企業アカウントはインスタライブを実施するべき!ライブ配信のコツと一緒に解説!


「インスタライブって、すごく準備が必要なんでしょ?」

「インスタライブをする人が社内にいないと実施できないよね?」

Instagramのライブ配信機能であるインスタライブ。配信しているアカウントはよく目にするものの、いざ自社でライブを配信するとなると、少し怖くなりますよね。

インスタライブはした方がいいと直感で感じているものの、そこまで踏み切れない企業の担当者様は数多くいらっしゃるのが現実です。

そこで今回は、さまざまな企業様のInstagram運用を任される私が、企業がインスタライブを配信するにはどうしたらいいのか、そのコツを徹底解説いたします。

どの企業も例外なく、インスタライブを実施した方がいい理由を記事を通してお伝えしますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

インスタライブとは?

インスタライブは、Instagramに内包されているライブ配信機能です。最大1時間の生配信が、自分のスマホを経由して実施できます。特別なカメラや機材を用意する必要がありません。

Instagramを利用している全てのユーザーが閲覧でき(非公開アカウントの場合はフォロワーのみが閲覧可能)、コメントやいいね、質問など、ユーザー同士のインタラクティブなコミュニケーションが取れる機能です。

インスタライブの配信中は、フォロワーのストーリーズ欄にアイコンが並び、「LIVE」という文字とともにピンクの縁取りがなされます。アイコンをタップするとライブ配信を閲覧できます。

Instagramでライブ配信をするメリットは?

企業がインスタライブを実施するメリットを2つご紹介いたします。

アカウントへの滞在時間を高めることができる

インスタライブを実施することで、視聴したユーザーの「自社アカウントに対しての滞在時間」を高めることができます。滞在時間を高めた方がいい理由は、滞在時間の長さに比例してアカウントへの親密度が向上するからです。

親密度の解説に関しては以下の記事を参考にしてください。

【2021年完全版】押さえておくべきInstagramのアルゴリズムを徹底解説。

親密度を高めることで、フィード投稿やストーリーズの表示が優先的に行われるようになります。その結果、フォロワーが投稿に対してエンゲージメントをする機会が創出でき、発見欄へレコメンドされるアルゴリズムに乗ることができます。

つまり、発見欄へレコメンドされリーチ数を増加させるために、インスタライブで滞在時間を高め、親密度を高める必要があるのです。

インスタライブを視聴しているユーザーからシグナルを獲得できる

また、インスタライブを視聴しているユーザーは、コメントやいいねといった、アカウントに対してのアクションを実施できます。このアクションはシグナルと呼ばれ、シグナルの蓄積もアカウントへの親密度を向上させる要因です。

シグナルは、インスタライブに限らず、ストーリーズやフィード投稿へのいいねなども該当します。シグナルを蓄積するための1つの手段として、インスタライブが存在しているということを覚えておきましょう。

自社の商品やサービスについて、インタラクティブな状態で宣伝できる

最もイメージがしやすいメリットは、自社の商品やサービスについて直接ユーザーに宣伝できる点です。やはり、相互にコミュニケーションが実施できるインスタライブで、自社の商品について消費者からの質問を交えながら回答することは、購買行動を後押しする効果があります。

上述した2つの運用におけるメリットに加えて、直接的な売り上げにつながるというメリットがインスタライブにはあります。

インスタライブで出来ること

インスタライブで実際にできることを簡単にご紹介いたします。

コメント、いいね、質問、シェア

こちらは、インスタライブを視聴しているユーザーができることです。インスタライブ中にコメント、右下にあるハートマークによるいいね、質問機能を利用した質問、そしてインスタライブを他のユーザーにシェアすることができます。

参加リクエスト

こちらも、インスタライブを視聴しているユーザーのできることです。自分がインスタライブに参加すると「参加をリクエストする」というボタンが表示されます。こちらをタップすると、インスタライブを配信しているホストに通知が届き、ホストが承認すると、同時にインスタライブを配信できるようになります。

画面の上部にホスト、下部に参加者という構図でインスタライブの配信が続きます。

2020年はコロナの影響で、ステイホームが続きました。そんな中、インスタライブのコラボを活用して、芸能人が対談などを実施する場面も多く見られました。

視聴履歴(足跡)が残る

こちらは、インスタライブを配信しているアカウントができることです。誰がインスタライブを視聴したのかを見ることができます。

また、実際に視聴しているユーザーにも、途中で参加したアカウントのユーザーネームが表示されます。ただし、視聴中のユーザーはホストにしか閲覧できず、視聴しているユーザーにはインスタライブを視聴しているユーザー数のみ表示されます。

ストーリーズのようにエフェクト

こちらもインスタライブを配信しているアカウントができることです。ストーリーズやリールにあるエフェクト(フィルター)を、インスタライブ配信中に利用できます。さまざまな種類があり、配信中に変更することも可能です。

インスタライブはストーリーズとIGTVに投稿し直せる!

インスタライブを終了すると、配信動画を以下の4つの状態にすることができます。

・IGTVに投稿
・ストーリーズに残す
・デバイスに保存
・破棄

IGTVを選択すると、IGTVの投稿画面に遷移し、タイトルや詳細、カバー画像の設定などを行い、IGTVに投稿できます。ストーリーズに残す場合は、24時間で消えてしまいますが、インスタライブをそのままストーリーズから閲覧できます。

デバイスに保存することも、その動画をどこにもシェアすることなく削除(破棄)することもできます。

PCからもインスタライブは視聴可能!

ブラウザ版のインスタグラムにログインしていれば、PCからもインスタライブを視聴することができます。

インスタライブを実施しているアカウントのアイコンをタップすると、スマホで視聴しているかのように視聴が開始されます。上述した機能のうち、コメントだけPCからも行える仕様です。

ライブ配信の方法と、配信中の操作方法!

