Instagram運用代行サービスとは?メリットや費用を体系的に解説します!


「Instagramを事業で活用したいけど、運用方法がわからなくて困っている。」

「知り合いの企業はInstagramの運用代行を依頼しているが、自社でも運用代行をしたほうがいいのか?」

「Instagramの運用代行に依頼しようと考えているが、どこの企業も同じに見えて違いがわからない。」

ビジネスアカウントの運用代行を検討するものの、どこの運用代行サービスも似たり寄ったりで、運用代行の利用に乗り出せていない担当者の方がたくさんいます。

どこの企業も「広告運用をして」「インフルエンサーを活用して」と同じようなアプローチでフォロワー増加を謳うため、金額の安さで決める以外に方法が見当たらなくなっているのが現状でしょう。

しかし、さまざまな企業のInstagramの運用代行を承ってきた私からすれば、どの企業も本質的なInstagram運用ができているとは言えません。全て力技で、お金の力を借りてフォロワーを増やしているだけです。

そこで今回は、SAKIYOMIを運営する株式会社Radixが提供しているInstagramの運用代行サービスについて解説していきたいと思います。

・Instagramの運用代行サービスを利用するメリットとは?
・運用代行サービスの費用の相場は?
・どんなことに気をつけたらいいの?
・Radixの運用代行サービスについて

最後まで読んでいただければ、Radixの運用代行サービスを利用してみたいと感じていただけますので、ぜひお付き合いください。

Instagramの運用代行のメリットは?

Instagramの運用代行サービスは、ビジネスアカウントの運用を専門に行うサービスです。企業がインスタグラムを運用するケースが増えていますが、自社内で完結させようとしても成果に結びつくことは稀です。なぜならば、SNSのトレンドは日々移り変わり、成果につながるノウハウも絶えず変化しているからです。

では多くの企業はなぜInstagramの運用代行サービスを利用するのでしょうか。まずは、企運用代行サービスを利用するメリットを確認します。

人員を確保できなくても運用していける

一般的に企業がInstagramの運用を開始する際、運用を任されるのは広報部の従業員です。しかし、Instagramの運用のみ行うケースはほとんどなく、他の業務と並行して運用を行わなければなりません。

しかし、Instagramの運用は片手間で行えるようなものではありません。毎日の投稿はもちろん、定期的なデータ分析や運用における戦略立案など、成果を出すために必要な作業は山積みです。

運用代行はそのような運用に必要な人員問題を解決してくれます。基本的な運用や方針の設定は運用代行が行い、進捗確認のミーティングにだけ参加し、運用方針に関するディスカッションを行うだけで事足ります。

運用以外の業務にリソースを割け、最小人数でInstagramの運用ができるというメリットがあります。

インスタグラム運用のノウハウやナレッジがなくてもすぐに事業に活用できる

Instagramの運用で成果を出すためには、少なからずノウハウが必要となります。しかし、一般的な企業にInstagram運用のノウハウやナレッジは存在していません。また、Instagramを企業が積極的に活用するようになっているものの、ネットにも有益な活用方法は見当たりません。

しかし、運用代行を利用することで、そういった知識面に関する課題は解消されます。運用代行サービスは常にInstagram内でのトレンドを追い、さまざまなジャンルのアカウントが持つインサイトを分析しています。

運用代行サービスに依頼することで、自社でノウハウを蓄積する必要もないため、依頼すればすぐに運用を開始できるのも魅力的な点です。

最速で成果に繋げることができる

御社が扱っているサービスにもよりますが、Instagramは消費行動(認知〜購買)のほとんどをカバーしています。そのため、運用代行を活用し、アカウントを効率よく成長させることで、最速で目的としている成果を上げることが可能です。

運用代行を活用するメリットはさまざまあり、自社で時間をかけて運用するのと比較して、費用対効果が圧倒的に高いと言えるでしょう。

費用の相場と内容を解説!

メリットが大きいInstagramの運用代行サービスですが、費用はどれほどなのでしょうか。この章では費用別の運用代行サービスについて解説いたします。

月額 10万円以下

・方針設計
・投稿作成
・投稿代行

月額10万円以下だと、運用における基礎的な部分のみ代行可能です。インスタグラム運用ではレポート作成や広告運用といった、個人ではやらないようなアクションを取らなければ成功には繋がりません。そういったインスタグラム運用の基礎以外の部分は自社で行う場合は、低額でも問題ないでしょう。

月額20万円〜40万円

・投稿作成
・投稿代行
・コメント確認 / 返信
・簡易的なレポーティング

毎月20万円以上の運用代行サービスでは、ユーザーとのコミュニケーションやインサイトをまとめたレポートをしてくれるケースが多いです。この価格帯まで運用代行を活用すれば、Instagram運用のほとんどの業務を自社で行わなくて済みます。ただ、より本格的にInstagramを活用して目的達成を目指していくには、少し内容に不足を感じる金額と言えるでしょう。

月額 50万円〜

・投稿作成
・投稿代行
・コメント確認・返信
・レポーティング
・定期ミーティング
・広告運用

月額50万円を超えてくると、Instagram運用の中でも自社で扱う業務はほぼほぼなくなります。広告の効果的な運用には専門的な知識が必要ですし、レポーティングもただの数字の羅列ではなく、分析までしているレポートが提出されることでしょう。

