インスタの投稿画像をおしゃれにするポイント|写真撮影で意識すること


独学の運用を辞め、Instagramの勝ちパターンを学びませんか?

Instagram運用には勝ちパターンが存在します。

正しく活用すれば、着実にフォロワー/売上を増やすことができるものの、まだまだ「独学での間違った運用・自己流の施策」が原因で失敗するアカウントも少なくありません。

「SAKIYOMI」は、Instagramアカウント運用による累計フォロワー350万以上の実績を持つ弊社が提供する運用代行・コンサルティングサービスです。

100社以上のアカウント運用と独自のアルゴリズム分析に基づいて、再現性高くフォロワー増加を実現します。独学の運用を脱し、Instagram運用のプロに相談してみませんか?

メールアドレス登録のみで、1分で無料ダウンロードできますのでぜひご覧ください。

今すぐ資料を無料ダウンロードする

「Instagramでセンスがある写真を撮るにはどうしたらいいの?」
「Instagramで映える写真をアップしてフォロワーを増やすには?」

Instagramの投稿画像をおしゃれにしてフォロワー数を増やしたい方などは、このような疑問や不安があるのではないでしょうか。

本記事では、Instagramの投稿画像をおしゃれにするポイントや写真撮影で意識することを紹介していきます。

この記事を読むことで、Instagramの投稿画像をおしゃれにするポイントや写真撮影で意識することについて把握できるでしょう。

その知識をもとに映える写真をアップできるため、Instagramについて不安を抱えている人でも誰もが目に留める写真を撮ることができるでしょう。

Instagramの投稿画像をおしゃれにしたいと思っている方は、ぜひこの記事をチェックしてみてください。

Instagramのプロフィール画面って何?

Instagramのプロフィール画面は、自己紹介または自社の紹介をする大切な画面です。Instagramを見ていて素敵な画像を見つけたら、どのような人がアップしているのかを知るためにプロフィール画面をみるでしょう。

そのときにプロフィール画面やアイコンをみて、自分の好みに合いそうと感じたらフォローをします。しかし、プロフィール画面がそうでなかったとき、続きを見たりフォローしたりすることはないでしょう。

Instagramの画像をみてもらったり、フォロワーを増やしたりするためには、このプロフィール画面で興味を持ってもらう必要があります。

しかし、プロフィールには数多くの要素があり気をつけるポイントが多々あります。下記記事では、そのポイントをわかりやすく解説しておりますのでぜひご覧ください。

▼参考記事:インスタのプロフィールの書き方まとめ|5つの活用ポイント

Instagramの投稿画像をおしゃれにする8つのポイント

おしゃれな写真には、どれも色彩や構図などの統一感があり、写真の情報が絞られているためごちゃごちゃした印象がありません。

おしゃれと感じるInstagramの投稿画像には、いくつかの共通点があるのでしょう。ここでは、Instagramの投稿画像をおしゃれにする8つのポイントをご紹介します。

  • フィルターを統一する
  • コントラストを統一する
  • 色味を統一する
  • 白い枠を付ける
  • グリッド投稿を取り入れる
  • 構図を統一する
  • 投稿する順序を固定する
  • イラスト投稿をする

1:フィルターを統一する

1つ目は、フィルターを統一することです。

Instagramにはフィルターという機能があります。

フィルターとは、写真の色合いや彩度を変えて、果物や料理の色を鮮やかにして美味しそうに見せたり、風景にレトロ感を付け足したりと画像の印象を変えられる機能のことです。

フィルターを使って、画像を同じように統一感を持たせることで、よりおしゃれになるでしょう。

2:コントラストを統一する

2つ目は、コントラストを統一することです。

コントラストとは、写真の明暗のことで、色彩の比率を変えて強弱を付けることを指します。例えば、色をモノトーンにすることでインテリアの写真をクールに表現したり、白を強くして清潔感を出したりすることができます。