インスタライブを実施する方法と、それ以外に配信中に行える操作を解説します。

ライブ配信を開始する方法

インスタライブは、ストーリーズと同じ画面から配信可能です。以下の何からでも、インスタライブを配信できます。

・フィード画面から左にスワイプ
・フィード画面にある「+」をタップし、インスタライブを選択
・プロフィールにある「+」をタップし、インスタライブを選択

上記からインスタライブの配信画面に遷移し、配信準備ができたら配信開始のボタンをタップします。接続が確認できたら、インスタライブの配信が開始されます。

閲覧中のユーザーを確認する方法

閲覧中のユーザーは、画面上部に表示される「目」のマークをタップすると表示されます。ユーザーネームと人数が表示されるので、見てくれているユーザーに直接呼びかけることも可能です。

コメントの禁止方法と、特定のユーザーをライブ配信から除外する方法

コメントを禁止にしたり、視聴している特定のユーザーをライブ配信から除外したりすることもできます。

コメントの禁止は、コメントを打つテキストボックスの中にあるメニューバーを選択、「コメントをオフ」をタップするとコメントができなくなります。またコメント以外にも、質問BOXや参加リクエストを禁止にすることも、同様の方法で可能です。

特定のユーザーをライブ配信から除外するには、閲覧中のユーザーを確認する画面に遷移し、メニューバーをタップ、「ストーリーズを表示しない」を選択すると、そのユーザーをライブ配信から除外できます。

リクエストを承認してライブ配信を同時に行う方法

リクエストが送られてくると、承認の有無を確認するメッセージが表示されます。リクエストを承認すると、視聴していたユーザーとコラボ配信ができます。

撮影を終了する方法と、配信動画をシェアする方法

配信を終了する際は、右上にある「×」をタップしてください。配信終了を確認するメッセージが表示されますので、「配信を終了する」を選択します。また、ライブ配信は60分という制限時間があり、60分になった瞬間に自動的にライブ配信は終了します(残り時間を知らせるメッセージも表示されます)。

配信動画をシェアする方法は上述したとおりで、配信が終了すると以下の3つの選択肢が用意されています。

・IGTVでシェア
・動画をダウンロード
・メディアを破棄

IGTVでシェアを選択すると、カバー画像の設定、タイトルの設定など、IGTVを投稿する手順が進みます。動画をダウンロードするとデバイスに動画が保存され、破棄すると動画は誰も視聴できなくなります。

ライブ配信を上手に実施するコツ!

インスタライブを上手に実施するなら、以下の3点に注意しましょう。

相互コミュニケーションを大事にしよう

相互コミュニケーションを意識してください。やはりPRの目的でインスタライブを実施すると、ホストが喋りたいことを喋るだけのライブになりがちです。それだとユーザーとのコミュニケーションは行われず、今まで通りの一方向性の状態のままです。

質問がきたらしっかりと答える、逆に視聴者に質問をしてみる、参加者にはウェーブを送るなど、細かな対応を徹底しましょう。

途中参加の人がほとんど!

インスタライブを配信直後から視聴するユーザーは、かなりのファンでしょう。裏を返せば、多くのユーザーは配信中に視聴を開始するということです。途中参加のユーザーは、もちろんなんの話題が配信が進んでいるのかわかりません。

そのため、随時会話の内容を伝え直したり、コメントに現在の話題を残し、ピンで固定するなど、わかりやすさを重視しましょう。

インスタライブを配信する専用の人を雇うのもあり!

インスタライブを自社でやってみようとなっても、基本的にライブ配信のある方などそうそういません。また、やったことがないのに無理やりライブ配信を実施し、それで失敗することもよくあります。

そのため、インスタグラマーと専属の契約を結び、ライブ配信を代わりにやってもらう、もしくは一緒に配信するということも選択肢に入れておきましょう。できる人に最初から頼んでおくことが、何をするにしても吉です。

インスタライブを活用している企業アカウント

最後に、インスタライブを上手に活用している企業アカウントをご紹介いたします。

spoon store

セレクトショップを展開するspoon storeのアカウントです。こちらでは、主に商品紹介のインスタライブを実施しています。見ていただければわかりますが、基本的に複数人でライブ配信を行い、静かになる時間を極力排しています。

また、コメントへの対応にも親身に対応しており、非常に見ていてわかりやすいライブ動画です。

デリッシュキッチン

料理のレシピを紹介するサービス、デリッシュキッチンのアカウントです。こちらは、実際に料理をしている様子を、インスタライブで配信しています。

フィード投稿だと、料理の合間にどのような作業が行われているのか、なかなかわからないユーザーも多いようです。それを60分という長い時間を使って、手を動かしながら配信することで、ユーザーのためになる動画を撮影することができています。

リアルタイムで食材に関する質問もできるため、非常に参考になるインスタライブです。

まとめ

インスタライブに関して、基礎知識から、企業アカウントが実施するべき理由まで解説しました。

インスタライブは、自社商品やサービスのPRができるというメリット以上に、自社のアカウント運用を成功させるために、親密度の向上やシグナルの獲得に寄与するというメリットを持ち合わせています。

もし一回のインスタライブに反響がなかったとしても、何度も挑戦し、ユーザーとコミュニケーションをとる機会を作っていきましょう。

また、インスタライブ以外にも、親密度を向上させる施策や、シグナルを実施させる施策は多数あります。SAKIYOMIでは個別相談会やwebセミナー(ウェビナー)も実施していますので、ご興味のある方はぜひそちらにご参加いただき、ご質問くださいませ。

インサイトの分析ツールも提供していますので、ぜひそちらもご利用したい方はお気軽にお声がけくださいませ。