナ×カスタマージャーニーマップ】Instagramアカウントのコンセプトを設計する方法とは?

③提供価値を決める

ペルソナへの提供価値を決めましょう。

提供価値はユーザーが感じるメリットとベネフィットを指します。メリットとはそのアカウントによって直接得られるもので、ベネフィットは間接的に得られるものを指します。

例えばダイエットジャンルのメリットは、体が絞れたり筋肉がついたりすることです。対してベネフィットは、体が絞れた結果好きな人から好意を持ってもらえたり、おしゃれな服を着られるようになったりすることです。

情報を得た先のことまで考えると、ユーザーに満足してもらえます。

④ロールモデルを定める

提供価値を決めた後は、ロールモデルを決めていきます。

ロールモデルとは、自社の見本となるアカウントです。

多くの情報が飛び交う現代のSNSにおいて、全てオリジナルでアカウントを伸ばしていくのは難易度が高いです。しかしすでに成功している事例を参考にすれば、そのハードルを大きく下げられます。

ロールモデルを選ぶ際は、以下の基準を参考にしてみてください。

  • 同じジャンルを発信している
  • 投稿数に対してフォロワーが多い
  • ペルソナが似ている

ロールモデルを選ぶ際に最も重要なのは、投稿数に対するフォロワーの数です。同じフォロワー数であったとしても、投稿数が少なければそれだけコンテンツの質が高いと判断できます。

具体的には、1投稿に対して50〜80人程度のフォロワーがいるアカウントをロールモデルにするべきでしょう。

⑤コンセプトを言語化する

ここまで作成してきたものは、コンテンツの軸となるコンセプトです。言語化してチーム内で共有しておくと、発信内容がぶれることなくアカウントを運用できます。

結果としてペルソナに刺さった投稿となり、満足してもらいやすいでしょう。

なおInstagramのコンセプトを設計する手順については、以下の記事で詳細に解説しています。

▼参考記事:【保存版】インスタグラムのコンセプト設計6ステップを解説!注意点や成功事例も紹介

【Instagram運用のポイント3】プロフィール設計5つのコツ

Instagramを伸ばすうえでは、プロフィール設計も重要なポイントの1つです。なぜなら、ユーザーは以下の手順でアカウントをフォローするためです。

  1. 投稿を見る
  2. プロフィールを見る
  3. フォローする
つまりいくら有益な投稿をしたとしても、プロフィールがいまいちであればフォローはされません。

そこでこちらでは、Instagram運用のポイントであるプロフィール設計のコツを紹介します。

①構成要素を確認する

Instagramのプロフィールを整えるためには、まずどのような要素があるのかを確認しましょう。構成要素は以下のとおりです。

要素を知っておくと、Instagram上に備わっている機能を十分に活かせるでしょう。それぞれの作成方法については、以下で詳しく解説します。

②わかりやすいユーザーネームをつける

Instagramのユーザーネームは、わかりやすいネーミングにしておきましょう。

ユーザーネームはアカウントを識別する役割を担っているので、同一のものは存在しません。ただしプロフィールには名前もあり、こちらは同じであっても登録できます。

同じ名前のアカウントが複数ある場合、ユーザーはユーザーネームで検索をします。冗長であったり覚えにくかったりすると、検索されずアカウントが伸び悩んでしまうでしょう。

一度見たユーザーがすぐに覚えられるように、完結かつわかりやすいユーザーネームをつけてください。

また発信しているジャンルが一瞬でわかると、フォローされやすいでしょう。弊社SAKIYOMIは「sakiyomi_」であり、会社名をそのまま利用しています。

なおユーザーネームについては以下の記事でも解説していますので、あわせてご覧ください。

▼参考記事:インスタのユーザーネームとは?変更方法とコツを解説!

