Instagramの運用代行・外注おすすめ6社を比較|費用や選び方

「インスタが伸びない…」とお悩みの方へ

インスタ運用をはじめてみたものの、このようなお悩みを抱えていませんか?

「毎日投稿しているのになぜか伸びない…」
「何をやってもフォロワー数が増えない…」
「後発ではじまったアカウントがなぜ自分のよりも伸びているのか…」

インスタは無料で始められる集客方法ではあるものの、いまだに運用ノウハウが確立されておらず、多くの方が伸び悩み挫折してしまいます。

しかしその一方で、インスタの勝ちパターンを理解し正しく運用すれば、誰でも簡単にアカウントを伸ばすことができる、こともまた事実です。

実際に、私たちSAKIYOMIはインスタ運用のプロ集団として、これまで累計400万フォロワーのアカウントを運用し成功へと導いてきました。

もしも現状、伸び悩みを感じているのであれば、まずはサービス資料にあるインスタの勝ちパターンをご覧ください。

今すぐ資料を無料ダウンロードする
今まで伸びなかったInstagramアカウントを「成果が出せる」アカウントに変えてみませんか?
正しい運用ノウハウ SAKIYOMI

運用代行・外注を依頼するにはどのくらいの費用がかかるの?おすすめの会社はどこ?運用代行・外注に頼むメリット・デメリットって何?

あなたはInstagramの運用担当者として上記のような疑問を持っていませんか?

Instagramを使ったマーケティングは手軽に導入することが可能であり、施策次第では高い集客効果が見込めることで今や多くの企業が取り組んでいます。

また、自社のニーズに合った運用代行・外注に依頼をすれば、フォロワー数の増加やエンゲージメントの向上などに期待できるため、高確率でInstagramマーケティングの成果を実感できるでしょう。

ただし、SNSマーケティングが当たり前になった昨今、運用代行・外注先は少なく見積もっても40社以上に急増しているため、最初は「どの会社に依頼したらいいかわからない…」と悩むのも無理はありません。

そこで本記事では、本当におすすめしたいInstagram運用代行会社6社運用代行・外注のメリット・デメリット費用相場などの情報を「現場のプロ目線」で徹底解説していきます。

もしも記事をお読みの方の中で、運用代行をしてくれる会社を知りたい…とお考えの方は「おすすめInstagram運用代行6社の特徴を徹底解説!」から、お読みください。

おすすめの運用代行会社6社をまとめています。また本記事でご紹介する各社の費用や業務内容は2022年1月現在調査によります。内容は変動する可能性がありますのでご了承ください。

    Instagramの運用代行とは

    Instagramの運用代行とは、アカウントの投稿や分析などのインスタ運用をSNSマーケティング専門の企業に代行してもらうサービスのことです。

    具体的なサービス内容は、アカウントの運用戦略からコンセプト設計、投稿の企画から作成、日々の運用施策になります。そのため、Instagram運用に詳しい人がいない、社内リソースに空きがない、プロに任せて最短で売上に繋げたいという企業におすすめです。

    【知らないと損する】運用代行を活用すべき企業の特徴3選

    まずは上記の図をご覧ください。Instagramは他のSNSに比べ最も高いユーザーの伸び率を実現しています。アクティブユーザーの増加から、アカウントを伸ばすことで集客や販売にさらに高い効果を望むことができます。

    また右の画像のとおり、10代から30代の半分以上の人が買い物の時にSNSの情報から影響を受けており、その中で最も強く影響を受けているSNSでは、10〜代から30代の約半分の人がInstagramと答えています。

    この結果からも分かる通り、Instagramは幅広い年代の人の購買行動に強い影響を与えていることが分かります。Instagramのアカウントを上手く運用することによって自社のサービスに興味のあるユーザーを集めることができます。

    上記の通り、Instagram運用をすることはビジネスで大きなメリットがあります。一方で、実際に成功している企業はほんの一握りです。その理由は、Instagram運用には質の高い投稿や分析が必要な上、それらを自社で行うには膨大な時間がかかってしまうからです。「Instagram運用をしたいけど時間がない…」そのような企業におすすめしたいのが運用代行です

    他にも運用代行をおすすめする企業として、以下3つの特徴があります。

    すぐに成果を出したい

    すぐに成果を出したい企業は、運用代行がおすすめです。

    運用代行を依頼することで、プロがアカウントの分析をしてくれます。それらの分析から最短でアカウントを伸ばすことが可能です。

    具体的にどのくらいの期間でアカウントが伸びるかは依頼する運用代行会社によって異なります。例えば弊社、SAKIYOMIに依頼した場合、4.2カ月で平均約10,000フォロワー増えるというスピードです。上の画像のとおり、場合によっては1カ月で約3,700フォロワー増加するケースもあります。運用代行を使わずに自社で運用した場合1カ月で1,000人フォロワーが増えたら良い増加スピードと言われています。

    一般的に、自社で独学の運用を進めた場合、1カ月で1,000人フォロワーが増えたら良い増加スピードと言われています。しかし、一例ではありますが、プロに運用を頼むことで上記の画像のように、一カ月で約3,700人フォロワーが増えるという成果を出すことが可能です。

    運用代行を使うことで、自社で運用するより大幅にフォロワーの増加スピードが上がるため、すぐに成果を出したいと考えている企業は運用代行を依頼するのが良いでしょう。

    自社のアカウントが伸びない理由が分からない

    アカウントを運用しているものの、なかなか伸びずに悩んでいる企業は多くいます。そのような企業がまず行うべきは「アカウント診断」です。アカウント診断とはプロがアカウントの状態を分析し、どうすれば集客できるようになるか、どんなことを投稿すれば良いかを教えてくれるサービスです。実際にSAKIYOMIでもこのアカウント診断を実施しています。

    運用代行では、アカウント運用の方向性やコンセプトを決める戦略設計から効率の良い運用まで行ってくれます。Instagramマーケティングのプロが行ってくれるためフォロワーが増えないという問題を解決できます。

    また、運用代行は、運用を代行するだけでなく、代行期間中のアドバイスもしてくれます。そのアドバイスを参考に運用をすれば代行期間後にいきなりフォロワーが減るという可能性は低いです。

