フリーランスがインスタ経由で仕事を獲得するには?インスタを活用して独立する方法も紹介!


プロレベルの運用スキルを身につけてみませんか?

「このまま続けてうまく行くのか不安…」
「独学で運用をしてきたが限界を感じている…」
「コンサルを頼んでみたいけどお金が出せない…」

そう感じているなら、SAKIYOMIメソッドを、学んでみませんか?

SAKIYOMIメソッドとは、累計350万フォロワーの支援を通じて開発された、初心者でもプロさながらのアカウント運用が身につく独自メソッドです。

・平均4.2ヶ月で1万フォロワーを達成!最も重要な「PECTサイクル」とは?
・競合と圧倒的な差別化を。本当は教えたくない、コンセプトの作り方
・たった1投稿で100万リーチを超える!SAKIYOMI式 バズ投稿作成の5STEP

まずは以下のリンクから詳しいサービス内容をご確認ください。

サービスの詳細を見てみる

以前は映える写真を投稿するSNSとして活躍していたInstagramですが、最近は誰でも投稿が無料で気軽にできるため、フリーランスがビジネスとして活用することも増えてきました。 

ただビジネスに活用できるといっても「具体的にどのように利用すればいいのかわからない」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。

結論、フリーランスがInstagramをビジネスとして活用する際の選択肢としては、以下の3つが挙げられます。

  • インスタ運用コンサルとして活動する
  • フォロワーを増やして、インフルエンサーとして独立する
  • インスタ経由で仕事を獲得する

自分にあった用途でビジネスを加速させましょう。本記事ではフリーランスがInstagramで仕事を獲得する方法や、インスタを活用して独立する方法を具体的ステップで解説します。弊社SAKIYOMIは累計100万フォロワーを超えているため、信頼性は担保されています。

フリーランスのインスタ活用方法3選!

冒頭でもお伝えしたように、フリーランスがInstagramを活用する方法としては以下の3つが挙げられます。

  • インスタ運用コンサルとして活動する
  • フォロワーを増やして、インフルエンサーとして独立する
  • インスタ経由で仕事を獲得する

本章ではこの3つの活用方法の概要を紹介します。

インスタ運用コンサルとして活動する

1つ目は「フォロワーを増やしてInstagram運用コンサルとして活動する」という活用方法です。Instagramを伸ばしたいけれど、伸ばし方がわからない個人や企業に対して、ノウハウを提供することで収入を得ます。

弊社SAKIYOMIはInstagram運用コンサルとして収入を得ていますが、個人でも企業のコンサルをしている方は多くいらっしゃるので、再現性の高い方法だと言えるでしょう。

案件を獲得する際は、多くのフリーランスが利用するクラウドソーシングサービス(ランサーズやクラウドワークス)や業務委託サイト(復業クラウドやWantedly、Indeed)を利用することをおすすめします。 

実際に「クラウドワークス」で仕事を検索してみると、 Instagramのコンサル案件がいくつか募集されていました。

ただInstagram運用コンサルとして活動するためには、企業でSNSマーケティングに触れた経験や実際にInstagramでフォロワーを増やした経験がなければ、難しいでしょう。

実際の案件を見ても「SNSマーケティング経験のある方」「Instagram運用のご経験のある方」などを募集要項に記載しているものが多くありました。

ただ「自分は企業に属してSNSマーケティングをした経験もないし、Instagramのフォロワーも伸ばしたことがないので、コンサルとして活動するのは無理」とすぐに諦める必要はありません。

次章の「インスタを活用してフリーランスとして独立するための6ステップ!」では、フォロワーの伸ばし方を解説しています。こちらを参考にフォロワーを増やして、Instagram運用コンサルとして活動するための準備をしましょう。

なお「あや|ゆったりSNSフリーランス☁️」さんは、SNSコンサルとして活動しているため、個人のSNSコンサルの実態を確認したい方はあやさんの投稿をご覧ください。

フォロワーを増やして、インフルエンサーとして独立する

2つ目は「フォロワーを増やして、インフルエンサーとして独立する」という活用方法です。インフルエンサーとはSNSやテレビなどにおいて、他の消費者の購買行動に影響を与える人のことを指します。

フォロワー数によってランクがあり、フォロワー1000〜1万人はライトインフルエンサー、1万人〜10万人はマイクロインフルエンサー、100万人以上はカリスマインフルエンサーと呼ばれます。

