Instagramのリーチとは?インプレッションとの違いと伸ばす2つの秘訣を解説!


「Instagramのリーチとは、なんなんだろう?」
「運用はしているけど、リーチについて詳しくわかっていない」

「インプレッションとリーチって、どう違うの?」

Instagramの運用はなんとなく行っているものの、言葉の定義まで調べている余裕はありませんよね。

しかし、Instagram運用をするにあたって、「リーチ」の概念は非常に重要です。そして、「リーチ」の数字を伸ばしていくことが、アカウントの成長には欠かせない指標となります。

今回の記事では、2,000フォロワー増加/日の実績を持つInstagram運用コンサルタントの私が、アカウント運用において「リーチ」がどれほど重要なのか、そしてリーチとはどのようにして伸ばしていけばいいのかを徹底解説します。

この記事を読んでいただければ、一般的なアカウント運用とは一味違った観点でInstagramアカウントと向き合っていただけると思いますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

また、フォロワーを増やす際に見るべき変数はリーチ以外にも数多くあります。下記ではフォロワーを伸ばす方法について、網羅的に解説しておりますので是非ご覧ください。

▼参考記事:Instagramでフォロワーを増やす4つのロジックと14の施策を徹底解説!

Instagramのリーチとは何か。ちゃんと説明できますか?

ではまず、Instagramのリーチの定義について、解説していきます。また、リーチと混同されやすいもので、「インプレッション」がありますので、そちらとの違いも合わせて解説いたします。

リーチの定義

Instagramにおける「リーチ」とは、投稿を見た「ユーザー数」のことを指します。

Instagramにおける投稿には、「フィード投稿」と「ストーリーズ」の2種類があり、どちらに対してもリーチという言葉を使います。

リーチは、「どれだけのユーザーに自分が届けたい情報が届いたのか」を知る指標であり、フォロワー増加までのフローにおいて欠かせない値です。なぜなら、ユーザーが新しいアカウントをフォローするに当たっては、以下のフローを辿るからです。

・潜在ユーザーにリーチする
・プロフィールをクリックする
・アカウントのホームを回遊する
・フォローする

この一連の流れのきっかけとなるのがリーチであり、リーチ数が少なければ、必然的にフォロワー数も減少してしまう、という関連性があります。

リーチとインプレッションの違い

では、リーチ数と似た「インプレッション」とはなんでしょうか。

インプレッションとは、ユーザーが投稿を見た「回数」のことを指します。すなわち、ユーザーに投稿が表示された回数のことです。

例を挙げて考えてみましょう。

1つの投稿をAさんが見ました。この段階ではこの投稿に対するリーチは1、インプレッションも1です。
そして、Aさんが再度この投稿を表示した際にはリーチ1、インプレッション2というようになります。ここにBさんが加われば、リーチ2、インプレッション3となります。

つまり、「リーチ≦インプレッション」の関係が成り立ちます。

Instagram運用においては、どちらの数値も重要です。投稿への流入経路を知るためにはインプレッションが、本質的にどれくらいのユーザーが投稿を見ているのかを知るためにはリーチ数が重要です。

まずは両指標の特性を把握し、的確に使い分けができるようになりましょう。

インプレッションについて下記の記事にて解説しておりますので合わせてご覧ください。

▼参考記事:Instagramの閲覧数はこうやってみる!でも実は閲覧数は重要じゃない…?

リーチはインサイトから見る。実は2カ所から見れるんです。

リーチの重要性についてご理解いただけたかと思います。

しかし、そもそもリーチはどのようにして確認するのでしょうか。

ビジネスアカウントでのみ確認することができる

リーチの確認をするためには、Instagramが提供する「インサイト」を活用します。そのインサイトを確認することで、リーチだけではなく、インプレッション数や保存数といった、さまざまな指標を知ることができます。

しかし、前提条件として、インサイトは「ビジネスアカウント」のみが利用できる機能です。以下の記事で、ビジネスアカウントへの切り替え方法を解説していますでの、ぜひ参考にしてください。

記事

リーチを確認する2つの方法

ビジネスアカウントに切り替えると、インサイトを表示させることができます。

リーチが確認できるインサイトは2種類です。それぞれ目的が異なりますので、方法と一緒に解説します。

投稿ごとに確認する

1つ目の方法は、「投稿ごとに表示されるインサイト」からリーチを確認する方法です。これは、「個別の投稿がどれほどのリーチ数を獲得しているのか」を把握するために利用します。