    アカウント運用が苦手な方は、運用代行に依頼すると良いでしょう。

    ビジネスで使えるアカウントを運用したい

    自社のターゲットにあった集客をしたいという企業にも、運用代行がおすすめです。

    プロに運用を任せることで、最終的な運用目的から逆算して、アカウントの運用戦略を立案してくれます。戦略を立てずに運用すると、本来の求めているターゲットと少しズレた層を集めてしまう場合があります。一度運用をスタートしてしまうと初期のアカウントの方向性やコンセプトは、途中から変更しにくい部分なためプロに任せて作り込んでもらうのがおすすめです。

    SAKIYOMIの場合はアカウント運用に運用専門のチームが1カ月かけて良いコンセプトを作り込みます。そのため、集客のターゲットがズレることなく運用することが可能です。

    運用代行を活用することで、ビジネスで高い効果を発揮するアカウントを育成できます。ビジネスで使えるアカウントが欲しいと思った時が運用代行を検討するベストなタイミングです。マーケティングでInstagramを活用しようと考えている企業は運用代行を依頼することをおすすめします。

    Instagramの運用代行で期待できるメリット・デメリット

    プロにInstagramの運用を任せれば、自社の工数を抑えながら高いパフォーマンスでInstagramを運用できます。

    しかし一方で、運用代行を頼むことで成果が出るまでのコストが発生するなど、知っておくべき注意点もあります。しっかりと先を見据えて運用代行を依頼するかどうかの判断をしましょう。

    Instagram運用代行5つのメリット

    Instagram運用代行を依頼することによるメリットは主に以下の5つです。

    ⦅instagram運用代行のメリット⦆

    • プロが分析から運用まで行ってくれる(高いマーケティング効果を期待できる)
    • 時間を節約できるため、本業に集中することができる
    • 「アカウント停止」や「炎上」などのリスクを軽減することができる
    • 幅広いサービスを自分の戦略に応じて選択できる
    • 定期的な投稿が可能となる

    メリット(1)プロが分析から運用まで行ってくれる(高いマーケティング効果を期待できる)

    運用代行を依頼すれば、プロがクオリティの高い投稿の提案や分析・改善と、知識や経験を活かしたハイレベルな運用を行ってくれるため、マーケティング効果の改善が期待できます。

    今のInstagramアルゴリズムでは投稿の質が重視されるため、

    • ユーザーに響く投稿はどのような内容か
    • 効果的な見せ方はあるか
    • KPIを正しく分析し投稿の質を上げていけるか

    といった知識を持っているかどうかはフォロワー増加・保存率といった重要指標の改善に直接影響してきます。

    自分の手で運用すると、トレンドから外れた運用をしていたり、効果的な施策を知らないまま運用していたりしがちですが、運用代行を依頼すればそのような心配も不要となります。

    メリット(2)工数を削減できるため、本業に集中することができる

    Instagramを社内だけで運用するには、非常に多くの工数を割かなくてはいけません。アカウントが衰退しないための高頻度の投稿は勿論、早期に成果を求める場合はキャンペーンや広告の実施も必要です。

    それらをSNS集客以外の本業に取り組みながら並行するのは至難の業。

    しかし運用代行を依頼すれば社内工数を削減できるため、本業に集中しながらInstagramを効率的に運用することが可能となります。

    メリット(3)「アカウント停止」や「炎上」などのリスクを軽減することができる

    Instagramアカウントには、アカウント停止や炎上のリスクが常について回ります。知識や経験が不足している場合、どのような運用がそれらのリスクに繋がるか、判断できないことも多いでしょう。

    特に近年はInstagramのプライバシーポリシーやガイドラインに対する規定が強まっています。

    「プレゼントキャンペーン」は多くの企業が選択肢として検討する手法ではありますが、表現の仕方によってはポリシー違反となってしまう恐れもあります。

    しかし、Instagramの運用代行のプロは数多くの事例の分析から「どう言った表現がポリシー違反になるのか」「なぜ炎上してしまうのか」を心得ていますので、リスクを軽減しながら運用を行えるでしょう。

    メリット(4)幅広いサービスを自社の戦略に応じて選択できる

    運用代行は何もすべてを丸投げするだけのサービスではありません。

    勿論、全ての運用を委託することもできますが、自身が基本的な運用を手掛けつつ提案やアドバイスを受けることも可能ですし、写真や動画の撮影、加工、キャンペーンや広告を打ってもらうことも可能です。

    コンサルティング的な立ち位置として、幅広いサービスを自社の戦略に応じて選択できる強みがあります。

    メリット(5)リソースに左右されずに1日2本投稿が可能となる

    フォロワーとの親密度の高いInstagram運用を行うためには、継続的な投稿が求められます。

    業界やサービス、投稿によって最適な投稿回数はさまざまで、多ければいいというものではありません。しかし、何週間も投稿がされないアカウントはフォロワーも離れていきます。

    基本的に成果につながっているアカウントは、最低1日1投稿、多くの場合は1日2投稿が基準となっていることも事実でしょう。

    また、Instagramのアルゴリズムでは情報の鮮度も重視されるため「情報が新しい」ほどユーザーに届く可能性が広がります。

    引きの強いネタを掴んでいるのに、投稿作成がなかなか出来なくて世間の関心が薄れてしまった…というのはよく耳にする失敗です。

    本業がある中でInstagram運用に割ける時間は限定的であるため、一定のペースで投稿を行うのは中々ハードルが高いでしょう。運用代行を利用すれば、直接的な手間をかけることなく定期的な投稿が可能となります。

    Instagram運用代行3つのデメリット

    運用代行はメリットも大きいものの、注意点やデメリットといえるものも存在します。

    これらの内容をメリットと比較して許容できるかどうかで、利用するかの判断基準とするのがよいでしょう。

    ⦅instagram運用代行3つののデメリット⦆

    • コストがかかる
    • アカウントのイメージが変わるリスクがある
    • 社内に経験やノウハウが蓄積されない

    デメリット(1)コストがかかる

    Instagram運用代行の最大のデメリットというか注意点は、収益化が出来るまで重めのコストが発生する点にあります。

    運用代行は、月額相場では最低でも数十万円単位、それが最低契約期間の間継続して発生するのが一般的です。

    初めて依頼をする際には自社の想定予算をしっかりと運用代行会社に伝えた上で、最適なプラン提案を求めましょう。

    デメリット(2)アカウントのイメージが変わるリスクがある

    Instagramの運用を全て代行業者に任せると、自社のアカウントのイメージが変わってしまう可能性もあります。

    そのような事態を防ぐためには、ブランドイメージをしっかりと共有し、定期的なアカウントチェックを実施するのが効果的です。

    何から何まで全部お任せしておけば自動的に成果を出してくれる、というものではありません。自社ブランドは社内担当者の方が一番理解しているので、その情報をしっかりと渡し、定期的なフィードバックをすることは重要です。

