Instagramのショッピング機能(Shop Now)でECサイトを連携可能に!導入方法を解説!


「Instagramのショッピング機能を使いたいけど、いまいちよくわからない。」

「Instagramのショッピング機能を利用するメリットは何?」

2018年に導入されたInstagramのショッピング機能。Instagram上で直接商品の購入にまで繋げられる便利な機能ですが、その利用方法に戸惑う方は少なくありません。実際に連携に挑戦しても、途中で断念してしまった方からよくご相談もいただきます。

そこで今回は、さまざまな企業様のInstagramの運用代行をしているコンサルタントの私が、ショッピング機能について解説していきます。

この記事を読んでいただければ、Instagramのショッピング機能の基本的な知識はもちろん、連携方法は活用事例もご理解いただけますので、ぜひ最後までお付き合いくださいませ。

Instagramのショッピング機能とは?

Instagramのショッピング機能は、自社で保有しているECサイトと、Instagramの投稿を連結させるための機能です。これを利用すると「タグ付けのリンク先が自社のECサイトになる」という状態が作れます。

自社のInstagramアカウントにあらかじめ商品登録(ECサイトに掲載されている商品)をしておくことで、投稿時にタグ付け同様、商品のタグをつけることができます。

ショッピングのタグがついている投稿には、バッグのマークが付与され、タップするとInstagramアカウントのショッピングページに遷移します。

アカウントのショッピングページはプロフィールからも閲覧できます。このショッピングページには商品説明や金額、商品画像が記載され、ワンタップで実際のECサイトに遷移できる仕様です。

なお、商品タグはフィードだけでなくストーリーズ(ストーリーズの場合はタグではなくスタンプ)にも添付可能です。

Instagramのショッピング機能を利用するメリットは?

最大のメリットは、ユーザーが商品を購買するまでの動線を短縮できる点です。

従来のInstagramでは、商品の認知から購買まで、ユーザーは以下の操作を行っていました。

投稿と接触→投稿を開く→プロフィールに遷移する→リンクをクリックしてECサイトに遷移する→該当商品を検索する→商品情報を確認する→購買する(決済する)

明らかに無駄が多いですよね。しかし、ショッピング機能を追加することで以下のように操作が削減されます。

投稿と接触→投稿を開く→ショッピングタグをタップ→ECサイトに遷移→商品情報を確認する→購買する(決済する)

工数だけで見るとそこまで減少していませんが、検索が無くなったことやワンタップで操作が完了することを考えると、かなりの無駄が省かれていると言えます。

動線が短縮されたことでユーザーの購買意欲を削ぐことなく、商品購入にまで繋げられるという効果がショッピング機能のメリットと言えるでしょう。

ショッピング機能の導入条件は5つ!

インスタグラムのショッピング機能は一度入れておけば、後々かなり役立つ便利な機能です。しかし、どのアカウントでも無条件に導入できるわけではありません。以下の5つの条件を満たしている必要があります。

  1. FacebookおよびInstagramのポリシーに準拠していること
  2. 該当するビジネスとドメインに紐付いていること
  3. 所在地がコマースを利用できる国であること
  4. 信頼性を示すこと
  5. 正確な情報を提供し、ベストプラクティスに従うこと

    こちらはInstagramの「コマース利用要件」から抜粋したものです。

    こちらのコマース利用要件は2020年7月に改定されており、多くのサイトに記載されているのは旧要件です。とはいうものの、この要件は普通にアカウント運用をしていれば審査は通過するはずですので、気にしなくても良いでしょう。

Instagramで導入するにはどうしたらいい?7つの手順で解説!

Instagramのショッピング機能は以下の7つの手順を踏めば利用可能です。こちらもInstagramの公式ページから抜粋しております。

利用要件を確認する

こちらは上述した条件をクリアしていれば問題ありません。

ビジネスアカウントに切り替える

ショッピング機能はビジネスアカウントでなければ利用できません。ビジネスアカウントに切り替える方法は以下の記事で紹介していますので、そちらを参照してください。

また、会社でInstagramの運用をするのであれば、インサイトが閲覧できる状態にしておくことがマストです。そのため、ビジネスアカウントへの変更は絶対に行いましょう。

Facebookページにリンクする

Instagramのショッピング機能は、Instagram上で完結するサービスではありません、Facebookのシステムを使って提供されています。そのため、InstagramのアカウントとFacebookを紐付けておく必要があります。

InstagramとFacebookを紐づける方法は以下の記事で解説していますので、ぜひそちらをご覧ください。ビジネスアカウントに切り替えておけば、すぐにFacebookとも連携させることができます。

https://sns-sakiyomi.com/blog/function/instagram-facebook/

商品カタログをアップロードする

ここからが本番です。Instagramのスマホアプリでショッピング機能を活用し、投稿に商品タグを付けれるようになるためには、ショッピング機能の中に商品カタログをアップロードする必要があります。

商品カタログとは、その名前の通り、商品情報が記載されているページと思っていただければ遜色ありません。この商品カタログを作成し、中にアイテムを追加することで、タグ付けが可能になります。

