ストーリーズにリンク(URL)を貼りたければ、フォロワーを増加させるべし!


「ベンチマークしている企業はストーリーズにリンク貼ってるけど、あれはどうやったら?」

「ストーリーズにURLを貼りたいけど、どうやって貼ったらいいのかわからない。」

ストーリーズにリンクが貼れて、見せたいサイトに誘導できます。そんなストーリーズのリンク、便利ですよね。Instagramのプロフィールにはリンクが設置できるようになっていますが、やはりそこだけでは物足りないと考える企業の担当者は少なくないでしょう。

しかし、ストーリーズにリンクを貼るには、ある一定の条件を満たさなければなりません。

そこで今回は、さまざまな企業さまのInstagram運用代行をしている私が、ストーリーズに貼付されているリンクについて解説していきます。

どうすればリンクを貼れるようになるのか、そのためにはどんなことをすればいいのか。この記事を読んでいただければ、リンク貼付の道筋が見えてきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

なぜ御社のアカウントはストーリーズにリンクが貼れないのか?

Instagramのストーリーズにリンクを貼るには、ある条件が存在します。

それが「フォロワー数1万人以上」という条件です。

いつまでに1万人に到達しなければ、ということはありません。とにかく1万人に達すれば、ストーリーズにリンクが貼れるようになります。

ちなみに、冒頭でもお伝えしましたが、Instagramでリンクを貼れる場所はストーリーズ以外に2箇所存在しています。

1つ目がプロフィールです。こちらはプロフィールにある「プロフィールを編集する」からリンクが追加できます。そしてもう1つがIGTVのキャプションです。こちらは意外と知らない人も多いようですが、IGTVのキャプションは任意のリンクを制限なく貼付可能なのです。

インスタグラムのフォロワーが1万人に達していなくても、フォロワーを自社ECやサイトに誘致したいですよね。そんなときには、この2つの方法を実践してみてください。

また、これ以外にもストーリーズ広告を活用すれば、ストーリーズにリンク(URL)を貼り付けることも可能です。ただし、ビジネスアカウントに切り替える等、方法が異なってきますので、今回の記事では紹介しません。

ストーリーズにリンクを貼るための方法

ストーリーズにリンクを貼るやり方をご紹介いたします。また、この章はフォロワー数が1万人を超えているという前提のもと、進めていきますので、フォロワー数が1万人に達していない方は、リンクの貼り方は飛ばし、次の章へ移動してください。

リンクの載せ方は、ストーリーズにスタンプやテキストを挿入するのと同じ方法です。

まずはストーリーズを作成しましょう。撮影もしくは写真や動画の選択が終了すると、テキストやスタンプの編集ができる画面に遷移します。この際に、フォロワー数が1万人を超えていると、リンクボタンが表示されます。

なお、ビジネスアカウントの場合は、1万人を超えていなくても、このリンクボタンが表示されています。この場合は、ブランドコンテンツ広告の連携ができる状態ですので、そちらは別の記事をご覧くださいませ。

Instagramのブランドコンテンツ広告とは?メリットや配信方法を解説!

リンクボタンをタップすると、「+」や「ウェブサイト」「URL」といった項目がありますので、そちらをタップしてください(これらは、デバイスやアプリのバージョンによって表記が異なっているようです)。

そこに任意のURLを入力し、「完了」をタップするとストーリーズにリンクが貼付されます。そして、ストーリーズをシェアすれば、リンクが記載されたストーリーズが公開されます。このストーリーズは、フォロワーのストーリーズに表示された際に、スワイプアップすることで任意のリンク先へ遷移できるようになります。

URLを貼付できるようになると、どんなメリットがあるのか?

ストーリーズにリンクを貼るメリットは、サイトへの流入数が増加すること、これに尽きるでしょう。

フォロワーが1万人に達していない場合、ユーザーを任意のサイトへ流入させる手段は、前述した「プロフィール」「IGTVのキャプション」に限定されます。IGTVのキャプションの場合は、ワンタップで任意のサイトまで誘致できますが、プロフィールの場合は、投稿からプロフィールに遷移し、その後リンクをタップさせる必要があります。

つまり、工数がかかるということですね。対して、ストーリーズにリンクを貼付させる場合、ストーリーズからスワイプアップするだけで任意のサイトへ誘導できます。それに加えて、スワイプアップはマークの効果もあり、直感的な操作が実現されます。

さらに、ストーリーズをハイライトに追加した状態でも、リンクは外れず、URlが機能しています。ビジネスアカウントではない、一般人の個人アカウントでもURLが載せられるようになるのは、便利ですよね。流入経路が徐々に増えていくイメージです。

こうした工数面や直感的なUIから、ストーリーズにリンクが貼付されている状態の方が、リンク先に誘致するユーザー数を増加させることができるといえます。

フォロワーを1万人に最速で到達させるために必要なこととは?