コントラストを統一することで、洗練された印象になるでしょう。

3:色味を統一する

3つ目は、色味を統一することです。

色味とは、色の明暗や濃淡、1つの色の同系色のことで、色合いのことをいいます。色味が整っていないとごちゃごちゃした印象となり、統一感が感じられないでしょう。

例えば、青や水色、群青色と青にもいろいろな種類がありますが、これら青系統の同系色で全体をまとめれば、すっきりとした印象にすることができます。

色味を整えて統一することで、おしゃれな印象になるでしょう。

一言に統一と言っても、色味であったり、フォントでなど押さえるべきポイントは数多くあります。フィルターや加工アプリなども使って統一感を出すことが大切です。

▼参考記事:インスタで統一感を出す7つのコツ!おすすめのアプリもあわせて紹介

4:白い枠を付ける

4つ目は、白い枠を付けることです。

Instagramの画像を投稿する際に白い枠を付けることで、それが写真1枚1枚の余白となり、それぞれの写真が引き立つようになります。

画像に白枠を付けるだけで、各写真が強調されるため、それだけで統一感を出すことができるでしょう。

また、ポラロイドカメラで撮ったようなレトロ感を出すことができ、昔の思い出写真のような印象を与える効果も期待できます。

この白い枠に関しては、写真の雰囲気よっても合う合わないがありますので写真の雰囲気との相性もみながら調整しましょう。

もし、投稿してから合わないと感じた場合は投稿をアーカイブすることをお勧めします。アーカイブすると投稿を非表示にしたり表示したりが自由に行えるので調整が簡単にできます。

▼参考記事:インスタのアーカイブ機能とは?見方と戻し方|活用方法も解説

5:グリッド投稿を取り入れる

5つ目は、グリッド投稿を取り入れることです。

グリッド投稿とは、おしゃれ画像のためのテクニックの1つです。複数の写真を順番に選んでいくだけで、グリッド投稿を行うことができます。

Instagramで3分割や9分割など均等に分割され、まるでパズルのように収まっている写真は、インパクトを与えられるでしょう。

6:構図を統一する

6つ目は、構図を統一することです。

構図とは、撮影したいと思う対象物の配置のことです。統一感を出すためには対象物の配置を決めて、撮り方を決めておくといいでしょう。

例えば、上から食べものなどを撮った写真がたくさん表示されていたら、統一感が出ます。また、斜め対角線上に並べたり、同じものを対称的に並べたりすることでも統一感を演出することができるでしょう。

構図を統一することで、おしゃれ画像に近づけることができます。

7:投稿する順序を固定する

7つ目は、投稿する順序を固定することです。

例えば、人物、モノ、風景を繰り返したり、人と風景を交互にしたりなどでしょう。Instagramで投稿画像の順番を固定することで、より統一感が出ます。

8:イラスト投稿をする

8つ目は、イラスト投稿をすることです。

Instagramといえば写真のイメージがありますが、イラストをアップすることで、おしゃれ感を演出することができます。また、プロフィールのアイコンをイラストにすることでおしゃれな印象になるでしょう。

イラストの色合いと画像の色合いを統一することで、おしゃれ感を高めることができて表現の幅も広がります。

投稿用の写真を撮るときに気をつけたいこと4つ

投稿用の写真を撮るとき、面白いと思ったものを撮影すれば良いと思ってはいませんか。

プロのカメラマンが撮る写真などは、ただ写真を撮っているのではなく写真のアングルや光の入りなど、細部にも気をつけているのです。

おしゃれな画像を意識するためには、いくつか気をつけたいポイントがあります。ここでは、投稿用の写真を撮るときに気をつけたいこと4つを紹介していきます。

1:引きめの構図で撮る

1つ目は、引きめの構図で撮ることです。

引きめの構図とは、被写体を中心に全体を撮影するということです。例えば、海岸で遠くにある建物を一緒に撮りたい場合、風景と建物がわかるように、なるべく空間が大きくなるように構図を決めると良いでしょう。

2:見せたいものだけを画角に入れる

2つ目は、見せたいものだけを画角に入れることです。

見せたいものだけを画角に納めることで不要な情報が入らないため、見せたいもののみが主張されます。視覚に入る情報をできるだけシンプルにすることで、センスのある画像に仕上がるでしょう。

また、画角に入るものを絞るには、アングルを変えてローアングルから撮るなどの工夫をすると良いでしょう。

3:自然の光を取り入れる

3つ目は、自然の光を取り入れることです。

太陽から降り注ぐ光や、やわらかな木漏れ日などの自然な光を取り入れることで、画像に立体感を出すことができます。

天候や時間帯で入り込む自然の光は違うため、その光を楽しむ画像にするのも良いでしょう。

4:投稿後を想像して色味を考える

4つ目は、投稿後を想像して色味を考えることです。

Instagramの画像を撮るときにテーマカラーを決めている場合、そのカラーに合わせた色合いを考えて撮影すると良いでしょう。

また、色が違っていても暖色系や寒色系などの同系色でまとめたり、多彩な色でカラフル感を演出したりするのもおすすめです。そのときは色のトーンを合わせるようにしましょう。

色味を整えてから撮影することで、統一感のあるおしゃれな写真にすることができます。

Instagramの投稿をより伝わりやすくするには?