商品カタログは以下の2つの方法で作成することができます。

カタログマネージャから商品カタログをアップロードする

カタログマネージャは、Facebookページに備えられている機能の1つです。こちらのページから遷移できます。(以下はFacebookページを上記で作成していることを前提に解説いたします。)

https://www.facebook.com/commerce_manager

「カタログを作成」を選択すると、カタログタイプが選択できます。大抵の人はECサイトを連携させるためにこの記事を読んでいるはずですので、「Eコマース」を選択。

次にカタログにどのようにアイテムを追加するのかを選択します。選択肢は「商品情報をアップロードする」か「Eコマースプラットフォームにリンク」の2つです。

ただし、前提としてEコマースプラットフォームがある場合は、もう1つの商品カタログ作成方法を選択しているので、ここでは「商品情報をアップロードする」を選択します。

カタログの所有者とカタログ名が設定できます。所有者はショッピング機能を利用したいビジネスアカウントを、カタログ名は任意で設定しましょう。

これでカタログが作成され、カタログマネージャから商品を追加できるようになります(アイテムを追加→任意の方法で追加)。

Eコマースプラットフォームパートナーから商品カタログをアップロードする

Instagramのショッピング機能には、Eコマースプラットフォームパートナーという、ECサイト制作サービスとの協力関係があります。もしすでに以下のECサイトを利用している場合は、商品カタログをビジネスアカウントにそのままリンクさせることが可能です。

・BASE
・EC CUBE
・Wix
・Store.jp
・Shopify

それぞれのサイトから拡張機能(BASEであれば「Instagram販売App」)をインストール、設定していただくと、カタログをリンクさせることができます。拡張機能をインストールするやり方は各ショップから確認してください。

アカウントの審査を完了する

商品カタログにアイテムを追加できたら、Instagramとリンクさせ、審査を受けます。Instagramのビジネスアカウントのプロフィール画面を開き、以下の手順で操作します。

「メニューバー→設定→ビジネス→ショッピングに登録」

上記までのプロセスで商品カタログがFacebookページに登録されていれば、カタログが選択できるはずです。商品カタログを選択し、「審査を申請」をタップしましょう。

ショッピングをオンにする

申請が完了すると投稿に商品タグを付けられるようになります。

商品タグをつけるには以下の設定が必要です。

「メニューバー→設定→ビジネス→ショッピング」

ここで任意の商品カタログを選択し、完了をタップすると、投稿する際に商品タグを付けられるようになります。

コンテンツをアクションにつなげる

実際に商品タグを付けて投稿する方法を解説します。

フィード投稿に商品タグをつける場合

フィード投稿に商品タグをつける場合は、キャプションが入力できる画面まで進める必要があります。ここで「商品をタグ付け」をタップすると、任意の商品が選択できます。

そのままシェアすると、無事に商品タグをつけて投稿ができます。

ストーリーズに商品スタンプをつける場合

ストーリーズの場合は、スタンプで対応します。スタンプトレイを開き、商品スタンプを選択します。その中から任意の商品を選択し、スタンプの配置場所を決定します。

そのままシェアすればストーリーズに商品スタンプをつけた状態で投稿できます。

こんな形で利用されている!活用事例3選

最後に、Instagramのショッピング機能を上手に活用している事例を3つご紹介いたします。

BOTANIST

ヘアケア商品で有名なBOTANIST(ボタニスト)です。

アカウントのトンマナを白に統一し、商品紹介の投稿が目立ちすぎないように工夫がなされています。通常、企業が商品紹介の投稿をすると、商品のPRばかりに目が行ってしまい、敬遠されてしまいがちです。

しかし、BOTANISTは商品紹介以外の投稿も絶妙に散りばめることで、ブランドイメージを保つことに成功しています。結果的に、3分の1程度の投稿に商品タグが入っていますが、目に触ることがありません。

北欧、暮らしの道具店

フォロワー数100万人を超える人気ブランド「北欧、暮らしの道具店」です。

こちらも投稿のトンマナを柔らかめの色で統一し、商品紹介をしている雰囲気を消すことに成功しています。また、何よりも注目したいのがキャプションの丁寧さです。

いずれのキャプションも、運用スタッフが丁寧に書き記しているのが見て取れます。よほどのことがない限りキャプションを眺めることは少ないですが、商品に関して細部まで拘って書き記されていることから、商品への熱量を高めることができています。

rili

若年層の女性に圧倒的な人気を誇るriliのショッピングアカウントです。

商品を紹介するコンテンツではなく、シチュエーション別のコーディネートを紹介するコンテンツの中に商品タグを紛れ込ませています。商品紹介として投稿されたものをユーザーが見ると、アカウントに対してPR感を抱かせてしまいます。

しかしコーディネートを紹介することによって、ユーザーのメリットを存分に提示し、結果的に購買イメージを抱かせることに成功しています。

まとめ

Instagramのショッピング機能について解説しました。

導入までが少し面倒ですが、ショッピング機能をつけておくことで、少なからずサイトへの流入率は高まります。自社でECサイトを保有している場合は、絶対に設定することをおすすめします。

またショッピング機能以外にも、Instagramを丁寧に運用することで、収益化の基盤を作ることも可能です。SAKIYOMIでは個別相談会やwebセミナー(ウェビナー)も開催していますので、ご興味のある方はぜひご参加くださいませ。

またインサイトの分析ツールも提供しております。こちらも詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。