    デメリット(3)社内に経験やノウハウが蓄積されない

    Instagram運用代行会社へ全て委託すると、時間や手間がかからない一方で、社内に経験やノウハウが蓄積されません。

    運用代行会社もノウハウを販売しているわけではないからです。

    社内ノウハウよりもまず成果を出したい!という企業が多いと思いますので、ここで躊躇することはあまりないと思います。

    ただし、その点を鑑みてInstagram運用のノウハウをある程度共有してくれる代行会社も中にはあります。

    もし、社内でもしっかりと経験や運用ノウハウを蓄積させたい場合は、その旨をヒアリング時に担当者へ伝えましょう。

    Instagramの運用代行を依頼した場合の費用相場

    デメリットの章を見ていただいて「多額の費用がかかるって一体どの程度…?」と心配になったかもしれませんが、運用代行を利用する場合、どの程度の業務を任せるかで費用は異なります。

    また、Instagram運用代行には「最低契約期間の縛り」があり、その期間が長くなればなるほどトータルコストがかかってきます。

    ですので、どの程度の期間依頼するかは予め想定し、見積もり依頼時に提示しておきましょう。

    運用代行の一般的な費用相場と対応内容は以下の通りです。

    業務内容料金相場概要
    全て含めた月額運用代行費の相場月額20万円~100万円程度Instagramの運用代行の業務すべてを委託する場合、見積もり等をしっかりと確認しましょう。
    提示された代金に含まれる業務内容も、希望のものがすべて含まれているかチェックしてください。
    Instagram運用代行の初期費用0~30万円初期費用が高い運用代行会社に依頼すると、想定以上の費用がかかってくるリスクがあるため注意が必要です。
    Instagram運用のコンサルティング費用月額10~30万円程度Instagramの運用代行会社から企画の立案や投稿テーマ決め、運用改善などのコンサルティングを受けることが可能となります。
    Instagramへの写真・動画投稿のコンテンツクリエイティブ月額10~40万円程度、1投稿当たりは2,980円~30,000円程度文字入れや加工、編集などを行い、ユーザーの関心を惹いたりアクションを起こしやすい写真や動画をクリエイティブしてくれます。1投稿当たりの料金幅が広い点には注意しましょう。
    Instagramのハッシュタグ選定や投稿文作成月額5~20万円程度ユーザーに刺さりやすい投稿文の作成や、自社の投稿に最適なハッシュタグの選定や提案を行ってくれます。
    Instagramへの投稿代行月額5~20万円程度Instagramへの投稿代行を依頼すれば、自分は時間を割くことなくInstagramへの定期的な投稿を行うことができます。
    Instagram広告新規リーチ月額5~50万円程度見栄えだけでなく、分析と改善を繰り返した質の高い広告を打てるため、より効果的に新規リーチを獲得することが可能となります。
    Instagramキャンペーン1回のキャンペーンで10万円~100万円程度プロに依頼すれば、自社のアカウントのカラーや目的に合った、高い効果が見込めるキャンペーンの提案を受けることができます。ただし、キャンペーンの価格帯は幅広いため、キャンペーンを重視する場合はできるだけ1回当たりの費用が安い運用代行会社を選択しましょう。

    それぞれ詳しく解説していきます。

    全て含めた月額運用代行費の相場(20〜100万円)

    まず初めにざっくりと全体の合計金額の相場からです。

    こちらは会社によって業務範囲が異なるので幅が広いですが、「20〜100万円」が相場です。

    これだと正直参考にしづらいかと思いますので、あえて絞るのであれば、Instagramの集客に必要な内容全てを含めて「40〜60万円」を相場の一つの基準としてみてください。

    これより低い場合は、運用業務の一部がカットされていたり、投稿頻度が少ないことが多いです。

    逆にこの相場より高い場合は、+αの施策があるプランか、もしくはそれ相応の高いサービス力があるという強気の価格設定と考えて良いでしょう。

    いずれにせよ、実際に運用内容を聞いてみないと一概にコスパがいいのかどうかは判断できません。以下に続く項目ごとの費用の相場と照らし合わせながら、自社にあったサービスを探してみてください。

    初期費用(0~30万円)

    Instagramの運用代行の初期費用相場は、「0~30万円程度」です。

    運用代行は、場合によっては月額10万円以下という低コストでも、記事作成や投稿といった簡単な運用を依頼することは可能となっています。

    ただし、初期費用が高い会社に依頼すると見積もり外対応等で想定以上の費用がかかるリスクもあるため、コストパフォーマンスを重視する場合は初期費用の金額に注意してください。

    Instagram運用のコンサルティング(月額5~30万円程度)

    自社で投稿や更新を行う場合、運用代行会社から企画の立案や投稿テーマ決め、運用改善などのコンサルティングを受けることで結果を生みやすくなります。

    また、しっかりと成果に繋がる運用を行えているか、効果測定を行ってもらうことも可能です。相場は、月額「5~30万円程度」となっています。

    Instagramへの写真・動画投稿のコンテンツクリエイティブ(月額10~40万円程度、1投稿当たり2,980円~30,000円程度)

    Instagramを運用する上で、最も重要ともいえるのが写真・動画投稿のコンテンツクリエイティブです。アカウント運用企業の多くはABテストを重ねてクリエイティブを改善し、勝ちパターンを見つけ出すことに苦労しているのではないでしょうか。

    運用代行会社へ依頼することで、ただ写真や動画を撮影するだけではなく、文字入れや加工、編集などを行い、ユーザーの関心を惹いたりアクションを起こしやすい写真や動画をクリエイティブしてくれます。