インフルエンサーの主な収入源はPR案件です。PR案件とは企業が取り扱う商品をアカウントを通じてPRする対価として、報酬を受け取る仕組みのことを指します。報酬は案件によって異なりますが、「1フォロワー=2〜5円」であることが多いようです。

PR案件を獲得するためには最低でも1000人以上のフォロワーが必要と言われています。具体的なフォロワーの増やし方とPR案件の獲得方法に関しては、次章の「インスタを活用してフリーランスとして独立するための6ステップ!」で解説しています。 

インスタ経由で仕事を獲得する

3つ目は「Instagram 経由で仕事を獲得する」という活用方法です。先ほど紹介した2つの方法ではInstagramそのものを仕事にしますが、この方法はInstagramを営業ツールとして使用し自分の仕事を獲得していきます。

具体的なイメージは以下の通りです。

  • WEBライターの場合:ライターに関するノウハウを発信しながら、スキルがあることをアピールして記事作成案件の獲得につなげる
  • デザイナーの場合:自分で作成したイラストを投稿して、デザイン案件獲得につなげる

多くのフリーランスは、クラウドソーシングサービスや業務委託サイトを利用して仕事を獲得します。しかしこれらのサービスを利用する際は、わざわざ案件を見つけて、応募文を一つ一つ作成するといった手間をかける必要があります。

しかしInstagramを伸ばしていれば、発注者からスカウトがくる体制を構築できるため営業の手間が省けます。

Instagram経由で仕事を獲得するための方法は本記事後半の「フリーランスがインスタを活用して仕事を獲得するための3ステップ!」で詳しく解説しています。

インスタを活用してフリーランスとして独立するための6ステップ!

本章ではInstagram運用コンサルやインフルエンサーになって、フリーランスとして独立するための6ステップを紹介します。運用コンサルとインフルエンサーは異なる職種ですが、フォロワーを伸ばさなければ仕事が獲得できないという点では共通しています。

本章を参考に1万フォロワーを目指して、フリーランスとして独立しましょう。なお今回紹介する6ステップは累計100万フォロワーを超える弊社SAKIYOMIが解説するため、信頼性は担保されています。

STEP1. ジャンルを選定する

まずはそのアカウントで発信するコンテンツのジャンルを決定しましょう。基本的に自分の得意なジャンルや、興味のあるジャンルが良いでしょう。テーマの具体例は以下の通りです。

  • ファッション
  • 美容
  • グルメ
  • フィットネス
  • 医療
  • インテリア
  • 旅行

またInstagram運用コンサルやインフルエンサーとしてだけでなく、アフィリエイト報酬でも収益化したい方は、ASPに自分のジャンルの広告が用意されているかどうか確認しましょう。

ちなみにA8.netであれば、審査なしでアフィリエイト広告を確認できます。

※アフィリエイト:ブログや SNS に掲載された広告を経由して、ユーザーが商品やサービスを購入することで報酬を得る仕組み

※ASP: 広告主とアフィリエイターを仲介する役目を果たす事業者のこと(ASPを利用すれば、ASP側がアフィリエイトのノウハウを提供してくれたり、直接広告主と交渉する必要がなくなったりする)

STEP2. そのジャンルでロールモデルを見つける

アカウントの発信内容とテーマが決定した後は、そのジャンルで手本となるアカウントを見つけましょう。ロールモデルが見つかれば、そのジャンルでの成功法則が判明します。

手本となるアカウントの見つけ方は、以下の4ステップです。

STEP2-1 そのジャンルでハッシュタグ検索をする

まずはそのジャンルのアカウントがたくさんヒットしそうなハッシュタグで、検索をかけます。例えばファッションジャンルであれば「冬コーデ」「コート」、旅行系ジャンルであれば「東京 おすすめ観光スポット」といった具合です。

STEP2-2 いいね数を確認してバズっている投稿を見つける

ハッシュタグ検索をかけた後は、いいね数を確認してバズっている投稿を見つけます。バズっているかどうかはフォロワー数によります。目安は以下の通りです。

  • 1万フォロワー以下:300〜1000いいね
  • 1〜3万フォロワー:1000〜2000いいね
  • 3万フォロワー以上:3000〜いいね

いいね数はパソコンでしか確認できないため、いつもスマホを利用している方はパソコンにログインしていいね数をチェックしましょう。

STEP2-3 コメント数を確認する

バズりの目安を超えている投稿を見つけた後は、その投稿のコメント数を確認しましょう。コメント数はInstagramを伸ばす際に重要とされる「親密度」と呼ばれる指標と深い関わりを持っています。そのためコメント数を判断すればある程度、そのアカウントが成功しているかどうかが判断できます。

