Instagramの運用代行にかかる費用を徹底比較!


「Instagramの運用代行を依頼したいけど、費用ってどれくらいなの?」

「運用代行の会社を比較したいけど、いまいち費用の基準がわからない。」

「Instagramの運用代行は、どんなことをしてくれるの?」

会社でInstagramの運用を始めるところが増え、それに伴いInstagramの運用代行をサービスとして提供する企業も増えてきました。しかし、実際にはどのようなことをしてくれて、どのくらいの費用なのか、比較してみないとわからないことが多いのも事実です。

私が所属する株式会社RadixでもInstagram運用代行サービスを提供しており、弊社だけで増加させたフォロワー数の合計は100万を超えました。

そこで今回は、Instagramの運用代行サービスについて、内容と費用、そしてRadixの運用代行サービスと他社サービスを比較した記事をお送りします。

この記事を読んでいただければ、運用代行サービスを利用するべきか否か、費用はいかほどなのか、どこの会社に依頼するべきかがわかるようになりますので、ぜひ最後までお付き合いください。

Instagramの運用代行とは?どんな人が検討すべき?

Instagramの運用代行とは、企業が運用するInstagramのビジネスアカウントを、Instagram運用のプロに任せて運用を代わりに行うサービスのことを指します。具体的な内容は後述しますが、コンサルティングだけを行ったり、運用を全て行ったり、金額に応じて広告運用やインフルエンサーの起用も行ったりと、さまざまなサービス内容で構成されています。

運用代行を検討してみてもよいと思うのは、以下に当てはまる方々です。

・Instagramのノウハウやナレッジがなく、何から始めれば良いのかわからない

・自社でアカウント運用を担当する者がいない(リソースが足りない)

・どの数値を重点指標として見るべきなのか分からない

・Instagramの運営により収益に直結するイメージが湧かない

こういった運用の全般から、運用する中での疑問点がある方は、運用代行に依頼する価値があるはずです。検討とお見積もりだけでしたら無料で行えますので、まずはお気軽にお声がけしてみてはどうでしょうか。

Instagram運用代行の費用の相場は!?何ができる?

実際のInstagramの運用代行の費用はどれほどでしょうか。相場と、その内容について解説いたします。

10万円以下

10万円以下の費用で提供される運用代行サービスの多くは、運用のコンサルティングです。実際の投稿業務などは自社で行い、運用するにあたってのアドバイスやサポートをレポーティングを中心に提供するサービスです。

運用する(投稿作業や投稿作成など)ための人的リソースに余裕がある企業は、10万円以下という費用の運用代行をお勧めします。

また一部サービスでは、DM対応やコメント対応といった部分での運用代行もあるようです。

20万~30万

20万円〜30万円の費用だと、投稿の代行や簡易なレポーティングを提供する運用代行サービスが多いです。Instagramの運用代行と呼ばれるサービスは、比較的この費用で提供している企業が多いイメージです。

投稿作業を依頼し、それ以外のキャンペーンやインスタライブといった施策は自社で行う形で一般的です。そのため、人的リソースは数名確保できるが、作業になる運用部分は外注したいという企業におすすめです。

50万以上

50万円以上の費用になると、運用に関する全てを依頼するのが一般的です。投稿作業はもちろん、レポーティングやストーリーズの運用、広告運用、企画など、Instagram運用におけるあらゆる方面での業務を任せる形になります。

人的リソースが割けない、プロに全てお任せしたいという企業はこのくらいの費用は必要になってくると考えてください。

以下の表で費用と内容を早見できるので、そちらを参考にInstagramの運用代行を検討してみてください。

運用代行を比較・検討する際の費用以外のポイントとは?

費用と内容に関しては上述しましたが、それ以外にはどのような観点からInstagramの運用代行を比較検討したらよいのでしょうか。4つの観点から解説します。

サービスの質

1つ目の比較検討ポイントは、サービスの質です。Instagramの運用に対してどれほどの知識や知見を持ち合わせているのかによって、サービスの質が変化してきます。

例えば、Instagramの運用を成功させるには、Instagramのアルゴリズムを理解している必要があります。しかし、運用代行サービスを提供している企業に多く見られるのは、「ただ投稿を作成するだけ」「とりあえずインフルエンサーをアサインするだけ」といった投げやりなサービスです。

SAKIYOMIの他の記事を読んでくださっている方ならわかると思いますが、Instagramには伸びるためのしっかりとしたロジックがあり、それに則って行わなければ成果は出ません。

そのため、どのような施策を使ってリーチを増やし、フォロワーの増加にまでつなげていくのか、最終的にそのフォロワーからどのように売り上げにつながっていくのかを説明できないサービスは質が低いと言わざるを得ません。