    料金相場は、月額「10~40万円程度」です。

    ただし、1投稿あたりになると「2,980円~30,000円程度」と料金の幅が大きくなる傾向にあるため注意してください。

    ハッシュタグ選定や投稿文作成(月額5~20万円程度)

    運用代行業者では、投稿文の作成はもちろん、ハッシュタグの選定も行ってくれます。ハッシュタグの反応は無料のInstagramインサイト(公式の分析アプリ)では見ることができず、目視でチェックするしかありません。

    そのため、高機能分析ツールを使わないと自社ブランドハッシュタグの反応や、競合のハッシュタグを定量的に見ることは難しくなります。

    その点、運用代行ではビッグデータを分析し、最適なハッシュタグを選定・提案してもらえます。

    ハッシュタグ選定・投稿文作成の料金相場は、月額「5~20万円程度」です。

    Instagramへの投稿代行(月額5~20万円程度)

    上述の通り、Instagramへの投稿代行を依頼すれば、自社で工数を割くことなくInstagramへの定期的な投稿ができます。

    また、運用のプロフェッショナルは、分析と改善を繰り返すことで日に日に投稿の質を高めていってくれます。

    料金相場は、月額「5~20万円程度」となっています。

    ただし、運用代行会社によっては投稿する曜日や時間によって別料金が発生するケースもあるため、オプション費用の有無についてはしっかりと確認しておきましょう。

    Instagram広告新規リーチ(月額5~50万円程度)

    運用代行会社は、広告を打つことでリーチ数を増やし、早期的なフォロワー数の増加などを目指す施策も行っています。

    分析と改善を繰り返した質の高い広告を打てるため、より効果的に新規リーチを獲得することが可能です。

    また、広告の種類も複数あり、

    • ホームページへの誘導を目的とした「リンク広告」
    • 動画付きの「動画広告」
    • 縦型のフルスクリーンの「ストーリーズ広告」

    などの中から、アカウントのカラーや目的に合った広告を打つことが可能となっています。

    料金相場は、月額「5~50万円程度」です。

    ただし、広告を代行する代行費用以外に、「実広告費」が別に発生するケースもあるため、その点は確認が必要です。

    Instagramキャンペーン(1回のキャンペーンで10~100万円程度)

    定期的にInstagramキャンペーンを開催するのも、早期的にフォロワー数増加など目に見える成果を出すために大変有効です。

    ただし、闇雲にキャンペーンを行っても効果は薄いでしょう。

    プロの運用代行に依頼することで、自社ブランドのカラーや目的に合った、高い効果が見込めるキャンペーンの提案を受けることができます。

    費用相場は、1回のキャンペーンで「10~100万円程度」です。業界でもなかなか幅広い価格設定となっているため、もしキャンペーンを最重要視する場合はキャンペーンの費用が安い運用代行会社をひとつの基準として選びましょう。

    必ずチェックしておきたいインスタ運用代行を選ぶ際の3つのチェックポイント

    運用代行では、いいねやフォロワーを稼ぐことを第一の目的として運用する場合があります。数字だけを目的とした運用代行には注意しましょう。特に個人でやっている運用代行に多いですが、フォロワーを買って数字だけ増やすというものがあります。

    いいねやフォロワーというのは、アカウント運用の先に付いてくるものです。フォロワーを買うなど数字だけをみて運用をしてしまうと集客や販売で効果を出すことができません。

    運用代行に依頼し、フォロワーは増えたけど、売上やCV数が増えないという場合は間違った運用をしています。運用代行に依頼する際は、実績をしっかり確認する事が大切です。

    過去の実績を確認することで、依頼する運用代行会社が信頼できるかどうかを判断することができます。

    そこで本章では、インスタ運用代行サービスを選ぶ際のチェックポイントを3つ紹介します。

    依頼したい業務に対応できるか? 

    インスタ運用代行サービスを選ぶ際の1つ目のチェックポイントは「依頼したい業務に対応できるか?」です。 

    動画・画像制作、コメント返信、インフルエンサーアサインなどを部分的に代行してくれる企業や、インスタ運用をまるっと請け負う企業、運用代行ではなく分析や課題抽出だけを行う企業などさまざまです。

    自社のインスタ運用で課題となっている点を明らかにし、依頼したい業務を把握した後、その業務に十分対応できる業者に依頼しましょう。

    費用に納得できるか?

    インスタ運用代行サービスを選ぶ際の2つ目のチェックポイントは「費用に納得できるか?」です。 

    本記事前半で記載した運用代行の一般的な費用相場と比較して、費用が妥当かどうか確認しましょう。また、企業によって料金体系は異なります。

    初期費用が必要な企業もあれば、広告出稿に別料金が発生する企業もあります。

    契約した後にトラブルにならないように、不明点がある場合は事前に直接解消しておきましょう。

    自社と類似した企業事例があるか?

    インスタ運用代行サービスを選ぶ際の3つ目のチェックポイントは「自社と類似した企業事例があるか?」です。

    業界によって求められるコンテンツ内容はさまざまです。

    アパレル業界でコーディネートや商品などのクオリティの高い写真を求めるのであれば、撮影や画像加工に定評のある業者に依頼すべきです。

    あるいは、フィットネスのように動画を通して魅力を伝えたいのであれば、動画制作を得意としている業者に依頼すべきでしょう。

    同じ写真や動画を利用するといっても、業界ごとに効果的な撮影方法や加工方法は異なるのです。

    すでに自社と類似した企業事例があれば、その業界で効果的なアプローチ方法を熟知していることになります。

    ただ企業事例を確認するのではなく、その業界を熟知しているのかどうかもチェックすることをおすすめします。

    お待たせしました。それでは、おすすめのInstagram運用代行会社6社の特徴や各種代行費用をご紹介していきます!