成功しているアカウントのコメント数の目安は以下の通りです。

  • コメントが0件の投稿の割合が3割以下
  • コメントが10件以上ついている投稿が1割以上

STEP2-4 そのアカウントの成功要因を探る

いいね数とコメント数で基準を上回っているアカウントを見つけたら、最後にそのアカウントの成功要因を探ります。ロールモデルを見つけたとしても、成功要因が判明しなければこれからのアカウント運営に活かすことはできません。

成功要因を探る際に利用すべきなのが「3C分析」と呼ばれる分析方法です。3C分析とは Company(自社)Competitor(競合)Customer(市場・顧客)の3つの「C」を分析する方法のことを指します。

この3CをInstagramに置き換えると以下になります。

  • Company(自社):自分のアカウントコンセプト(提供価値)
  • Competitor(競合):同ジャンルのインスタアカウント
  • Customer(市場・顧客):フォロワー

3C分析を行えば、競合との差別化ができるようになる他、ユーザーのニーズが明らかになります。以下の記事では実際のアカウントで3C分析を行っています。

【フォロワー9万人越え】月間100万円の売上を作る美容アカウントの秘訣とは?

ただ「3C分析のような堅苦しいことはしたくない」とお思いの方もいるかもしれません。今後Instagram運用代行として活動していく方は、自分のアカウントだけでなく他企業のアカウントも再現性高く伸ばしていく必要があるため3C分析を経験しておいた方が良いでしょう。

しかしインフルエンサーとして独立したい方は、成功要因を直感的に見つけるだけでもいいでしょう。

自分の興味のあるジャンルであれば、ユーザーの気持ちはわかるはずです。1ユーザーになったつもりでそのアカウントの魅力を探りましょう。具体的には以下の通りです。

  • 世に出ていないオリジナリティのあるコンテンツを投稿している(見ていて役に立つ)
  • 実体験に基づく情報ばかりであるため、信頼できる
  • 画像やイラストがたくさん使用されていて見やすい

丁寧にアカウントを探れば、いくつか成功要因は見つかるはずです。

STEP3. アカウントのコンセプトを決める

ロールモデルを見つけた後は、アカウントのコンセプトを決めましょう。 アカウントのコンセプトが明確になっていなければ、投稿内容に一貫性がなくなる他、本来集めたいフォロワーを獲得できなくなります。

弊社SAKOYOMIは以下の手順で、アカウントのコンセプトを決定しています。

  1. アカウント運用に関する周辺情報を集める(競合や市場、商材に関する情報など)
  2. ターゲット像(そのアカウントをフォローしてくれそうなユーザー像)を決める
  3. 面白そうなアイデアを集める(どうすればミッションを達成できるか?ターゲットが求めている情報は何か?)
  4. アイデアを精査する(ユーザーはそのアカウントをフォローしたいと思うか?コストがかかりすぎていないか?差別化できるか?)
  5. アイデアに対する根拠を集める(なぜそのアイデア?アイデアが伸びる根拠は?そのアイデアでミッションを達成できる理由は?)
  6. メタファーを使ってアイデアをコンセプトにする(アカウントのキャッチコピーをつけるイメージ)

STEP4. 5つの方法を実践して1,000フォロワーを目指す

コンセプト設計が完了した後は、早速アカウント運営を開始します。Instagramの第一関門と言えるのが1000フォロワーです。まずは1000フォロワーを達成して、小さな成功体験にしましょう。

とくにInstagram運用を始めてすぐは、アカウントの評価が決まるタイミングでもあり、運営者のやる気も保ちやすい時期であるため、大変重要です。 

以下の施策を通してまずは1000フォロワーを突破しましょう。

  • 毎日同じ時間に最低1投稿はする(忙しい方は投稿予約アプリの利用もおすすめ)
  • ニューポストストーリーを投稿する(フォロワーに新規投稿をしたことをストーリーで知らせる 投稿の2枚目をチラ見せすると尚良い)

