インスタグラムのロゴは使用可能?ダウンロード方法と注意点を解説


プロレベルの運用スキルを身につけてみませんか?

「このまま続けてうまく行くのか不安…」
「独学で運用をしてきたが限界を感じている…」
「コンサルを頼んでみたいけどお金が出せない…」

そう感じているなら、SAKIYOMIメソッドを、学んでみませんか?

SAKIYOMIメソッドとは、累計350万フォロワーの支援を通じて開発された、初心者でもプロさながらのアカウント運用が身につく独自メソッドです。

・平均4.2ヶ月で1万フォロワーを達成!最も重要な「PECTサイクル」とは?
・競合と圧倒的な差別化を。本当は教えたくない、コンセプトの作り方
・たった1投稿で100万リーチを超える!SAKIYOMI式 バズ投稿作成の5STEP

まずは以下のリンクから詳しいサービス内容をご確認ください。

サービスの詳細を見てみる

「Instagramのロゴを使いたいけれど、使っていいの?」
「ロゴを使う場合の方法や注意点はあるの?」
企業アカウントでInstagramを利用している方の中には、このような疑問があるのではないでしょうか。

本記事では、Instagramでロゴが使用できるのか、使用できるロゴの種類などの基礎知識に加え、ロゴを使用する際に注意しなければいけないポイントやダウンロード方法についても紹介しています。

この記事を読むことで、Instagramのロゴを使う際の留意点やダウンロード方法を知ることができるため、企業アカウントやキャンペーンへの誘導の際に活用することが可能です。

Instagramでロゴを使用したいと考えている方は、この記事をチェックしてみてください。

Instagramのロゴは使用可能?

Instagramのロゴの使用に関しては、ブログやサイトなどに使用するだけであれば基本的には問題はないとされています。また使用する際にInstagram側に事前に許可や申請をする必要はなく、ある程度自由に利用することが可能です。

ただ注意しなければならないのは、Instagramのロゴの使用には利用規約(レギュレーション)が設けられていることです。事前に確認せずに使用していると、気づかないうちに規約違反をしてしまう可能性もあるでしょう。

このため使用自体は自由ですが、事前に利用規約の確認が必要となります。また利用規約は更新される場合もあるため、すでにロゴを使用している場合も更新や変更があった際にはチェックしておくことが望ましいです。

Instagramのロゴの5つの種類

Instagramで使用できるロゴとしては、アプリのロゴ(APP Icon)を連想する人が多いです。実はAPP Icon以外にも、使用許可が出ているロゴは5種類もあります。

ダウンロードするロゴの種類によって誘導先やユーザーへ促したい行動の内容が異なるほか、利用規約にも多少の違いが見られます。そのため、用途に応じたロゴのダウンロードと利用規約の確認がおすすめです。

ここからは、Instagramで使用可能となっている5つのロゴを紹介します。

  • Glyph Icon
  • IGTV Glyph Icon
  • Hyperlapse Icon
  • Boomerang Icon
  • Layout Icon

1:Glyph Icon

Glyph Icon(グリフアイコン)はカメラのようなデザインのロゴで、白い背景に黒いグリフ、マルチカラーバージョンの2種類があります。デザインやロゴの比率を変えなければ任意の単色に変更でき、公式では白か黒への変更が推奨されています。

このロゴを使用する場合は、ユーザーに対してダウンロードや問い合わせなどのアクションを取ってもらうためのボタンである「コールトゥアクションボタン」と組み合わせることが必要です。

2:IGTV Glyph Icon

IGTV Glyph Icon(IGTVグリフアイコン)は、最大60分の動画を投稿・共有できるIGTVという機能のロゴです。テレビのデザインが特徴となっています。