    SAKIYOMI

    弊社が提供する「SAKIYOMI」は、なんといってもフォロワー増加数といった「成果の再現性の高さ」が非常に優れているInstagramの運用会社サービスです。

    1万フォロワー達成までの平均期間は4.2ヶ月と、ここまでのスピード感でフォロワーを増やせる企業は他にないのではないでしょうか。

    SAKIYOMIはSNSの中でもInstagramに特化し、これまで合計350万フォロワーのアカウント運用を通じて、100以上の独自の運用セオリーを蓄積しております。

    Instagramのアルゴリズムに基づいて成果にこだわる運用代行を強みとしており、顧客の求めるフォロワー層を高い確率で獲得することができます。

    代行実績の中には、半年で20万フォロワーを獲得した事例もあり、実績面で比較するのであれば圧倒的と言えるでしょう。ぜひ他社様の実績とも比較してみてください。

    他にも「手数料無料でインフルエンサーアサインが可能」なので、費用を抑えて早期フォロワー獲得ができるのも強みです。

    プランの中には、「Instagram集客」を実現するために必要な全ての運用業務が含まれています。

    プロに頼むからには、最短でフォロワー増加や売上増加につなげたい!という企業様にぜひおすすめです。

    《SAKIYOMIの特徴》

    • 1万フォロワー達成までの平均期間は4.2ヶ月と、最短でフォロワーを増やせる
    • Instagramのアルゴリズムを考慮した運用代行を行い、自社の求めるフォロワー層を高い確率で獲得できる
    • 手数料無料でインフルエンサーアサインが可能
    • 本格的な運用代行を依頼する場合、Consulting Planより上位の検討がおすすめ
    プラン名費用業務内容
    Consulting Plan5万円/月・2か月に1回1時間のレポーティング+コンサルティング(チャットツールにて何度でも質問が可能)・マーケティングツール(SAKIYOMI)の利用
    Small Plan35万円/月・戦略策定・PDCA実施・フィード投稿:1回/日・ストーリーズ:1回/日・インスタライブ:1回/月・プレゼントキャンペーン
    Standard Plan50万円/月・戦略策定・PDCA実施・フィード投稿:2回/日・ストーリーズ:2回/日(Newport,エンゲージメント施策)・リール:2回/月・インスタライブ:1回/月・プレゼントキャンペーン

    テテマーチ

    ※画像引用:テテマーチ

    「テテマーチ」は、創業してから約6年の間で、SNSに携わる700社以上のプランニングを行ってきた実績のある運用代行会社です。

    テテマーチの強みは、手厚い運用体制にあります。

    1案件に対し、プランナーやプロジェクトディレクター、コンテンツディレクター、ライターやクリエイターなど目的に必要な人材を確保し、ハイレベルなプロジェクトチームが運用代行を行ってくれます。

    また、27,000アカウントを超える「SINIS」のビッグデータを活用した上で分析や改善を実施してくれる点も、テテマーチの魅力です。

    《テテマーチの特徴》

    • SNSに携わる700社以上のプランニングを行ってきた実績がある
    • 運用体制が非常に手厚い
    • 総じて費用が高め
    • ビッグデータを元に、裏付けのある分析や改善を行ってくれる
    プラン名費用業務内容
    クリエイティブサポートプラン40万円/月(初期費用25万円)投稿企画・管理、クリエイティブ企画、クリエイティブ制作
    インハウスサポートプラン40万円~/月(初期費用40万円)コンセプト設計、運用マニュアル作成、投稿企画・管理、運用レポート、定例ミーティング
    トータルサポートプラン100万円~/月(初期費用40万円)コンセプト設計、運用マニュアル作成、投稿企画・管理、投稿作成・代行、運用レポート、定例ミーティング、クリエイティブ企画、クリエイティブ制作

    ソーシャルメディアラボ

    ※画像引用:ソーシャルメディアラボ 

    「ソーシャルメディアラボ」は、業界大手の運用代行会社です。2009年からSNSマーケティングに携わってきており、企業アカウントの運用実績は500社超にのぼります。

    また、24時間365日の監視体制を徹底しており、ガイドラインも策定、リスクを最大限防止しています。

    一方で、ソーシャルメディアラボには「固定のプラン等が存在しない」という特徴もあります。実際に問い合わせを行うまでどの程度のコストがかかってくるか把握できないため、依頼を検討する際にはその点も加味してください。

    《ソーシャルメディアラボの特徴》

    • 業界最大手の運用代行会社であるため、信頼性が高い
    • リスク防止が徹底された、安全なInstagram運用に期待できる
    • 自社の課題やニーズに合った、最適な提案を受けることが可能
    • 実際に問い合わせるまで、費用の目途が立ちづらい
    費用業務内容
    都度見積もり(最低契約期間は6ヶ月~)ソーシャルメディアラボは、固定プランが存在せず、都度見積もりとなっています。依頼を希望する場合は、まずは問い合わせを行ってみましょう。ただし、最低契約期間は「6ヶ月から」となっているため、その点は留意しておいてください。

    ホットリンク

    ※画像引用:ホットリンク

    「ホットリンク」の最大の特徴は、AIによるソーシャル・ビッグデータ分析を軸に運用代行支援を行う点にあります。ビッグデータを活用し、仮説検証や最適なプロモーション提案などを行ってくれるのです。

    また、Instagram運用の支援だけでなくTwitter運用の支援も行なっている点も特徴的です。

    固定プランが存在せず、都度見積もりとなっていますので、気になる方はぜひお問い合わせして相談してみてください。

    《ホットリンクの特徴》

    • AIによるソーシャル・ビッグデータ分析を軸に運用代行支援を行ってくれる
    • コンサルティング、マーケティング、データ分析のスペシャリストが在籍している
    • SNSマーケティング全般を支援している
    費用業務内容
    都度見積もり固定プランが存在せず、都度見積もりとなっています。依頼する代行範囲などによってコストは変わってくるため、詳細は問い合わせてしっかりと確認してください。 

    Find Model(ソーシャルワイヤー)

    ※画像引用:Find Model

    「Find Model」は、東証マザーズ上場の「ソーシャルワイヤー株式会社」に吸収合併されたインフルエンサーマーケティング事業ブランド。

    インフルエンサーマーケティングを主軸にしており、影響力を持つクリエイターに商品のプロモーションを行ってもらえるのが強みです。

    SNSアカウント運用代行の実績も豊富で、運営する「InstaLab(インスタラボ)」は月間180万PVを超える人気を博しています。

    また、コンセプト設計から画像や動画の作成、投稿、レポーティングまで幅広いサービスの提供を受けることが可能です。

    《Find Modelの特徴》

    • 大きな影響力を持つクリエイターに商品のプロモーションを行ってもらえる
    • 実績が豊富にあるため、安心して依頼することができる
    • 中間マージンを極力排除した低コストでインフルエンサーを活用できる
    • 固定プランであるため、部分的な依頼を行いにくい
    プラン名費用業務内容
    ライトプラン10万円/月サポートデスク、レポート作成、改善/施策MTG、DM/コメント返し
    スタンダードプラン20万円~/月サポートデスク、投稿代行、投稿文作成、レポート作成、改善/施策MTG、DM/コメント返し
    プレミアムプラン30万円~/月画像作成・編集、動画作成・撮影・編集、サポートデスク、投稿代行、投稿文作成、レポート作成、改善/施策MTG、DM/コメント返し