※実際のニューポストストーリー

  • エンゲージメントスタンプ(質問BOXやアンケート、クイズなど)を使ったストーリーを投稿する

※アンケートストーリー

  • 3秒でフォロワーされるプロフィールを作る(プロフィールで発信内容が想像できるのがベスト)

※SAKIYOMIの実際のプロフィール

  • DMや投稿へのコメントなどを通して、フォロワーと連絡をとる(フォロワーとの親密度が上がるとインスタからの評価がアップする 最低でも1日1回はメッセージかリアクションすべし)
  • 投稿テンプレートを利用する(バズりやすい投稿テンプレートはこちら
  • ライバルアカウントをフォローする(同じテーマのアカウントをフォローして、自分のアカウントのジャンルを認識してもらう ジャンルが認識されるとユーザーのおすすめ欄にのるようになる)

STEP5. 4つの重要数値を改善しながら、1万フォロワーを目指す

1000フォロワーの次に、節目となるのが1万フォロワーです。1万フォロワーを達成するために重要なポイントは以下の2つです。

  • 投稿をバズらせてフォロワー外のリーチを獲得する
  • リーチしたユーザーにアカウントをフォローしてもらう

詳しくは以降で紹介します。

STEP5-1 投稿をバズらせてフォロワー外のリーチを獲得する

以前までは「映える投稿をしていいね数を獲得する」という方法が主流でしたが、もうこれは古いやり方と言えるでしょう。今はいいね数よりも「保存数」という指標が重要です。

そもそも保存数とは、どれだけのアカウントにそのコンテンツが保存されたかを測る数値のことを指します。投稿を表示すると、いいねやコメントマークのある列の最右部にリボンマークがあります。(下記画像の青枠部分)

このリボンマークをタップすると、投稿が保存され自分のアカウントの「保存済み」からすぐにその投稿が見れるようになります。

Instagramがユーザーにおすすめの投稿を表示させるアルゴリズムとして、ユーザーの滞在時間が長い投稿であることが挙げられます。保存という行為が行われれば、ユーザーは再度その投稿を見てくれるためユーザーの滞在時間が伸びるのです。つまり保存数が多い投稿はInstagram運営側がユーザーに勝手にレコメンドしてくれるため、多くのリーチ獲得が期待できるというわけです。

保存数を伸ばすために行うべき、具体的な施策は以下の通りです。

  • 情報量の多いコンテンツを投稿する(例:「今年買って良かったもの◯選」や「いますぐ使える心理学◯選」など)
  • 自分でも真似できそうだと思わせるようコンテンツを投稿する(例:レシピを掲載して「自分でも作れそう」と思わせて、保存を促す)

引用: タツヤ▷【料理 和風 時短】(cooking_tatsuya)

  • 保存を促す文言を記載する(例:「役に立ったけどメモをとるのが面倒…。保存なら1タップで完了!」など)

STEP5-2 リーチしたユーザーにアカウントをフォローしてもらう

どんなに投稿がバズって多くのユーザーにリーチしても、当然ですがアカウントをフォローしてもらわなければフォロワーは増えません。その際に重要な数値が「プロフィールアクセス率」と「フォロワー転換率」です。

リーチ数を大きく増やせなかったとしても、それぞれの数値を少し改善するだけでフォロワー増加につなげられます。

  • 月間500万リーチ、プロフィールアクセス率1%、フォロワー転換率1%→月間1500フォロワー増加
  • 月間500万リーチ、プロフィールアクセス3%、フォロワー転換率3%→月間7500フォロワー増加

実際にシミュレーションしてみると、プロフィールアクセス率とフォロワー転換率がそれぞれ2%伸びただけでフォロワー増加数は5倍になります。

それぞれの数値を上げるための施策は以下の通りです。 

<プロフィールアクセス率を伸ばす方法>

  • 投稿の末尾画像でアカウントの魅力を伝える
  • 連載型の投稿をする(例:「日常生活で使える心理学◯選!前半・後半」など)
  • 他の投稿に遷移させる仕組みを作る

<フォロワー転換率を伸ばす方法>

  • プロフィール文でそのアカウントをフォローするメリットを伝える
  • ハイライト(これまでに投稿したストーリーをプロフィールに掲載する機能)でそのアカウントの発信内容をわかりやすく伝える