IGTV Glyph Iconも白い背景に黒いグリフとマルチカラーバージョンがあり、IGTVの利用を推奨またはフォローの際に利用されることが多いロゴです。

ロゴを使用する場合は、Glyph Iconと同じように利用やフォローなどの行動を促すコールトゥアクションボタンの設置が必要となっています。

3:Hyperlapse Icon

Hyperlapse Icon(ハイパーラプスアイコン)は、タイムラプス動画という一定間隔で撮影した写真を繋いだ動画を撮影・編集できる機能のロゴです。

シンプルな丸のデザインで、Instagramアプリである「Hyperlapse from Instagram」のダウンロードを促す際に使用されています。そのためこのロゴを使用する場合は、アプリのダウンロードを促すためのコールトゥアクションボタンの設置が必要です。

4:Boomerang Icon

メビウスの輪(8を横にしたような記号)のデザインが特徴なのが、Boomerang Icon(ブーメランアイコン)です。

連続して撮影した10枚の静止画を繋ぎ合わせた動画をループさせ、動画の再生と逆再生を繰り返す機能のロゴです。Instagramのカメラのシャッター部分にあるアイコンでもあります。

このロゴは機能のインストールを促す際に利用可能であるため、インストールを促すコールトゥアクションボタンの設置が求められます。

5:Layout Icon

Layout Icon(レイアウトアイコン)は、写真を自由に組み合わせたオリジナルのレイアウト画像を作ることができるアプリのロゴです。

レイアウトアプリのダウンロードを促す際に利用されており、ほかのロゴ同様にダウンロードを誘導するためのコールトゥアクションボタンとの組み合わせが必要とされています。

Instagramのロゴを使用する際の5つの留意点

Instagramのロゴを使用するためには様々な利用規約があり、特にロゴのサイズやデザイン、余白に関しては、どの種類のロゴでもある程度共通している留意点です。

ここからは、ロゴを使用する際に特に留意しなければいけないポイントについて5つの項目を解説していきます。

  • 縦横の最小サイズを守る
  • ロゴ周辺に半分以上の余白を設ける
  • Instagramからの支援などがないことを明記する
  • 50%以上がInstagramの素材にならないようにする
  • ロゴのデザインを改変しない

1:縦横の最小サイズを守る

Instagramのロゴを使用する際にある程度サイズを変更することは容認されていますが、サイズ変更に関する利用規約として「最小サイズ」が設けられています。

最大サイズは特に制限はされていないのに対して、最小サイズに関しては「29px×29px」と決まっています。これを下回ることは規約違反になってしまうため、使用する際の最小サイズには注意が必要です。

2:ロゴ周辺に半分以上の余白を設ける

サイズだけではなく、ロゴ周辺に設ける余白に関する部分にも規約が設けられています。具体的には、ロゴ周辺に画像サイズの半分以上の余白を上下左右に設けるという内容です。

この規約を守ること自体は難しくはありません。ただロゴのサイズによってはロゴ周辺に大きな余白を作ることになるため、PRやポスターなどで利用する場合はデザインに影響する可能性があることを理解しておく必要があります。

3:Instagramからの支援などがないことを明記する

ロゴを使用する際、Instagramからの支援がないことを明記することも留意点のひとつです。利用規約を守れば誰でも自由に使えるからこそ、Instagramが支援していると誤解されないように配慮する必要があります。

特にインスタグラムを利用したPRや、イベント・キャンペーンなどの広告チラシにロゴを使用する場合は、Instagramが支援や関与をしていないという文章を明記しなければなりません。

ほかにもInstagramのロゴと企業のマークを組み合わせる、ドメインや名前・ロゴがInstagramと混同されるような使い方もNGです。

4:50%以上がInstagramの素材にならないようにする

PRや宣伝ポスター、チラシなどでロゴを使用する際に半分以上がInstagramブランドの素材でデザインされていると、見ている人が「これはInstagramがスポンサーなのではないか」と誤解してしまう可能性があります。

そのような誤解を避けるために、コンテンツ内でロゴを使用する際には自社ブランドとのバランスを考え、50%以上がInstagramブランドの素材にならないように配慮が必要です。

5:ロゴのデザインを改変しない

ロゴのデザインを改変しないことは、どの種類のロゴでも共通の留意点として挙げられています。ロゴの種類によっては(Glyph Iconなど)色を変更することは許容されていますが、それ以外の部分を改変することはどのロゴでも許されていません。

このため、デザインを大きく改変しないことは当然として、色の変更もできるのかどうかきちんと利用規約を確認しておく必要があります。

ロゴ使用に利用申請が必要なケースとは?