自社がInstagram運用に割ける余力や、Instagramに関する知見を鑑みて運用代行サービスを選択しましょう。

運用代行サービスを検討する際の注意点

運用代行サービスに依頼する場合は、以下の2点に注意しましょう。

得たい成果や目的に向いている運用代行会社を選ぶ

運用する目的や成果に応じて運用代行サービスを選択しましょう。

運用代行サービスに限らず、サービスや商品には得意とする領域が存在します。Instagramの運用代行サービスではそこまで領域分けはされていませんが、アカウントの成長段階やアカウントのジャンルといった領域があります。

・フォロワーをただ増やすだけに特化
・ブランディングに特化
・目的に応じて0からアカウントを作ることに特化
・美容領域に特化

このように運用代行会社に合わせて得意分野がありますので、営業を受ける際に必ず聞くようにしましょう。特に、ジャンルに関しては企業に応じて中にいる人が変わり、知識領域が全く異なりますので、注意してください。

本質的なノウハウを持っているのか見極める

検討している運用代行サービスは、果たして本質的な運用ノウハウを保有しているのかを気にしましょう。

ここでいう本質的なノウハウとは、Instagram運用の目的をしっかりと達成できるか否かのノウハウを指します。例えばそれがフォロワーの増加だとします(大抵の場合はフォロワー増加です)。 仮にフォロワーを増やす際に、どのようなアプローチを選択するのかによって大抵の場合は見極められるでしょう。

多くの運用代行サービスは、「所属している多数のインフルエンサーを活用して」「適切な広告運用をして」のようなお金に頼る、力技のような増やし方をします。しかし、これらのアプローチで獲得したフォロワーの質が必ずしも高いとは限りません。つまり、目的達成のためのフォロワー増加とならないかもしれないのです。

Instagram運用に応じて重要とされているのは以下の2点です。

・インスタグラムのテーマやミッション、それに基づくアルゴリズムに関する知識
・ユーザーのインサイト(消費者の深層心理)の分析と理解

こういった知見を持っているかどうかでぜひ運用代行サービスを選んでいただければと思います。

Radix流!Instagramの運用はこうやってます。

では最後に、SAKIYOMIを運用するRadixが提供する運用代行サービスについて紹介いたします。

Radixの事業特徴

事業の特徴は大きく分けて2つあります。

SNSから購買を拡大するためのご支援を実現

従来のSNS運用(マーケティング)は、他の広告媒体と掛け合わせることで消費者に購買行動を取らせていました。しかし、RadixInstagram運用は、Instagramだけで購買行動を誘発するような支援を行っています。

Instagramのアルゴリズムから逆算した本質的な運用

多くの運用代行サービスは、インフルエンサーや広告の力を借りてフォロワーを増加させようとします。しかし、その運用方法ではコストが多分にかかりますし、そこで獲得したフォロワーの質が高いとは言い切れません。

Radixの運用では、Instagramが掲げるミッションやテーマを基に運用戦略を組んでいきますので、余分なお金をかけることなく、それでいて質の高いフォロワーを獲得できるため、非常に本質的なInstagram運用ができていると言えるでしょう。

サービスコンセプト

Radixの運用代行サービスのコンセプトは、以下の4つです。

ユーザーストーリーから施策を設計

Instagramを通じて、どのようなユーザーにアプローチしたいのかを設定します。そしてそのユーザーは、自社のサービスやプロダクトに対してどのような感情を持ち、どんなアクションを取るのかを描きます。そこからどのような施策を打っていくのかを設計するのがRadixの運用代行サービスです。

アルゴリズムを読み続ける

何度もお伝えしていますが、Instagramのアルゴリズムはテーマやミッションに準じて作られています。テーマやミッションを深く読み解き、アルゴリズムを正確に理解することで、アカウントの成長を必然のものに変えていきます。

PDCAサイクルを高速で回す

日々、Instagramの中でのトレンドは移り変わっています。そのため、さまざまな施策を打ち、効果測定をし続けることで、流れの早いトレンドにも置いて行かれずに、成果を残し続けることができます。

リソースを生かして結果にコミットする

+αの成果を残すために、Radixが持つリソースは余すことなく活用します。具体例としては、3000以上の弊社所属のインフルエンサーや自社運用のInstagramアカウントです。成長度合いの高いアカウントやインフルエンサーを自在に活用できるため、成果を確実に残すことができます。

提供サービス

Radixが主に提供しているのは、以下の項目です。

・コンセプトメイク・トンマナ設定
・投稿&ストーリーズなどの運用代行(リーチ拡大・エンゲージメント)
・フォロワー転換率を向上

これ以外にも広告運用やレポーティングも実施しています。Instagram運用における全ての業務をRadixの運用代行サービスでカバーできるといっても過言ではありません。

実績

運用代行サービスを開始し始めてからわずか半年で合計100万フォロワーを達成しています。それ以外にも、2ヶ月で1万フォロワー増加させたり、ECサイトの売り上げを半年で400万円増加させたりといった実績がございます。

もしRadixの運用代行サービスにご興味がございましたら、いつでもお声がけください。

まとめ

運用代行サービスについて、ご理解いただけたでしょうか。

以下のメディアでもさまざまな運用代行サービスが紹介されているため、是非参考にしてみてください。
起業LOG
QEEE
SNS仲人

Instagramの運用代行サービスを活用することで、運用に時間を取られないことはもちろん、成果に限りなく近づけることが可能です。

また、費用は10万円から上限はありませんが、自社にあった費用と内容を選びましょう。

Radixでも運用代行サービスを行っております。SAKIYOMIでもさまざまなノウハウやナレッジを提供しています。おそらく、この業界の中でもトップレベルに高い運用能力を持っていると自負しております。

ぜひご興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、webセミナー(ウェビナー)も行っておりますので、ご参加くださいませ。