    HELP YOU

    ※画像引用:HELP YOU

    「HELP YOU」では、採用率1%という狭き門を突破したアシスタントチームメンバーがInstagramの運用代行を行ってくれます。

    利用する企業は「楽天」や「三井不動産」「サンケイリビング新聞社」などといった大手が並んでおり、平均継続利用率も公式サイトの記載によれば「98%」と高水準。

    料金プランは「通常プラン」と「カスタムプラン」の2種類のみとわかりやすいです。

    コストを気にせず、高い成果を重視する場合はカスタムプランがおすすめとなります。

    《HELP YOUの特徴》

    • 専属のディレクターにInstagramの運用代行を全て任せることができる
    • 料金プランが、「通常プラン」と「カスタムプラン」の2種類のみと非常にシンプル
    • 平均継続利用率が高く、取引先にも大手企業が並ぶため安心して利用できる
    • カスタムプランの費用は、実際に依頼するまでわからない
    プラン名費用
    通常プラン10万円/月(契約期間は6ヶ月~で、実働時間は月30時間)
    カスタムプラン費用は業務内容のカスタム次第で変化

    ■各運用代行の業務内容と費用まとめ表

    会社名費用業務内容(概要)
    SAKIYOMI・Consulting Plan:5万円/月・Small Plan:35万円/月・Standard Plan:50万円/月
    ・Consulting Plan:2ヶ月に1回1時間のレポーティング+コンサルティング(チャットツールにて何度でも質問が可能)、マーケティングツール(SAKIYOMI)の利用
    ・Small Plan:戦略策定・PDCA実施、フィード投稿:1回/日、ストーリーズ:1回/日、インスタライブ:1回/月、プレゼントキャンペーン
    ・Standard Plan:戦略策定・PDCA実施、フィード投稿:2回/日、ストーリーズ:2回/日(Newport,エンゲージメント施策)、リール:2回/月、インスタライブ:1回/月、プレゼントキャンペーン
    Premium Plan:オリジナル投稿2/月、オリジナルストーリーズ2/月※Standard Planでの運用に加えて、収益化に向けた業務を行ってくれます
    テテマーチ・クリエイティブサポートプラン:40万円/月(初期費用25万円)・インハウスサポートプラン:40万円~/月(初期費用40万円)・トータルサポートプラン:100万円~/月(初期費用40万円)・クリエイティブサポートプラン:投稿企画・管理、クリエイティブ企画、クリエイティブ制作
    ・インハウスサポートプラン:コンセプト設計、運用マニュアル作成、投稿企画・管理、運用レポート、定例ミーティング
    ・トータルサポートプラン:コンセプト設計、運用マニュアル作成、投稿企画・管理、投稿作成・代行、運用レポート、定例ミーティング、クリエイティブ企画、クリエイティブ制作
    ソーシャルメディアラボ・都度見積もり(最低契約期間は6ヶ月~)固定プランが存在せず、都度見積もりとなっています。依頼を希望する場合は、まずは問い合わせを行ってみましょう。ただし、最低契約期間は「6ヶ月から」となっているため、その点は留意しておいてください。
    ホットリンク・都度見積もり固定プランが存在せず、都度見積もりとなっています。
    依頼する代行範囲などによってコストは変わってくるため、詳細は問い合わせてしっかりと確認してください。
    FindModel(ソーシャルワイヤー)・ライトプラン:10万円/月・スタンダードプラン:20万円~/月・プレミアムプラン:30万円~/月
    ・ライトプラン:サポートデスク、レポート作成、改善/施策MTG、DM/コメント返し
    ・スタンダードプラン:サポートデスク、投稿代行、投稿文作成、レポート作成、改善/施策MTG、DM/コメント返し
    ・プレミアムプラン:画像作成・編集、動画作成・撮影・編集、サポートデスク、投稿代行、投稿文作成、レポート作成、改善/施策MTG、DM/コメント返し
    HELP YOU・通常プラン:10万円/月・カスタムプラン:業務内容のカスタム次第で変化・通常プラン:契約期間は6ヶ月~で、実働時間は月30時間
    ・カスタムプラン:カスタム次第で業務内容は変化

    Instagramの運用代行が開始されるまでの流れ

    運用代行のおすすめについてご紹介してきましたが、実際に依頼する場合、いつ、どのような流れで運用が始まるのか気になるところでしょう。

    期間については、運用会社を選定してからInstagramの運用がスタートするまでに、最低でも「2週間程度」はかかると想定しておいてください。

    Instagramの運用代行が開始されるまでのフローは以下の通りです。

    開始されるまでの流れ(1)依頼する運用会社の選定

    まずは、依頼するInstagramの運用代行会社を選定します。コスト面は勿論、運用実態や会社の強みも比較しながら決定しましょう。

    初めて運用代行を利用する場合は、複数社から提案や相見積もりを受けて比較することをおすすめします。

    開始されるまでの流れ(2)課題ヒアリング

    依頼する会社が決まったら、自社のInstagram運用に関する課題やゴール設定、ニーズのヒアリングが行われます。

    今後の大きな方向性が決まる段階であるため、しっかりとアカウント運用の目的や自社ブランドコンセプトを担当者に伝えましょう。

    開始されるまでの流れ(3)運用代行プランや見積もりの提案

    運用代行プランや見積もりが提案されます。(代行会社によっては、インフルエンサーの選定も行われます)

