インスタのユーザーネームは〇〇を意識して決定する!?変更する際の注意点を解説!


「Instagramのユーザーネームって、途中で変えてもいいの?」

「Instagramのユーザーネームに、何か決まりあるの?」

企業でInstagramの運用を開始してからユーザーネームを変えたくなるとき、ありますよね。ただ、その変えたいという気持ちに素直なまま、ユーザーネームを変更してしまって大丈夫なのでしょうか?

結論から述べると、ビジネスアカウントの運用初期なら変えても大丈夫ですが、運用をある程度進めているのであれば、辞めた方がいいということです。

今回の記事は、Instagramのユーザーネームに関する全てのお悩みが解決することを目的に、さまざまな企業様のInstagram運用を担当してきた私が記事を書いていきます。

Instagramのユーザーネームとは?

まずはユーザーネームに関する基本的な知識から解説していきます。

ユーザーネームの役割

Instagramのユーザーネームは、英数字と一部記号で構成される文字列のことです。Instagramのスマホアプリでプロフィールを開いた際に、画面の最上部に表示されています。

ユーザーネームはInstagram内におけるアカウントの識別のために用いられます。そのため、Instagramのなかに存在するアカウントで全く同じユーザーネームを持ったものは存在していません。

ユーザーネームが使用されるケースとしては、投稿にタグ付けをする場合や検索をする場合が該当します。

また、通常のフィード投稿やストーリーズ投稿が表示される場合、プロフィール画像と一緒にユーザーネームが表示されます。

名前との違いは?

Instagramにはユーザーネーム以外に「名前」も存在します。名前の特徴としては以下が挙げられます。

・英数字以外の文字も利用可能

・アカウント同士で同じ名前でも問題なし

Instagramがビジネスで利用されることが当たり前になってきている近年、なりすましアカウントの登場が頻発しています。なりすましアカウントは基本的に同じ「名前」を用いていますが、ユーザーネームが本家とは若干異なっています。

そこを見分けられないがために、なりすましアカウントに騙されてしまうという問題も発生しています。

Instagramのユーザーネームはどうやって変えたらいいの?

ユーザーネームを変更したいという場合は、どのようにして変更したらよいのでしょうか。スマホとPCのどちらからでも変更できますので、楽な方から変更してみてください。

スマホから変更する

自分のアカウントのプロフィール画面を開きます。その画面にある「プロフィールを編集」をクリックします。その中に「ユーザーネーム」がありますので、そこで任意のユーザーネームを入力し、保存してください。

PCから変更する

スマホアプリと同様、プロフィール画面にある「プロフィールを編集」から、任意のユーザーネームに変更可能です。

Instagramのユーザーネームを変更する際の注意点

ユーザーネームは非常に簡単に変更ができます。しかし、ユーザーネームを変更する際にも、注意点がいくつかあります。

プロフィールへのURLが無効になる

まず、今までのプロフィールへのURLが利用できなくなります。なぜならば、プロフィールページへのURLにはユーザーネームが利用されているからです。

そのため、他のSNSに記載されているURLは全て変更しなければなりません。それと同様に、ネームタグも効力を失ってしまいますので、再度発行し直さなければなりません。

URLやQRコードの貼り直しをしないまま放置してしまうと、不適切なリンクが添付されたままになり、企業としての信頼を損ねてしまいますので、注意しましょう。

何度もユーザーネームを変更すると一時的にアクション制限がかかる

短時間の中で何度もユーザーネームを変更すると、Instagramからスパムだと認識され、アクション制限がかけられてしまいます。アクション制限がかけられてしまいますと、投稿やいいねなど、運用における重要な行為ができなくなってしまうため、成果への影響が発生します。

さらに、ユーザーへの混乱も招く可能性があります。ユーザーネームだけで判断しているユーザーは少ないとはいえ、今までフォローしていたアカウントが全く違うユーザーネームになっていると、フォロワーは困惑します。

変更する際は、連絡を入れること、またなるべく少ない回数で決定することをおすすめします。

変更前のユーザーネームを他ユーザーに登録される可能性がある

ユーザーネームを一度変更すると、変更前のユーザーネームは他のユーザーが利用できるようになります。企業のユーザーネームを他のユーザーが登録した場合、そのユーザーネームは誰も登録ができなくなってしまいます。

そのため、なりすましアカウントが発生する危険性もあることは覚えておきましょう。

決めるはここに気をつけよう!

ユーザーネームは気軽に変更できる一方で、注意点も多数あることをご理解いただけたでしょうか。なるべく1回もユーザーネームを変更しなくてもよいために、ユーザーネームを決める際のポイントを2つご紹介いたします。

検索しやすいユーザーネームにしよう

1つ目は、検索しやすいユーザーネームであることです。検索しやすいユーザーネームの特徴は、以下の通りです。

・短く簡潔

・アンダーバーなどの記号を連発し過ぎていない

冗長なユーザーネームは、検索ミスを誘発します。検索ミスでアカウントが表示されなかったとしたら、これほどの機会損失はありません。

さらに、記号が多すぎるユーザーネームも検索がしにくいです。なぜならば、スマホのキーボードを変更しなければならないからです。また、アンダーバーが複数重なっていると、数が数えられないため、検索の際にとても不便です。(_のようなもの)

ユーザーに検索いてもらうことをイメージして、ユーザーネームを決定しましょう。

ユーザーネームを見て、なんのジャンルのアカウントなのかが分かるようにしよう

2つ目は、ユーザーネームとアカウントのジャンルに関連性を持たせることです。

その理由は、ハッシュタグ検索をユーザーが行った際に、関連して引っかかる可能性があるからです。ユーザーが「#ダイエット」で検索をした際に、自社のユーザーネームに「diet」が入っていれば、検索結果として表示される可能性が高まります。

少しでもユーザーになんのアカウントなのか認知してもらえれば、多くのフォロワー獲得につながります。ユーザーネームという細かい部分ですが、気を使えるようにしましょう。

登録できないときはこの3点に問題あり!

オリジナリティのあるユーザーネームを考えたのに、それが登録できないという状況がたまにあります。その原因は以下のどれかに該当するはずです。

・使用禁止文字を含んでいる

・末尾にドットがある

・既に登録されている

いずれも、登録できない理由がそのタイミングで表示されますので、それを参考に新しいユーザーネームを考案してください。

まとめ

今回の記事は、Instagramのユーザーネームについて解説してきました。

ユーザーネームは、Instagramにおいてアカウントの識別のために存在しています。そのため、全く同じユーザーネームは存在しませんので、なりすましアカウントはユーザーネームから見分けることができます。

また、ユーザーネームは気軽に変更ができる一方で、変更をする際には注意しなければいけないことが多数あります。

主には以下の点です。

・プロフィールへのURLが無効になる

・何度もユーザーネームを変更すると一時的にアクション制限がかかる

・変更前のユーザーネームを他ユーザーに登録される可能性がある

自社のアカウント運用に問題が発生しないように、細心の注意を払ってユーザーネームは変更しましょう。

また、アカウント運用においてユーザーネームは重要でありますが、他にもアカウントを成長させるために重要なことがたくさんあります。

Instagramのプロfーる作りのコツに関してはこちらもぜひご参考にしてください。

SAKIYOMIでは、webセミナー(ウェビナー)や分析ツールも提供していますので、ご興味のある方は、お気軽にお声がけくださいませ。