Instagramの投稿をより伝わりやすくするにはどうしたら良いのでしょうか。

画像に題名を付けて投稿することで、画像に対する思いや伝えたいことを表現したり、一言メッセージを添えるだけでセンスを感じられたりするようになります。

また、ハッシュタグを付けて投稿の意図を伝えることで、同じ考えを持つ人に見てもらえるようにすることもできるでしょう。

ここでは、投稿をより伝わりやすくする方法をご紹介します。

  • ハッシュタグを活用する
  • 投稿文は読みやすさ・わかりやすさを意識する

ハッシュタグを活用する

Instagramの投稿をより伝わりやすくするための手段として、ハッシュタグを活用することが挙げられます。

これは、同じ分野で興味ある人や関連する他のInstagramサイトに結び付けることができるため、関心度の高い人が閲覧する可能性が高くなります。

興味を持ってくれる分野でみてもらえるように、ハッシュタグを活用しましょう。

ハッシュタグの活用方法については、下記の記事をご覧ください。
▼参考記事:ハッシュタグは人気で選ぶべき?Instagramのハッシュタグの使い方を解説!

投稿文は読みやすさ・わかりやすさを意識する

投稿文は読みやすさ・わかりやすさを意識しましょう。

Instagramは画像がメインとなるため、あまり長い文章にするのではなく、読みやすさを考えて投稿するようにしましょう。また、読みやすさだけでなく、わかりやすさも必要です。

難しい文章ではなく、感性で捉えられるような言葉を意識しましょう。

投稿文、つまりキャプションの書き方については下記の記事をご覧ください。
▼参考記事:インスタのキャプションとは?書き方・編集・改行方法もまとめて解説!

Instagramにおしゃれな画像を投稿しよう

Instagramの投稿画像をおしゃれにするポイントを中心に解説しましたがいかがでしたでしょうか。おしゃれな投稿画像のポイントやコツがつかめたら、後は気になることを写真撮影して、投稿するだけです。

直感的におしゃれだと思わせる写真の素材は、日常に溢れています。ポイントを押さえることができれば、おしゃれな写真を撮れるようになるでしょう。

この記事を参考に、Instagramにおしゃれな画像を投稿してみてください。

SAKIYOMIではインスタグラムに関するノウハウを沢山解説しておりますので、他の記事もぜひご覧くださいませ。
下記はその中でも人気にの記事になりますので、合わせてご覧くださいませ。

▼人気記事:インスタグラムでフォロワーを増やす4つのロジックと12の施策を徹底解説!
▼人気記事:【2022年完全版】押さえておくべきInstagramのアルゴリズムを徹底解説。

他にもSAKIYOMIではWEBセミナーなどの解説しておりますので、お気軽にお問い合わせください!


Instagram集客に失敗し、悩んでいませんか?

「Instagramを運用して集客したいけど、何から手をつけていいか分からない」
「数値分析や改善のポイントがいまいち見当つかない」
「Instagram運用をできればプロフェッショナルに任せたい」

あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

集客チャネルの拡大のためにInstagramを利用する企業は増えていますが、間違った方向性で投稿をいくら続けても、残念ながらフォロワー拡大には繋がりません。

そこで今回は累計350万フォロワーを達成した知見に基づいて、プロが重視しているInstagramの運用ロジックを特別に公開いたします。

平均4.2ヶ月で1万フォロワー達成!Instagram運用代行サービス

【本資料の概要】
・なぜ、今Instagram運用が重要なのか?
・Instagram運用における我々の思想と成果を出す運用ロジック
・ご支援プラン / 運用実績

Instagram集客の最適化への足掛かりとしてぜひお役に立ててください。

今すぐ資料を無料ダウンロードする