③フォローするメリットを盛り込んだ文章を掲載する

Instagramのプロフィール文は、フォローするメリットを盛り込んだ文章にしましょう。特に「誰に」「何を」を明確にすることで、ユーザーがアカウントをフォローする意味を見出せます。

また自分ごと化しやすいように悩みを具現化したり、改行して読みやすくしたりと、ユーザーフレンドリーなプロフィール文に仕立て上げましょう。

例えばためるんさんは、①で「月5万円でもできる」とわかり、参入障壁を下げています。また②で「忙しい・年齢層高めな私でもできる」とユーザーに安心感を与えています。

成功しているアカウントのプロフィール文を見て、自社の運用に活かしてみてください。

④視認性が高く発信内容のわかる画像を設定する

Instagramのプロフィール画像は、視認性が高いものを設定しましょう。他のSNSと違って拡大ができないので、小さくて見にくいとどのような画像なのかがわかりません。

またライバルよりも強い印象を持ってもらうためにも、発信内容が一目で伝わる写真にしましょう。プロフィール文と同様、フォローするメリットが一目でわかるようにするのがポイントです。

例えばみんなのパーソナルトレーナーさんは、画像からトレーニングを発信しているとすぐにわかりますよね。

⑤サイトのURLを記載する

プロフィール文の最後には、サイトのURLを入力しましょう。誘導したい自社サイトのリンクを貼っておくと、プロフィールを見て興味を持ったユーザーが飛んでくれます。

【Instagram運用のポイント4】投稿を伸ばす5つの方法

Instagramにおいて、伸びる投稿をするのもポイントです。

こちらでは、Instagramの投稿を伸ばす5つの方法を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

①良質なコンテンツを発信する

当たり前ではありますが、Instagramの投稿を伸ばすためには、良質なコンテンツを発信しましょう。

投稿を伸ばすためのコツはいくつかありますが、最も大切なのはユーザーに満足してもらうことです。小手先だけのテクニックでアカウントが伸びたとしても、フォロワーに満足されなければ収益は上げられません。

そのためにはアカウント設計を入念に行い、求められているニーズを把握する必要があります。解決したい悩みがわかれば、後は価値提供を続けましょう。

②アルゴリズムに基づいた運用を行う

Instagramの投稿を伸ばすポイントは、アルゴリズムに基づいて運用をすることです。アルゴリズムとは、Instagramの投稿やストーリーズの表示順を決めるルールを指します。

アルゴリズムを知らずにアカウントを成功させられる確率は低いので、常に勉強しながら運用しましょう。

実際にSAKIYOMIも、アルゴリズムに基づいた発信を行うことで、再現性高くフォロワーを伸ばしています。今では平均して、4.2ヶ月で1万フォロワーを達成できています。

アルゴリズムについては以下の記事で徹底的に解説していますので、ぜひ目を通してみてください。

▼参考記事:【最新版】公式発表のInstagramアルゴリズムをプロが解説!バズるにはホーム率と保存率がカギ!

③ユーザーと積極的に交流する

ユーザーと積極的に交流するのも、Instagramの投稿を伸ばすポイントです。ユーザーとの親密度が高いと、投稿やストーリーズが優先的に表示されるためです。

先ほどInstagramのアルゴリズムは、投稿やストーリーズの表示順を決定していると言いました。現状のアルゴリズムは、親密度の高さによってコンテンツの順番を決めています。

時間順に表示されるわけではないので注意しましょう。

以下の記事では親密度(エンゲージメント)について解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

参考記事:【意外な事実】Instagramの投稿が伸びる時間帯はない!大切なのはエンゲージメント

ユーザーとの親密度を高めるためには、以下のような施策を行って交流の場を作りましょう。

  • ストーリーズ
  • インスタライブ
  • DM

なおストーリーズ施策については以下の記事で解説していますので、ぜひご覧ください。

▼参考記事:【バズる投稿者はここが違う!】もう悩まないストーリーズのテクニック6選

④毎日投稿する

Instagramを伸ばすうえで重要なポイントは、毎日投稿することです。フィード投稿は基本的に一日も欠かさず行いましょう。

継続をするとそれだけユーザーにコンテンツを見られる確率が上がりますし、データが溜まって分析できます。また伸びるコンテンツの特徴が感覚的にわかるようになり、アカウントの成長に拍車がかかるでしょう。

実際にSAKIYOMIが運用するアカウントも、3日に1回だった投稿を毎日に変更することで、フォロワー数を伸ばしました。最初は大変かもしれませんが、慣れてくると1投稿5分程度で作成できるようになります。