    また、会社によってはオプション代などが別途かかるケースもあるため、見積もりの中にはどこまでの費用が含まれているかをしっかりチェックしておきましょう。

    たとえば、

    • 投稿日や時間帯によっては追加費用がかかる
    • 広告の代行費用と実広告費は別請求
    • キャンペーン費用が高く設定してある

    などです。

    自社で運用に対してリクエストや強いこだわりがある場合は担当者に伝え、成果が出るまでにかかるであろうコストをある程度は予測を立てます。

    もし予算オーバーになってしまった場合、プランの再提案や別の運用会社に依頼することを検討してみましょう。

    開始されるまでの流れ(4)運用開始

    プランや見積もりが問題なければ、契約が締結されInstagramの運用代行が開始されます。

    また、ディレクション・投稿が開始された後は、レポートと共に分析や改善提案が行われ、よりクオリティの高い運用を目指していきます。

    Instagramの運用とはすぐに成果が出にくいものであるため、週単位の数値の動きで動揺しない中期的な目線が必要です。

    Instagram運用代行を失敗しない4つの注意点とは

    コストがかかる運用代行ですから、利用する側としては何とか成果を出したいところですよね。

    最後に、運用失敗のリスクを軽減させるための4つの注意点をお伝えします。

    • 自社のInstagramアカウントにどのような支援が必要かを理解する
    • 代行会社の強みを把握する
    • 運用の実態や会社の性質をチェックする
    • 安易に安価なフリーランスや個人代行に依頼しない

    1.自社のInstagramアカウントにどのような支援が必要かを理解する

    運用代行業者を選ぶ場合、自社アカウントの運用にはどのような支援が必要かを理解しておく必要があります。

    例えば自社アカウントの新規リーチを増やしたい場合は、広告運用や、インフルエンサーの起用に強い代行会社を選ぶべきということが浮かびますよね。

    バズらせる企画に強い会社とも考えられるでしょう。自社のInstagramアカウントに足りない要素を認識できていなければ、最適な代行業者を割り出すことは困難となってしまうのです。

    結果「よく分からないから運用を丸投げする」ことになり、発生するコストも増えてしまいます。

    それよりも、自社アカウントに足りない部分をピンポイントで補ってもらう方がコストも安く済み、自分たちで手掛ける分は社内ノウハウも蓄積されていくためおすすめです。

    2.代行会社の強みを把握する

    一方で、代行会社の強みを把握しておくことも重要です。自社アカウントに何が足りないかを理解しても、それを補う力のない代行会社に依頼しては問題は解決しません。

    WEBサイトや運営ブログ、担当者からの提案などを参考に代行会社の強みを把握しましょう。

    3.運用の実態や会社の性質をチェックする

    SNS運用代行会社の数は非常に多く、残念ながら中には運用の実態が伴っていなかったり、施策の成果が芳しくないケースもあります。

    • Instagramのアルゴリズムに沿った運用を行う
    • これまでに培ってきた分析力やノウハウなどを駆使する
    • 保持しているインフルエンサーネットワークを活用する

    など、しっかりと裏付けのある運用を実行してもらわなくてはかけるコストに見合いません。

    これまでの運用実績や、担当者の提案力などをヒントに運用の実態や会社の性質を確認してみてください。

    4.追加費用が明確になっているかチェックする

    費用情報が明確になってるかどうかも重要です。

    インスタグラムの運用代行は、業務内容や代行内容によって料金が異なります。総額だけでなく初期費用から月額料金まで確認しておきましょう。

    さらに追加の業務を依頼する際の費用感もしっかり明確になっているか確認するのも大切です。

    5.安易に安価なフリーランスや個人代行に依頼しない

    InstagramをはじめとするSNSマーケティングは、フリーランスや副業が盛んな領域であるとも言えます。

    ただ、ここに関しては正直あまりお勧めしません。

    というのも実態としては、情報商材レベルのノウハウしかないケースが非常に多く、信頼できる依頼先を探すことが非常に困難なのです。

    Instagramは正しく運用すれば必ず成果は出ますが、なんとなくで成果が出るほど甘くもありません。それどころか最悪のケースは、アカウントを通じて企業やブランドの評判が下がってしまうリスクさえあります。

    Instagramに本気で注力したい場合は、まずは今回紹介した法人サービスに話を聞いてみるといいでしょう。

    6.代行業者とのコミュニケーションを怠らない

    インスタの運用を代行してもらってるとはいえ、代行業者と自社の両者が協力しなければ満足いく成果を創出することはできません。

    インスタ運用は代行業者と自社が協力して初めて成功するのです。自社の課題や現状、要望を逐一共有して、インスタ運用を成功させましょう。

    また一切情報共有をせずに全ての業務を丸投げしてしまうと、自社にインスタ運用のノウハウが残りません。

    自社にインスタの知識を蓄積させるためにも、代行業者と連携することをおすすめします。

    運用代行以外にも検討をしたい…インスタ運営を成功に導くための2つの方法

    ここまで運用代行の費用や選び方などを解説してきました。運用代行のメリットは、投稿から分析までを一任するため、本業に集中できたり、高いマーケティング効果を期待できたりする点です。

    しかし、デメリットとして

    • コストがかかる
    • 社内に経験がノウハウが蓄積されにくい

    これらの点が挙げられます。では、高いマーケティング効果を生み出しつつ、自社にノウハウを蓄積するにはどのようにすれば良いでしょうか。

    本章では、このようなお悩みを解決する2つの手法をご紹介します。

    費用を抑えめにしたいならツールの導入がおすすめ

    運用代行のデメリットの1つにあたるコスト問題について、こちらはツールを導入することで解決できるかもしれません。なぜならツールを使えば、これまでの投稿からユーザーの反応が良かったものを発見し、再現性を高めやすくなるからです。SAKIYOMIの場合は、分析ツール単体プランを月10,000円でご利用いただけます。

    時間を費やす代わりにコストは削減したいという方は、ツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

    下記の記事は、無料のものから1万円程度で導入できるツールなど13個紹介していますので合わせてご覧ください。

    ▼参考記事:Instagram分析・運用ツール(無料・有料)13選!常に確認すべきKPIも紹介!


