Instagramの写真は保存不可だが、デフォルトの保存機能には最強のポテンシャルが。


「Instagramのビデオや写真は保存できるのか?保存の方法は?」

「Instagramのビデオや写真を保存するには、外部のアプリが必要なの?」

Instagram上にアップロードされているビデオや写真、保存したいときありますよね。特に会社の運用とは関係なしに、個人のアカウントを触っているとき。私も、好きな芸能人の写真とかを残しておきたいなあなんて思います。

話が少し逸れましたが、Instagramの画像や動画を保存したいと考える人はかなり多数いるわけです。しかし、Instagramのアプリの至るところを物色しても、それらしき機能は存在しない。

そこで今回は、Instagramのビデオや写真の保存可否について解説していきます。

結論をここでお伝えすると、「Instagramのアプリでは保存できないが、外部アプリを使えばできる」ということです。これに合わせて、デフォルトに備わっているInstagramの保存機能についても解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

デフォルトの保存機能、実はすごい力を持っているんです。

Instagramの写真は、デバイスにダウンロードできるのか?

冒頭でもお伝えしましたが、Instagram上にあるビデオや写真は、Instagramのアプリを通じてデバイスに保存することはできません。そのため、Instagramのアプリ内をどれだけ詮索しても、デバイスへの保存機能はありませんので、注意しましょう。

ただし、Instagramのアプリからデバイスに保存できるジャンルのビデオもあります。ストーリーズとインスタライブ、リールです。しかしこれにも条件があり、「自分でシェアしたものに限る」ということです。

他人が投稿したストーリーズやインスタライブなどのビデオに関しては、同様に保存できませんのでご注意ください。

しかし、さまざまなInstagramの投稿を見ていると、「リポスト」と呼ばれる、他の人の投稿(写真やビデオ)をそのまま投稿しているコンテンツも多く見られます。あれは、ビデオや写真をあらかじめ保存しておかなければできない投稿方法です。

つまり、Instagramのアプリ以外の外部アプリを利用すれば、ビデオや写真は保存できるんです。俗に言う、サードパーティアプリというものですね。

ちなみに、少し時間はかかりますが、PC(パソコン)を経由したブラウザ版のInstagram(Chrome、Safari、firefox)からも、ビデオや写真を保存できます。ここでは方法は紹介しませんが、興味のある方は調べてみてください。おそらく、サードパーティアプリも、これをシステム化して行っているものだと思われます。

写真や動画をダウンロードするためのサードパーティアプリをご紹介!

前章で、Instagramの写真やビデオを保存するためには「サードパーティアプリが必要である」という結論になりました。ここでは、実際のサードパーティアプリをいくつかご紹介いたします。

ただし、前提としてお伝えしておかなければならないのは、以下で紹介するアプリ(サードパーティアプリ)は、Instagramが公式で認可しているものではないということです。公式で認可していたら、アプリの中にデバイスに保存する機能を実装するはずですしね。

つまり、Instagramとしては、ビデオや写真をデバイスに保存してほしくないと考えているわけです(アプリでの滞在時間が減少するからですね)。

そのため、ここでアプリをいくつかご紹介いたしますが、SAKIYOMIが利用を推奨しているわけではありませんので、あらかじめご了承ください。あくまでも紹介しているに留めますので、ご利用は自己責任でお願いいたします(ウイルスが入っているとかではありません!)。いずれも、写真やムービーの編集(フィルターやエフェクト)可能、複数枚の写真も可能、無料で利用可能です。

・PhotoAround(iPhoneのみ)・InsTake・Saver Reposter・WEBSTA・Apphi


特に有名なのはPhotoAroundですね。app storeのランキングでも上位に入っており、非常に使い勝手の良いアプリです。アプリからInstagramのアカウントにログインし、保存済みの投稿なども閲覧できます。おそらくAndroid版は出ていなかったはずですので、AndroidのかたはInsTakeをご利用してみてはいかがでしょうか。

Instagramの中にある「保存」機能とは?

Instagramのアプリでは、ビデオや写真は保存できないことをお伝えし、それを解決する方法として外部アプリをご提示いたしました。しかし、皮肉なことに、Instagramのアプリの中には「保存」と名のついた機能が存在しています。

おそらく大半の人が、投稿画面にある「保存」をタップし、デバイスに保存されているのか否かを確認した経験があるでしょう。今章では簡単に、Instagramのアプリにデフォルトで実装されている保存機能について解説いたします。

Instagramの保存機能は、投稿(フィード、リール、IGTV)をInstagramのアプリ内に保存するための機能です。ここで保存をした投稿は、「プロフィール画面→メニューバー→保存済み」で確認することができる仕様です。

投稿を保存する方法は、「投稿を開き」、「投稿の最右部にあるリボンマークをタップ」するだけです。

さらに保存機能の中には「コレクション機能」も実装されています。コレクション機能は、自分が保存したコンテンツをジャンル分けするための機能です。ストーリーズで言う「ハイライト」、IGTVで言う「シリーズ」のような機能です。

Instagramの保存機能はこういった形で利用されている!