⑤魅力的な表紙を作成する

Instagramの投稿を伸ばすには、魅力的な表紙の作成が不可欠です。

フィード投稿は、タップするまでは一枚目しか表示されません。そのため、第一画像に魅力を感じなければ、そもそも投稿を見られないでしょう。

逆に思わずタップしたくなる表紙を作成できれば、アカウントが伸びる確率を高められます。

そのためには、キャッチコピーを勉強しましょう。具体的には、以下のようなポイントを理解しておくとよいです。

  • 数字を使う
  • 指示語を使う
  • 不安を煽る

キャッチコピーについては以下の記事で解説していますので、プロのテクニックを知りたい方はぜひご覧ください。

▼参考記事:これだけで100万リーチを連発!?プロも実践するキャッチコピーの作り方4選

【Instagram運用のポイント5】分析で見るべき4つの指標

Instagramを伸ばすためには、ただ投稿をすればよいわけではありません。投稿内容を分析して、今後の改善点を導き出さなければアカウントを伸ばせないでしょう。

そこでこちらでは、Instagramを分析する際に重要視するべき4つの数値を紹介します。なおインサイトはプロアカウントでないと見られないので、登録していない方は以下の記事を参考にしてください。

▼参考記事:インスタグラムのプロアカウントとは?切り替え方法やメリットも紹介

①保存率

保存率とは、投稿を見た方のうち保存してくれた割合を示します。「保存数÷リーチ数」で導き出され、2〜3%あればよいと言われる数値です。

保存されるのは、それだけ投稿が魅力的だったことの表れです。またInstagramはユーザーが投稿を見ている時間が長いほど親密度が高いと判断するため、アルゴリズム上も重要な数値と言えます。

保存率を高めるためには、以下のような施策を講じましょう。

  • 保存を促す画像をつける
  • 情報量の多いコンテンツを投稿する
  • 簡単そうだと思わせる

文章の最後に「気に入ったら保存してね!」「後で見返すなら保存が簡単!」など、ユーザーが保存するメリットを提示します。

なお保存率が2%に届かない場合は、投稿内容がニーズに合っていない可能性が考えられます。もう一度コンセプトを見直してみてください。

②ホーム率

ホーム率は、既存のフォロワーが投稿を見た割合であり、40〜50%程度が目安です。

「ホーム数÷リーチ数」で計算できます。ホーム率が高いとそれだけ親密度が高い証となるので、投稿が優先的に表示されるようになります。

数値を高めるためには、先述しましたがユーザーとの積極的なコミュニケーションを意識しましょう。

  • いいねやコメントをする
  • DMを返信する
  • ストーリーズで質問に回答する

特にストーリーズでの施策は効果的であり、弊社が運用するアカウントで実施したところ、アンケートへの回答者は1ヶ月で2倍に増えました。

信頼関係は一朝一夕で築けるものではないので、コツコツ継続しましょう。

③プロフィールアクセス率

プロフィールアクセス率は、投稿を見たユーザーがプロフィールへ飛んだ割合であり、「プロフィールアクセス数÷リーチ数」で計算されます。3〜5%が目安と言われており、それ以下の場合はプロフィールへの動線を見直す必要があるでしょう。

アカウントを伸ばすためには一定数のフォロワーを獲得しなければならず、そのためにはプロフィールを訪れてもらう必要があります。

プロフィールアクセス率を高めるためには、以下のような施策を行いましょう。

  • 他の投稿に遷移させるような導線を作る
  • 次の投稿も楽しみだと思ってもらう
  • 他の投稿も見てみたいと思わせる

具体的には、ランキング形式で商品を紹介したり、シリーズものの企画をしたりなどが挙げられます。

④フォロワー転換率

フォロワー転換率とは、プロフィールを訪れたユーザーがフォロワーになる割合を指す数値です。「フォロワー増加数÷プロフィールアクセス率」で計算でき、6〜8%が目指すべき指標となっています。

フォロワー転換率は、フォロワーを増やすうえでの最後の砦となる数値です。この値が低いとアカウントは伸び悩むので、成果が出るように分析をしておきましょう。

フォロワー転換率を伸ばすには、以下の方法が挙げられます。

  • ユーザーの悩みを言葉にして共感させる
  • ハイライトに豊富な種類のコンテンツを配置する
  • プロフィールに具体的なアクションを置いておく(フォロー・ハイライトのチェックなど)

以下はSAKIYOMIのプロフィールなので、こちらを参考に自社アカウントを整えてみてください。

【Instagram運用のポイント6】プロに相談する

ここまで、Instagramを運用する際のポイントを紹介してきました。本記事の内容を実践すれば、Instagramのノウハウは溜まっていくはずです。

しかし、以下のような考えを持つ方もいるのではないでしょうか?

