Instagramのビジネスアカウントとは?切り替える方法とメリットを解説!


「Instagramのビジネスアカウントって何?」

「ビジネスアカウントに切り替えたら、どんないいことがあるの?」

Instagramをビジネスに活用する中で気になるのが「ビジネスアカウント」。日常生活でInstagramを利用していても、間違いなく触れない単語です。

しかし、いざ会社でInstagramの運用が決定し、Instagramを通じて成果を上げるのであれば、ビジネスアカウントに切り替えるのは必須です。

そこで今回は、ビジネスアカウントに切り替える方法と、切り替えるメリットを解説していきます。

記事中には詳細な別記事のリンクも多数貼っておきますので、そちらも参考に読み進めてみてください。

まずはInstagramアカウントの開設から!

まずは大前提、インスタのアカウントの開設を大まかに解説します。詳細は以下の記事をご覧になってください。

①インスタグラムアカウントを取得する。

Instagramのアプリをダウンロードしたら(pcでも可)、個人アカウントを新規に作成します。

・電話番号
・メールアドレス
・Facebook

どの情報からでも登録できますので、任意で選択します。ただし、Facebookの場合は、個人のFacebookと会社のFacebookを間違えないように注意しましょう。個人のFacebookと紐づけてしまうと、広告の運用をする際の請求先などで問題が発生してしまいます。

登録が完了したら、以下の個人情報を入力します。

・名前
・パスワード
・ユーザーネーム

これでアカウントを取得できました。

②プロフィールの設定

インスタアカウントを取得できたら、プロフィールを拡充します。

・プロフィール画像
・プロフィール文章
・URL(リンク)

これ以外にも「ハイライト」といったプロフィールの要素も設定できるため、詳しくは以下の記事をご覧になってください。

Instagramプロフィールの作り方とコツを徹底解説!

また、企業によっては公式マークを取得したいと考えている企業も存在します。公式マークを取得するメリットや、申請方法に関しては以下の記事で紹介していますので、気になる方はそちらをご覧になってください(公式マークも無料で獲得できます)。

Instagramの公式マークとは?効果と取得方法を徹底解説!

ビジネスアカウントに切り替えよう!

ビジネスプロフィールは、インスタのアカウントの状態のことです。Instagramの中には、「個人」「ビジネス」「クリエイター」という3つの状態が存在します。ビジネスアカウントとクリエイターアカウントは、それほど大きな違いはないため説明を割愛しますが、個人アカウントと2者には以下のような大きな違いが存在します。

・連絡先を登録できる(メール、住所など)
・インサイト機能
・広告を出稿できる

いずれも企業がInstagram運用をする上で欠かせない機能です。これらを獲得し、ビジネスで成果をあげるためにも、ビジネスアカウントに切り替える必要があるのです。

ビジネスアカウントに切り替える方法はシンプルです。プロフィール欄の設定からいくつかの質問や入力フォームに答えていくだけで切り替えが完了します。もちろん無料で切り替え可能です。

ビジネスアカウントへの切り替え方

①プロフィール画面の右上の[メニュー]ボタンをタップし、「設定」→「アカウント」→「ビジネスプロフィールに切り替える」を選択します。

②「カテゴリ」と「メールアドレス」を設定する。

③「Facebookページを作成」に移るので、Facebookページが必要であれば連携させるInstagramアカウントを選択すれば完了です。必要でない場合は設定しなくても利用可能です。

ビジネスプロフィールに関する細かい情報は以下の記事を参考にしてください。

▼参考記事:Instagramのビジネスプロフィールとは?変更方法と3つのメリットを解説!

ビジネスアカウント(企業アカウント)を運用するメリットとは?

企業がアカウントを運用するメリットとは一体何なのでしょうか。インスタを運用する際の注意点とともに解説していきます。

ビジネスアカウントを運用するメリット

Instagramアカウントを運用するメリットはたくさんあります。その中の2つをご紹介します。

フロー型ではなく、ストック型の広告媒体になる

Instagramアカウントは、ペイドメディアのようにお金を都度かけていくような広告モデルではなく、運用していくほどに資産化(オウンドメディア)していくものです。

一度積み上げてしまえば、なかなか崩れることはありませんし、運用し続けていくことでさらに大きな効果を発揮します。そういった資産として手元に残ることがインスタのアカウントを運用する大きなメリットです。

購買行動の変化に対応できる

現在、若者を中心に購買行動に変化が訪れています。それが、Google検索などで表示される比較サイトよりも、Instagram上に存在する一般ユーザーの投稿を見て、商品の比較検討を行なっていることです。

ユーザーが自身の判断で企業の紹介となる投稿をすることをUGC(User Generated Contents)と呼びます。BtoCの領域において、このUGCを充実させておくことは至上命題とも言え、ユーザーにいかに行動を喚起させるのかが重要視されています。

これら以外にもInstagramを運用するメリットをこちらの記事で紹介していますので、是非参考にしてください。

Instagramで集客をするメリットは?「最初にすること」から解説します!

ビジネスアカウントを運用する注意点

Instagram運用を中途半端に行うと、逆にダメージを負いかねません。

なぜならば、メリットでもお伝えしたように、ユーザーはInstagramに載っている情報を元に購買活動を行います。つまり、Instagramを中途半端に運用している企業は、ユーザーにそれを見透かされ、評価が落ちていくからです。

そのため、企業でInstagramを運用するのであれば、毎日投稿するために人員や素材を確保しなければなりませんし、データを蓄積して成果につながる次の一手を見極めなければなりません。

そこで外部の力を頼ることが求められますが、そのことに関しては以下の記事を参考にしてください。

Instagram運用代行サービスとは?メリットや費用を体系的に解説します!

Instagramで企業アカウントを運用するコツ

企業がInstagram運用で成果を上げるには、Instagram運用の全体像を把握しておく必要があります。

Instagram運用の全体像は大きく分けると「アカウント設計」「アカウント運用」に分けられます。アカウント設計というのは、実際に投稿を始める前に、以下の要素を作り込むことです。

・運用する目的
・コンセプト
・トンマナ

これらをしっかりと固めておかないと、投稿を始めたとしても方向性にバラツキが出てしまいます。企業のインスタのアカウントとしても世界観やメッセージ性が視認できた方が良いはずなので、丁寧に行いましょう。

アカウント運用に重要なのはユーザーインサイトの分析と、Instagramのアルゴリズム理解です。ユーザーは思考に応じてどのようなアクションを取るのか、そしてInstagramはそれらのユーザーにどのような基準で投稿を表示させるのか。

これらの要素をしっかりと分析することで、アカウント運用を成功させることができるのです。

まとめ

ビジネスアカウントに関して、そして企業がインスタの運用をする目的をご理解いただけたでしょうか。

ビジネスアカウントへの切り替えは非常に簡単です。そして便利な機能がたくさん開放されますので、Instagramを運用するのであれば、絶対にビジネスアカウントに切り替えるようにしましょう。

また、どの記事でも書いていますが、今の時代はどの企業もInstagram運用をするべきです。人員や金銭的コストを支払ってでも、資産として構築しておくことで、最終的な広告効果は絶大なものとなっています。

SAKIYOMIでは、こうしたInstagram運用に関する情報をwebセミナー(ウェビナー)や分析ツールにて提供していますので、お気軽にお声がけくださいませ。