Instagramの保存機能は、どういった目的で利用されているのでしょうか。もともと「写真をデバイスに保存する方法」を知りたい人からすれば、アプリ内に保存する意味がわかりませんよね。

しかし、この保存機能を使う目的は、ビデオや写真をデバイスに保存する目的に近しく、「自分がまた見返したい投稿をキープしておく」というものなのです。

つまり、自分にとって見返す価値がある投稿(料理のレシピであったり、ダイエットの方法であったり)を、どこかわかりやすい場所に残しておくという目的で利用されているんですね。

ちなみに、Instagramをこうした「情報収集の場」という使い方をする人は非常に増えています。Instagramのハッシュタグの検索機能を活用する人が増えたのも、こういった理由があるからでしょう(日本人は世界平均の5倍、ハッシュタグの検索を利用しているそうです)。

Instagramには「いいね」した投稿を見返す場所あるため、この保存機能の役割をいいねで担っている人もいれば、投稿の写真自体をスクリーンショットしてしまい、自分のカメラギャラリーに納めてしまう人も多いそうです(複数の人に街頭インタビューしました!笑)。

今章で述べたように、「Instagramで集めた情報をストックする場所」として保存機能が存在しており、それ以外のいいねやスクリーンショットもそれに代替する手段として確立しているということです。

「人によって複数の使い方がある」というのは面白いですよね。

実は、「保存」は運用においてとても重要な役割を担っている

記事の最後に、Instagramの運用において「保存」は非常に重要な役割を持っていることを解説していきます。会社でInstagramの運用担当者をしている方々、必見です。

保存するということは、ユーザーの滞在時間が伸びることを意味する

Instagramのユーザーが行う「保存」という行為は、一度見た投稿を何らかの理由から「もう一度見たい」と考えることによって引き起こされていると前章でお伝えしました。

「保存された投稿を、もう一度見る」ことの前提には、Instagramのアプリを使用することがあります。つまり、Instagramのアプリを利用する時間が長くなる、言い換えるとアプリの滞在時間が長くなるということです。

アプリでの滞在時間が伸びることは、Instagramにとって大きな価値がある

なぜ、Instagramのアプリでの滞在時間について触れたのか。それは、滞在時間が長くなることで、Instagramの収益が大きくなるからです。

InstagramはFacebook同様、広告収益によって運営されている事業です。広告ビジネスは、いかに多くの広告を多くのユーザーに見せるか、が重要視されます。アプリに滞在する時間が長くなれば、それだけ広告を目にする時間が増えることを意味します。

つまり、Instagramは「ユーザーがアプリに滞在している時間を長くさせる行為」に価値を置いていると考えられるのです。よって、投稿を見返すことで滞在時間を伸ばす可能性がある「保存」という行為は、Instagramにとって収益増大のチャンスでもあるのです。

保存される投稿は、多くのユーザーにレコメンドされる可能性が高い

Instagramは、サービスである以前に企業(Facebookの子会社)ですので、利益を追及します。つまり、ユーザーの滞在時間を伸ばすために、UIやアルゴリズムを改善していくということです。

ここまでの考察で言えることは、「多くの人に」保存された投稿というのは、Instagramにとって非常に価値のある投稿だということです。なぜならば、多くの人に見返される可能性があり、滞在時間を大幅に伸ばしてくれる可能性があるからです。

そして、そんなInstagramにとって価値のある投稿は、もっと他の人に見せたいですよね?だって、さらに滞在時間が伸びる可能性があるんですから。

つまり、保存される投稿(広く言えば、ユーザーにエンゲージメントされる投稿)というのは、Instagramからレコメンドされる可能性が非常に高くなるということです。

実際に弊社で運用しているアカウントでも、保存数の多い投稿はリーチが伸びやすい傾向にあります。

リーチ数を伸ばし、フォロワー数を増加させるには、保存率を高めるべし

Instagramがある投稿をレコメンドする際、さまざまな経路でレコメンドが実施されます。フィード投稿を限界まで遡るとレコメンド投稿が流れますし、発見タブは全てレコメンドの投稿です。

フィード投稿の下部に関しては、最近実装されたばかりの機能ですので、正確なデータはありませんが、発見タブに関してはInstagramから公式にデータが発表されています。なんとInstagramを利用する人の5割が発見タブを活用しているとのことです。

世界で10億人がInstagramを利用しているので、5億人は発見タブを閲覧するということです。

つまり、発見タブに投稿がレコメンドされれば。そこで獲得できるリーチ数は規格外のものになるでしょう。リーチ数が増加することは、ユーザーにフォローされる機会が増加するということです。フォロワー増加にもつながるということですね。

ここで、今章のまとめに入ります。Instagramの運用において、保存が重要だとした理由は、保存するという行為がInstagramにとって価値のあるものであり、それをInstagramが多くのユーザーにレコメンドしてくれるため、リーチ数が爆発的に増加するからです。

そのため運用においては、リーチしたユーザーのうち、どれほどの保存数を獲得したのか、という割合(保存率)が重要なのです。

まとめ

Instagramのビデオや写真を保存する方法から、デフォルトで実装されている保存機能の重要性まで解説しました。

Instagramのビデオや写真を保存するには、外部アプリを利用するほか、方法はありません。サードパーティアプリの利用は、Instagramから推奨されていませんので、あくまでも自己責任でお願いいたします。

また、Instagramのアプリに実装されている保存機能は、Instagramの運用をする上で非常に重要な指標であるとお伝えしました。フォロワーを増やすためには、リーチ数を獲得しなければならず、リーチ数を獲得するために保存率を高める必要があるのです。

ではどうやって保存率を高めていけばいいのか。以下の資料にまとめておきました。こちらの資料は、SAKIYOMIを運営する株式会社Radixが、多くの企業さまのインスタグラムの運用代行をする中で培ってきたノウハウをまとめたものです。

保存率以外にも重要だと考えている指標も、資料内で紹介していますので、ぜひ御社のInstagram運用に活かしてくださいませ。