費用が安かったとしても、成果が出なかったら意味がありませんので、サービスの質が重視しましょう。

費用

2つ目の比較検討ポイントは、サービスの費用です。これは非常にシンプルで、自社が得たい成果と費用、そして自社が割くことのできるリソースを天秤にかけて運用代行を選択しましょう。

運用代行サービスの中には、上述した費用の相場から大きく離れて法外な費用を提示する企業もあります。そういった企業は果たしてその費用を払うだけのサービスが提供できるのか、しっかりと見分けてからサービスを利用しましょう。

アカウント運用の実績

3つ目の比較検討ポイントは、これまでのアカウント運用の実績です。Instagramの運用代行サービスは年々増加しており、実績がない状態でも嘘の実績を掲げてサービスを展開する企業も散見されます。

運用の実績が嘘か否かを見分けるのは非常に難しいですが、可能であれば運用してきたアカウントを教えてもらう、もしそれができないのであればサービスに関する知見を存分に聴きましょう。

本当に成果が出せる運用代行サービスであれば、多少のノウハウを企業に伝えたとしても損失にはなりません。その運用代行サービスが信頼のおけるものかどうかをしっかりと見分けましょう。

企業によって得意/不得意のフェーズがある場合もあるので注意

最後の比較検討ポイントは、その運用代行サービスの得意不得意を聞くことです。運用代行サービスの中には、大手企業の運用をしているから実績があると謳う企業があります。

しかし、大手企業のようにブランド力や認知度があるアカウントの運用は非常に簡単であり、0からアカウントのコンセプトを細かく設定する必要がほとんどありません。また運用代行サービスによって、成果を出しやすいジャンルも変わってきます。

なぜならば、運用をするのは人であり、人にも得意ジャンルの違いが少なからずあるからです。必ず過去にどのようなアカウントの運用をしてきたのか、どれほどフォロワーの伸ばしてきたのかを聞くようにし、自社のフェーズにあった運用代行サービスなのかを見極めましょう。

費用も含め圧倒的満足度!!RadixのInstagram運用サポートとは!!

数ある運用代行サービスの1つとして、Radixの運用代行サービスについてご紹介いたします。おそらく他の企業の運用代行サービスも検討していらっしゃると思いますので、ぜひ比較検討の材料にしてください。

運用代行サービス内容

実施している運用代行サービスの内容は以下の通りです。

アカウント設計

・コンセプトメイク、トンマナ設計
・カスタマージャーニーマップの作成

アカウント運用&各施策

・投稿作成
・リール投稿の作成
・ストーリー施策の作成
・キャンペーンの企画
・インスタライブ企画、運営
・Instagram広告の運用
・インフルエンサーによるブースト

費用ごとの運用代行サービスの内容は以下の画像をご覧ください。

ポイント

Radixの運用代行サービスの特徴は、ただの運用代行ではなく、Instagramのアルゴリズムを考慮した運用代行です。上述したように、ただ投稿し続けていても成果に繋がることはありません。

リーチ数を獲得し、フォロワー数を増加させることで、初めてInstagram運用を行う意味があります。また、企業様によって獲得したいフォロワー層に違いが出るため、最終的な目的に即したターゲットを獲得できるよう運営していきます。

これらは全て、100社以上の運用代行とコンサルティングを行ってきたことにより培ったノウハウにより実現できたものです。もしご興味のある担当者さまがいらっしゃいましたら、お気軽にお声がけくださいませ。

半年で20万フォロワー!圧倒的運用実績!!

最後に、弊社の運用実績を画像とグラフを元に紹介いたします。

まとめ

Instagramの運用代行サービスについて、費用とその内容について紹介してきました。

Instagramの運用代行サービスを利用した方がいい企業さまの特徴としては、以下の通りです。

・Instagramのノウハウやナレッジがなく、何から始めれば良いのかわからない

・自社でアカウント運用を担当する者がいない(リソースが足りない)

また運用代行サービスは費用に応じて、内容が大きく変動するため、紹介した表を元に比較検討してみてください。

さらに運用代行サービスを比較検討する際は「サービスの質」「費用」「実績」「得意不得意」も考慮しましょう。自社に合っている運用代行サービスが必ずあるはずですので、焦りは禁物です。

最後に、SAKIYOMIを運用するRadixの運用代行サービスもご紹介しました。

Instagram運用支援サービスはこちら

実績もあり、成果につながる運用がお約束できますので、ご興味がおありの方はぜひ個別相談会にお越しくださいませ。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

2019年11月に株式会社Radixに入社。就活支援事業部にてCA・法人営業を経験したのちに、Instagram運用支援事業(SAKIYOMI)の立ち上げ時にジョイン。計4アカウントのInstagram運用を行い、その後マーケティング領域の立ち上げを行う。現在はマーケティングの責任者として、幅広く活動。Twitterでも、ノウハウを積極的に発信中。フォロワーは現在約6000人。