※以下画像(実際の弊社のアカウントのプロフィール)で上記2つのポイントを確認しましょう。

なおアカウントを伸ばす際は「保存率」「プロフィールアクセス率」「フォロワー転換率」の他にも「ホーム率」という数値も重要です。

この4つの数値はどれもInstagramのアルゴリズム(ゲームルールのようなもの)に関わる指標で、この数値を重点的に改善しているため弊社SAKIYOMIは再現性高くフォロワーを伸ばせています。

ちなみに実際にアルゴリズムを理解している場合と、していない場合のフォロワーの伸びの違いは以下の通りです。

アカウントの伸びは一目瞭然で、アルゴリズムをハックした方がフォロワーをのばせています。

ちなみにアルゴリズムに深く関わる4つの数値は、SAKIYOMIが提供するツールを利用すれば、自動的に算出してくれます。スピーディーにそして再現性高くアカウントを伸ばしたいのであれば、ツールを導入してみても良いでしょう。

Instagramを正しく分析し、効率よくアカウントを伸ばしませんか?

「SAKIYOMI」は、Instagramアカウント運用による累計フォロワー350万以上の実績を持つ弊社が開発した独自の分析ツールです。

本来見るべき4つの数値が最初から計算されているので、別のシートに転記して計算する必要はありません。

分析ツール以外にも月額1万円で「初心者でもプロの運用」を実現するために必要なことが全てそろっています。

まずは以下のリンクから詳しいサービス内容をご覧ください。

サービスの詳細を見てみる

STEP6. 独立方法に合わせた対策を行う

前章で紹介した施策を実施しながら、それぞれの独立方法にあった対策も進めていきましょう。

Instagram運用コンサルを目指す場合

Instagram運用コンサルを目指す方はまず1,000フォロワー程度まで集まったら、早速クラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングサービスやWantedlyやIndeedといった仕事探しサービスを利用しながら、案件を獲得しましょう。

特に自分のアカウントと近いジャンルの企業や案件に応募すると、獲得率はアップするでしょう。

ただ実際に案件を獲得できても、その際同じようにフォロワーを増やさなければ契約を切られてしまいます。そのため案件獲得に乗り出す前に、自分がフォロワーを増やせた理由と実際に実施して良かった施策をまとめておくと、クライアントワークでも役立つでしょう。

また本格的にInstagram運用コンサルとして活動したいのであれば、アカウントを伸ばすノウハウを発信するアカウントを新たに作っても良いでしょう。具体的には以下のイメージです。

こういったアカウントを作れば、発注者に一目で「この人はInstagramのノウハウを持っている」と思わせることができるため、受注率がアップするでしょう。

インフルエンサーを目指す場合

インフルエンサーを目指す方は、以下の方法を通してPR案件を獲得していきましょう。

  • PR会社に登録する
  • インフルエンサーマッチングサイト(「&BUZZ」など)に登録する
  • 自分からメールやDMでオファーを送る

企業からスカウトのDMが来るまで待つといった方法もたしかにありますが、自分から営業した方が手っ取り早くPR案件を受けられるのは事実です。

まずはPR会社やマッチングサイトを利用して営業し、実績をつけた後に営業しなくても仕事が舞い込むような仕組みを構築しましょう。 

フリーランスがインスタを活用して仕事を獲得するための3ステップ!

ここからはフリーランスがInstagramを活用して仕事を獲得するための方法を、3ステップで紹介します。 

多くのフリーランスは、クラウドソーシングサービスや業務委託サイトを利用して仕事を獲得します。しかしこれらのサービスを利用する際は、自分で案件を見つけて応募文を一つ一つ作成するといった手間をかけなければなりません。

しかしInstagramを営業ツールにすれば、企業から依頼がくる体制を構築できるため営業の手間がなくなります。

STEP1. 自分をアピールできるプロフィールを作成する

Instagramを活用して仕事を獲得する際に重要なのはプロフィールです。発注者が仕事を依頼する際は、プロフィールに必ず目を通します。

仕事が舞い込むプロフィールを作る際のポイントは以下の通りです。

  • 名前は「本名+仕事がわかる肩書き」がベスト(例:たかし@仮想通貨系WEBライター)
  • プロフィール画像は自分の写真がベスト(実際の写真であれば信頼性がアップする 自分の写真がなければ似顔絵アイコンなどでも可)
  • プロフィール文には「職種・得意分野・実績・自分と仕事をするメリット」などを記載する 
  • リンクには自分のホームページや連絡先、ポートフォリオのどれかを記載する