自分の投稿を開くと「インサイトを見る」のボタンが表示されますので、選択します。すると、いいね数や保存数、インプレッション数やリーチ数が確認できます。

アカウントの合計数で確認する

2つ目の方法は、「アカウント全体のインサイト」から確認する方法です。これは、「一定期間でそのアカウントがどれほどのリーチ数を獲得しているのか」を把握するために利用します。

プロフィールのホーム画面から、「インサイト」を選択します。そこでは、過去7日間におけるそのアカウントのデータを確認できます。「コンテンツ」「アクティビティ」「オーディエンス」と分類されており、それぞれ閲覧したいデータが見られるようになっています。

Instagram運用では、どちらのインサイトも利用しますので、定期的に確認する癖をつけておきましょう。

リーチを伸ばすにはどうしたらいいのか?重要なのはアルゴリズムの理解と〇〇!?

では最後に、Instagram運用で重要とされている「リーチ数」の伸ばし方について解説していきます。

Instagramに限らず、どのプラットフォームを利用していたとしても、ハックする方法は存在します。今回は、さまざまなアカウントを運用する中で見出したリーチの伸ばし方をご紹介します。

Instagramのアルゴリズムを理解しよう

まず重要なことは、Instagramのアルゴリズムを理解することです。

しかし、InstagramはGoogleが提供するSEOのように、そのアルゴリズムが公開されていません。そのため多くの投稿を分析し、伸びる投稿にはどのような特徴があるのかを見出す必要があります。

多くのリーチを獲得している投稿の特徴として、流入元が「発見欄」であることが挙げられます。多くのInstagram運用コンサルタントが「ハッシュタグが重要である」と声高らかに叫んでいますが、私はそう思いません。(当然、流入としては重要ですが)

いわゆる「バズ」を引き起こすのは、ハッシュタグではなく、発見欄です。つまり、Instagramのアルゴリズムをハックする上で重要なのは「いかにして発見欄に掲載されるのか」という部分になります。

ユーザーが求めているものを分析しよう

では次に、発見欄に掲載される投稿の特徴を分析していきます。そこで見えてくる共通項は「保存率」が非常に高いということです。

保存率というのは、リーチ数に対して、どれほどの保存がなされているのか、ということです。この数値が高いものほど、発見欄に掲載されやすく、多くのリーチを獲得していることがわかりました。

つまり、リーチを伸ばすためには、保存されやすい投稿を作成する必要があるということです。では、どのような投稿が保存されやすいのでしょうか。

ここではその一例を挙げます。

情報量が多い投稿は、保存数が多い傾向にあります。投稿枚数が多い投稿も同様です。これは、初見ではその情報を処理し切れず、「また後で見よう」というモチベーションをユーザーに引き起こすことが原因と考えています。「比較10選」といった投稿が代表的ですね。

他にも、アカウントによって保存されやすい傾向が見えてくると思いますので、ぜひ積極的に分析してみてください。

また、Instagramのアルゴリズムに関してさらに詳しく書いてある記事がありますので、ぜひそちらも参考にしてください。

▼参考記事:【2021年完全版】押さえておくべきInstagramのアルゴリズムを徹底解説。

Instagramのフォロワーを増やすには、インサイト分析はできて当たり前!

リーチについて、理解は深まりましたか?

今回の記事では、リーチとインプレッションの違いや、リーチをどのように確認するのか、そして、リーチはどのように増やせばいいのかを解説しました。

記事中で何度もお伝えしていますが、Instagramを運用する上で、リーチ数は非常に重要な指標です。このリーチ数を増加させられるか否かで、アカウントの成長度合いは大きく左右されます。

そのためには、インサイトを正しく分析できなければなりません。しかし、インサイトの分析は、1日や2日でできるようになるものではなく、長い期間分析をして、初めて見えてくるものがあります。

Instagramのフォロワーを増やすための方法について、下記の記事にて体系的に解説しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

インスタグラムでフォロワーを増やす4つのロジックと14の施策を徹底解説!

2021年10月28日