最後に、フォロワー数を1万人に到達させるために、何をすればいいのかを解説いたします。

アルゴリズムを理解した運用が絶対に必要

アルゴリズムを理解した上でInstagramの運用を実施しましょう。

Instagramに限らず、世の中に存在するwebサービスは何かしらのアルゴリズムに則って動いています。わかりやすい例は、GoogleのSEOでしょう。これはGoogleがアルゴリズムを公開しており、どのような規則性で記事が上位に表示されるのかが、明らかにされています。

つまり、上位表示させるためには、どのような記事を作成(運用)すればいいのかが、わかっているということです。

これはInstagramでも同じことが言えます。フィードやストーリーズに優先的に表示させるには?発見欄でレコメンドされるには?ハッシュタグの人気投稿に掲載されるには?こうした至るところにアルゴリズムが隠れているのです。

こうしたアルゴリズムを理解せずに運用することは、成功確率を限りなく小さくしていることと等しいでしょう。

フォロワーを最速で1万人に到達させるためには、まずはInstagramのアルゴリズムを理解しましょう。

【2021年最新版】Instagramのアルゴリズムを編集長が徹底解説。

アカウントの設計はしっかりとできているのか?

アカウントの設計が十分にできているか否かも、フォロワー増加に寄与します。

例えば、コンテンツを誰に届けるのかという「ターゲットの設定」、そもそもなぜInstagramを運用しているのかという「目的」、ターゲットから想定される好まれそうな「トンマナ」 などがそれに当てはまります。

こういった設計ができておらず、自社が発信したいコンテンツを闇雲に投稿しているアカウントが、Instagramの中には非常に多いです。しかし、それではフォロワー数は伸びません。

まずは上述した3つの観点の整理をおこない、今の投稿内容が適切だったのか否かを検討しましょう。

アカウントの分析を常に実施できるか?

アルゴリズムの理解も、アカウントの設計も、実施するだけでは意味がありません。「それが的確に行えているのか」という検証の作業も、フォロワー増加には求められます。

言い換えれば、「アカウントの分析をおこないましょう」ということです。

アカウントの状態を把握し、現状のアカウントの「フォロワー増加を阻害している要因は何か」を見出さない限り、フォロワー増加は見込めません。

インサイトは常に見ていますか?フォロワー数の推移や各数値の変遷を記録していますか?そういった細かい分析がフォロワー増加には求められるのです。

まとめ

Instagramのストーリーズにリンクを貼る方法について解説してきました。

Facebook(フェイスブック)やLINE(ライン)、Twitter(ツイッター)、tiktok(ティックトック)、YouTube(ユーチューブ)といった主要SNSとは違い、Instagramのストーリーズにリンクを貼るには、前提としてフォロワー数が1万人を超えている必要があります。しかし、この記事を読んでいる多くの担当者は、フォロワー数を1万人にまで伸ばすことができていない状態でしょう。

そのためにも、記事で紹介した方法を実践し、フォロワー数を伸ばしていっていただければ幸いです。

しかし、紹介する中で感じていただけたでしょうが、Instagramの運用は行うことが非常に多いです。もちろん、1人では賄いきれない作業量でしょう。そのため、会社でInstagramの運用を実施するのであれば、複数人でチームを構成することを推奨しています。

役割分担をし、少しでも作業効率をあげていかなければ、フォロワー数1万人はなかなか達成できません。

しかし、Instagramに限らず、SNSの運用は1人に任せっきりになってしまうのが、これまで見てきた会社の大半のケースです。そういった企業さまは、「サポートのツールを導入する」「Instagramのアカウント運用代行を依頼する」といった、外部の力を借りる手段しか、選択の余地がありません。

もし御社がアカウントの運用で困りごとがある、どこを改善したらいいのかがわからない、といった場合には、個別相談会も実施しておりますので、ぜひお気軽にお声がけくださいませ。

アカウント運用のプロとして、親身にサポートいたします。