通常、Instagramのロゴを使用する際に利用申請は必要ありません。ただ、ライブ配信、ラジオ、OOH広告、A4サイズ以上の印刷物で使用する場合に限り、利用申請が必要だと明記されています。

ほかにも映画、コマーシャル、番組などでInstagramのユーザーインターフェイス(フィード、プロフィール、またはフィルター)のスクリーンショットを使用する際にも、利用申請をしなければなりません。

ちなみに申請は英語で行う必要があり、どのようにInstagramのロゴを使用するのか方法や目的、資料を提出するなど説明が必要です。

Instagramロゴのダウンロード手順3つ

ここからは、実際にInstagramのロゴをダウンロードするための手順を3段階で紹介します。ちなみにロゴのダウンロードはスマートフォンからはできないので、パソコンから操作することが必要です。

1:PCでInstagramのBrand Assetsページにアクセスする

まず、パソコンでInstagramの「Brand Assets」というページにアクセスします。アクセスするとAssetsページが開き、左上にある「資産」をクリックすることで各ロゴのダウンロード画面を開くことが可能です。

2:アイコンを選んでZIPファイルをクリックする

ダウンロードしたいロゴアイコンを選択すると、メニュー画面の横に選択したロゴアイコンのzipファイルのページが表示されます。内容に間違いがないことを確認した後、zipファイルをクリックしダウンロードに進みましょう。

3:メディアタイプを選択してガイドラインに同意する

zipファイルをクリックすると、メディアタイプを選択することができます。希望するメディアタイプを選択した後は、使用ガイドラインを確認して「使用ガイドラインを読み、同意しました」にチェックを入れることが必要です。

ダウンロードの準備が整ったら、ダウンロードをクリックして完了となります。

Instagramのロゴを使用してみよう

Instagramのロゴは使用用途によって5つの種類の中から選ぶことができ、一部の目的以外は利用申請なしで誰でも手軽に使用可能です。利用規約の確認が必要ですが、きちんと守れていれば特に問題はありません。

ダウンロードもパソコンから簡単にできるため、Instagramのロゴを使いたいと考えている方は、こちらの記事を参考にPRや宣伝などに活用してみてはいかがでしょうか。

正しく上手に活用することでInstagramの集客を効果的に行うことができるかも知れません。Instagramの集客を成功させる方法は下記をご覧ください。
▼参考記事:【保存版】Instagram集客を成功させる3つのコツを徹底解説!


プロレベルの運用スキルがたった1万円で身につく
「SAKIYOMIメソッド」を限定公開

「このまま続けてうまく行くのか不安…」
「独学で運用をしてきたが限界を感じている…」
「コンサルを頼んでみたいけどお金が出せない…」

そう感じているなら、SAKIYOMIメソッドを学んでみませんか?

SAKIYOMIメソッドとは、累計350万フォロワーの支援を通じて開発された、初心者でもプロさながらのアカウント運用が身につく独自メソッドです。

・平均4.2ヶ月で1万フォロワーを達成!最も重要な「PECTサイクル」とは?
・競合と圧倒的な差別化を。本当は教えたくない、コンセプトの作り方
・たった1投稿で100万リーチを超える!SAKIYOMI式 バズ投稿作成の5STEP

<初心者でも最短で成果が出せる仕組み>
・50以上のSAKIYOMIメソッド解説動画
・直接講師からレクチャーを受けれる勉強会(2回/月)
・24時間質問できるチャットコミュニティ

まずは以下のリンクから詳しいサービス内容をご確認ください。

サービスの詳細を見てみる
SAKIYOMIのノウハウをもっと深く知りたい方へ