  • 本当に結果が出るのか不安がある
  • そもそも自社でInstagramに割けるリソースがあまりない

弊社SAKIYOMIはInstagram運用のプロですが、テキスト上でお伝えできる内容は限られています。記事の内容を読んで実践しても、それが正しいかどうかはご自身でしか判断できません。

そのため、コンテンツを投下しても、成果が出ない場合も考えられます。

失敗したくない、または確実に結果を出したい場合は、プロに相談することも検討しましょう。

①運用代行・コンサル

運用代行とは、Instagram運用を代わりに運用するサービスです。アカウント設計や投稿、分析まで全ての業務をプロが代行するので、失敗する可能性を最小限に抑えられます。

実際に弊社SAKIYOMIは総フォロワー数が400万人を超え、平均4.2ヶ月で1万フォロワーを達成できています。弊社に運用をお任せいただければ、再現性高くアカウントを成長に導けるでしょう。

コンサルでは、弊社のこれまでの実績をもとに、アカウントを伸ばすためのナレッジを提供いたします。

まずは無料の資料をご覧いただけますので、お気軽にご相談ください。

②分析ツール

Instagramで成果を出したいものの、運用代行やコンサル依頼する予算がない方もいるのではないでしょうか?予算が確保できないが成果を出したい場合は、分析ツールの導入がおすすめです。

分析ツールでは、初心者であってもプロ顔負けの運用ノウハウが身につき、Instagramで成果を出せるでしょう。

500以上のアカウントを運用&総フォロワー数400万人超えの実績を持つSAKIYOMIが、以下のコンテンツをご提供いたします。

  • 4.2ヶ月で1万増を達成する「PECTサイクル」
  • 競合と圧倒的に差別化するコンセプトの作り方
  • SAKIYOMI式 バズ投稿作成の5STEP

他にも会員限定の50本以上のコンテンツの閲覧や、プロへの質疑応答も可能です。

少しでも興味をお持ちの方は、お気軽に資料をご覧ください。どなたでも無料で閲覧できます

>>SAKIYOMIの分析ツールを見てみる

Instagramを成功させるポイントを押さえて最短で成果を出そう

本記事では、Instagramを成功させるためのポイントを紹介しました。Instagramを運用するといっても、アカウント設計やプロフィール設計、インサイト分析など、やるべきことは山積みです。

Instagramで結果を出せなかったり再現性高く売上を高めたかったりする方は、弊社SAKIYOMIへお気軽にご相談ください。500社以上を運用してきた実績から、アカウント運用を成功に導くためのメソッドをお伝えいたします。

▼資料をDLする
明日から使えるInstagram集客の教科書

よくある質問
Instagramで最短で成果を出したいです。どのようにすれば良いですか?

成果を出すために最も重要なことは、正しい運用ノウハウを身につけることです。Instagram運用には「勝ちパターン」があります。だからこそ、独学で運用を行うよりも、プロの力を借りたほうが最短でアカウントを伸ばせるのです。
実際にSAKIYOMIでは、累計400万フォロワーものアカウントを運用し、1年間で平均30,108人ものフォロワーを増加を実現してきました。

とはいえ、プロの力を借りるといっても自社の状況によって利用するサービスは異なるでしょう。ご自身に合った運用方法を確認してみてください。

Instagramを成功させるためのポイントを教えてください。

Instagramを成功させるためのポイントを大まかにわけると、以下の5つに分類されます。

  1. 運用するメリットを理解する
  2. アカウント設計を入念に行う
  3. 魅力的なプロフィールを設計する
  4. バズる投稿をする
  5. 投稿を分析して次に活かす

記事内では、それぞれのポイントを細分化した内容を解説しています。

Instagram運用で成果を出したい方は本記事をご覧ください。

Instagramで一番重要なポイントはなんですか?

Instagramで最も注力すべきポイントは、アルゴリズムに基づいて運用することです。

Instagramの投稿やストーリーズの表示順は、アルゴリズムによって決められています。アルゴリズムがわからなければ、ユーザーにコンテンツが届かず投稿が伸び悩んでしまいます。

逆に内容を理解して運用すれば、再現性高くアカウントを伸ばせるでしょう。

詳細は「アルゴリズムに基づいた運用を行う」で解説していますので、ぜひご覧ください。

「インスタが伸びない…」とお悩みの方へ
月額30万円のコンサル内容をたった月額1万円で SAKIYOMI