STEP2. 自分の仕事に関連するコンテンツを投稿する

プロフィールと同様に重要なのが、投稿するコンテンツです。自分の仕事と全く関係のないコンテンツを投稿しても発注者には刺さらないでしょう。自分の仕事に関連する投稿を行うのがベストです。具体的には以下の通りです。

  • WEBデザイナーの場合:自分が作成したイラストを投稿する
  • WEB開発者の場合:自分の開発物を写真とともに投稿する
  • WEBライターの場合:ライティングノウハウを発信して、スキルがあるライターだと思わせる

例えば「mica⌇インスタ専門のSNSデザイナー」さんは以下のようにデザインに関するコンテンツを多数投稿しています。このように自分の仕事に関する役立つ情報を発信して、自分にスキルがあることをさりげなくアピールしていきましょう。

引用:mica⌇インスタ専門のSNSデザイナー(mica__2269)さん

STEP3. 依頼主をフォローする 

Instagramを活用して仕事を獲得する場合は、同業者よりも依頼主アカウントをフォローすしましょう。ハッシュタグで「#ライター募集」「#デザイナー募集」など「#自分の職種+募集」で検索をかけて、よく仕事を募集しているアカウントをフォローしておきましょう。

(フォロワーの数は、信頼に繋がる)

フリーランスがInstagramを活用するための3ステップとは少し話題がそれますが、フォロワー数は信頼につながるため、より多くの案件を獲得したいのであればフォロワーを増やしておくと良いでしょう。

フォロワー10人のアカウントよりも、フォロワーが3,000人いるアカウントの方がスキルを持っていそうなイメージを抱きますよね。仕事を獲得する際、この「仕事ができそうな雰囲気」というのは重要です。

またフォロワーを増やしておけば仕事獲得の面だけでなく、自分の教材を発売する際にも役立ちます。余力のある方は前章の「インスタを活用してフリーランスとして独立するための6ステップ!」内のSTEP4とSTEP5をご覧ください。

まとめ

Instagramは今や、運用コンサルやインフルエンサーという仕事を創出する他、フリーランスの営業ツールとしても活躍するSNSになりました。

Instagramをフリーランスの営業ツールとして利用する方は「自分をアピールできるプロフィールを作成→仕事に関連するコンテンツを投稿→依頼主をフォローする」という3ステップで営業しなくても、勝手に仕事が舞い込んでくるような仕組みを構築しましょう。

また、Instagram運用コンサルやインフルエンサーとして独立したい方は、最低でも1,000フォロワー、大きく稼ぎたいのであれば1万フォロワー獲得を目指してアカウントを運用しましょう。本記事前半の「インスタを活用してフリーランスとして独立するための6ステップ!」を参考にフォロワーを増やしてください。

なおフォロワーを伸ばすために重要な4つの数値は、SAKIYOMIが提供するツールを利用すれば自動的に算出してくれます。最速でフォロワーを伸ばして独立したいのであれば、導入を検討してみても良いでしょう。


プロレベルの運用スキルがたった1万円で身につく
「SAKIYOMIメソッド」を限定公開

「このまま続けてうまく行くのか不安…」
「独学で運用をしてきたが限界を感じている…」
「コンサルを頼んでみたいけどお金が出せない…」

そう感じているなら、SAKIYOMIメソッドを学んでみませんか?

SAKIYOMIメソッドとは、累計350万フォロワーの支援を通じて開発された、初心者でもプロさながらのアカウント運用が身につく独自メソッドです。

・平均4.2ヶ月で1万フォロワーを達成!最も重要な「PECTサイクル」とは?
・競合と圧倒的な差別化を。本当は教えたくない、コンセプトの作り方
・たった1投稿で100万リーチを超える!SAKIYOMI式 バズ投稿作成の5STEP

<初心者でも最短で成果が出せる仕組み>
・50以上のSAKIYOMIメソッド解説動画
・直接講師からレクチャーを受けれる勉強会(2回/月)
・24時間質問できるチャットコミュニティ

まずは以下のリンクから詳しいサービス内容をご確認ください。

サービスの詳細を見てみる
SAKIYOMIのノウハウをもっと深く知りたい方へ