    また、総フォロワー350万人の運用実績のある弊社SAKIYOMIも月1万円からご利用いただけるプランをご用意しております。ツールの導入以外にも、運用に関してのお悩みをお聞かせください。

    将来的に社内完結させたいならコンサルがおすすめ

    • 「人的コストは自社で賄えるため、代行までは希望しないけれどインスタを伸ばすノウハウを教えてほしい」
    • 「将来的には自社でインスタ運用をできるようになりたい」

    これらのように考えている方は、コンサルを視野に入れてみても良いでしょう。

    コンサルなら「どのような投稿が伸びやすいのか」といった基礎的な部分をはじめ、戦略の立案やプロセスの改善を提案をしてくれます。そのため、インハウス化を視野に入れている方におすすめとなっています。SAKIYOMIでは、100,000円でコンサルプランのご利用が可能です。

    現在では、さまざまなサービスのインスタコンサルがリリースされています。コンサルを利用する場合は、それぞれの強みや特徴を把握して、自社にマッチしたものを導入しましょう。

    下記の記事では、おすすめのコンサルを6つ紹介していますので合わせてご覧ください。

    ▼参考記事:業界のプロが厳選!Instagramコンサル8社の費用と強みを徹底比較

    まとめ

    最後まで読んでいただきありがとうございました。

    効率よく、そして早期的にInstagram運用で成果を上げたいならば、運用代行会社を使うのは大変有効な手段です。

    ただし、運用代行会社への依頼は社内だけInstagramを運用するよりも大きなコストがかかります。

    そのコストに見合ったリターンは十分に望むことが可能ですが、運用代行依頼時には自社のアカウントの不足した点をしっかりと補ってくれる代行会社を選定していきましょう!

    《おすすめのInstagram運用代行》

    業務内容料金相場概要
    全て含めた月額運用代行費の相場月額20万円~100万円程度Instagramの運用代行の業務すべてを委託する場合、見積もり等をしっかりと確認しましょう。
    提示された代金に含まれる業務内容も、希望のものがすべて含まれているかチェックしてください。
    Instagram運用代行の初期費用0~30万円初期費用が高い運用代行会社に依頼すると、想定以上の費用がかかってくるリスクがあるため注意が必要です。
    Instagram運用のコンサルティング費用月額10~30万円程度Instagramの運用代行会社から企画の立案や投稿テーマ決め、運用改善などのコンサルティングを受けることが可能となります。
    Instagramへの写真・動画投稿のコンテンツクリエイティブ月額10~40万円程度、1投稿当たりは2,980円~30,000円程度文字入れや加工、編集などを行い、ユーザーの関心を惹いたりアクションを起こしやすい写真や動画をクリエイティブしてくれます。1投稿当たりの料金幅が広い点には注意しましょう。
    Instagramのハッシュタグ選定や投稿文作成月額5~20万円程度ユーザーに刺さりやすい投稿文の作成や、自社の投稿に最適なハッシュタグの選定や提案を行ってくれます。
    Instagramへの投稿代行月額5~20万円程度Instagramへの投稿代行を依頼すれば、自分は時間を割くことなくInstagramへの定期的な投稿を行うことができます。
    Instagram広告新規リーチ月額5~50万円程度見栄えだけでなく、分析と改善を繰り返した質の高い広告を打てるため、より効果的に新規リーチを獲得することが可能となります。
    Instagramキャンペーン1回のキャンペーンで10万円~100万円程度プロに依頼すれば、自社のアカウントのカラーや目的に合った、高い効果が見込めるキャンペーンの提案を受けることができます。ただし、キャンペーンの価格帯は幅広いため、キャンペーンを重視する場合はできるだけ1回当たりの費用が安い運用代行会社を選択しましょう。

    ここまで読んでいただき「プロに任せて最短で成果を出したい」「SAKIYOMIにInstagram運用を相談したい」と思っていただけた方は、ぜひまずは資料にて詳細をご確認ください。

    よくある質問
    Instagramで最短で成果を出したいです。どのようにすれば良いですか?

    成果を出すために最も重要なことは、正しい運用ノウハウを身につけることです。Instagram運用には「勝ちパターン」があります。だからこそ、独学で運用を行うよりも、プロの力を借りたほうが最短でアカウントを伸ばせるのです。
    実際にSAKIYOMIでは、累計400万フォロワーものアカウントを運用し、1年間で平均30,108人ものフォロワーを増加を実現してきました。

    とはいえ、プロの力を借りるといっても自社の状況によって利用するサービスは異なるでしょう。ご自身に合った運用方法を確認してみてください。

    運用代行会社はどのように選べば良いですか?

    • 依頼したい業務に対応できる
    • 費用に納得できる
    • 自社と類似した企業事例がある

    >> 詳しくはこちら

    >> おすすめの運用代行会社を見る

    おすすめの運用代行会社を教えてください。

    運用代行は決して安くないので、依頼するのであれば慎重に選ぶ必要があります。

    運用代行業者のなかには、いいねやフォロワーを稼ぐことを第一の目的としている場合があります。このような場合、数字だけを目的としているので、なかなか成果に結びつきません。

    そのため運用代行業社を選ぶのであれば、実績や費用感を見て判断する必要があるでしょう。

    数ある運用代行業社のなかでも特におすすめなのが以下です。

    1. SAKIYOMI(サキヨミ)
    2. テテマーチ
    3. ホットリンク

    などがあります。詳細は「おすすめInstagram運用代行6社の特徴を徹底解説!」で徹底的に解説していますので、ぜひご覧ください。

    Instagram集客に失敗し、悩んでいませんか?

    「Instagramを運用して集客したいけど、何から手をつけていいか分からない」
    「数値分析や改善のポイントがいまいち見当つかない」
    「Instagram運用をできればプロフェッショナルに任せたい」

    あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

    集客チャネルの拡大のためにInstagramを利用する企業は増えていますが、間違った方向性で投稿をいくら続けても、残念ながらフォロワー拡大には繋がりません。

    そこで今回は400万フォロワーを達成した知見に基づいて、プロが重視しているInstagramの運用ロジックを特別に公開いたします。

    プロと独学の運用ではなぜ10倍の差がつくのか?

    【本資料の概要】
    ・なぜ、今Instagram運用が重要なのか?
    ・Instagram運用の本質とプロが実践する運用ロジック
    ・ご支援プラン / ジャンル別の成功事例

    Instagram集客の成功に向けて、まずはプロの運用戦略をご確認ください。

    今すぐ資料を無料ダウンロードする
    今まで伸びなかったInstagramアカウントを「成果が出せる」アカウントに変えてみませんか?
    正しい運用ノウハウ SAKIYOMI