SNSをビジネスで利用するのは当たり前!時代に取り残されない運用術!


「社内でSNSの運用を検討しているけど、どれを使ったらいいのかわからない。」

「SNSをビジネスで利用するなら、何が最適か教えてください。」

ビジネスの中でSNSを活用する事例が増えています。これは企業に限らず、個人でも同様のことが言えますね。

しかし、個人のビジネスでSNSを利用するならFacebook、Linkedin、Twitterなどが思い当たりますが、会社で運用するとなると、どれを使えばいいのかわからない人も多いはず。

そこで今回は、「会社のビジネスでSNSを利用するなら」という観点で記事を書いていきます。

SNSがビジネスの主戦場となっている2020年。どのSNSを利用したらビジネスが成功するのかを徹底解説いたします。

なぜ現代において、SNSをビジネスで利用する企業が増えたのか?

なぜSNSをビジネスに活用しようという動きが出ているのか。まずは前提知識からおさらいしましょう。今章でSNSをビジネスで利用するメリットがご理解いただけます。

SNSの普及率が格段に上昇



1つ目の理由は、SNSの普及率が爆発的に上昇しているからです。2020年現在、日本人のSNS利用者数は7975万人(利用率80%)まで上昇しており、2022年末までに8,241万人に拡大する見込みです。これだけの普及率なのであれば、「SNSを利用して集客をしよう」「ビジネスで活用しよう」と考えるのは至極当然のことですよね。

消費行動に変化



消費行動に大きな変化が出ていることも、ビジネスでSNSを活用する企業が増えた要因です。

従来の消費行動のモデルは、AIDMAを中心とした、比較的マスメディア向けの消費行動モデルでした。しかし現代においては、AISASと呼ばれる口コミを起点とした消費行動のモデルが主流を占めます。

口コミを収集して判断する、信頼できる人が推していたから購入する。こういったモチベーションで人々が購買するようになったのです。

その口コミを担保するツールとして、SNSが台頭しているということですね。

SNSの検索媒体化



SNSが検索媒体と化していることも、ビジネスでSNSが活用される1つの要因でしょう。

元来、検索はGoogle、コミュニケーションはSNSという使い分けがなされていました。しかし最近では、各SNSが検索機能を強化し、ユーザーもSNSを検索媒体として利用し始めているのです。

それが顕著に現れているのがInstagram(インスタグラム)でしょう。

いわゆる「タグる」です。「今の若者はググるよりタグる。」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

購買する前には、必ずInstagramで検索。実際に利用してみた情報を、画像付きで確認し、購買か否かを判断。インテリアやコスメが最たる例ですね。

こういった形で、SNS自体が人々との関わり方を変化させていることも、SNSがビジネスで利用されるきっかけになっています。

拡散力が圧倒的に高い



SNSをビジネスで利用する最大の目的が、拡散力の高さでしょう。

Twitterであればリツイート、FacebookやInstagramであればシェアという機能があることで、情報やコンテンツが拡散されていきます。それぞれのSNSを比較すれば、拡散力の違いはあるものの、いずれのSNSでもバズという現象は起きます。

炎上というデメリットは孕んでいるものの、最大のメリットとも言えますね。

コストが限りなく0に近い



こちらも、SNSをビジネスで活用するメリットですね。

そもそも、SNSを始めることにコストはかかりません。その中で広告に課金すればコストはかかりますが、普通に運用している分には、コストは0です。

そのせいか、怪しいネットビジネスが営業をしてきたり、勧誘をしてきたりすることもあります。「楽に稼げる方法を教えます!」みたいなやつですね。SNSを使った悪質なネットビジネスが蔓延し始めていることは、少し悲しくもあります。

とはいうものの、ビジネスでSNSを活用することには大きなメリットがありますので、積極的に運用していきましょう。

各SNSの特徴を一挙大公開!自社にあったSNSを見つけよう

主要SNSの5つをご紹介いたします。どのSNSが自社に合っているのか、ぜひ探してみてください。

Twitter



SNSと言えば、真っ先に出てくるのはTwitter(ツイッター)でしょう。テキストを中心としたコミュニケーションツールで、140文字という限られた字数の中で何を発信するのかが問われるメディアです。

近年、Facebookの代わりに、Twitterがビジネスにおける名刺としている人も少なくありません。企業というよりも、個人でSNSを活用する際にメリットがあるSNSですね。

Instagram


Twitterに比肩してTHE.SNSと呼べるのがInstagram(インスタグラム)でしょう。SAKIYOMIを運営している株式会社Radixは、Instagramに特化した運用代行サービスを実施しております。

Twitterと違い、InstagramはビジュアルをベースにしたSNSですね。個人のビジネス利用というよりも、会社や店舗単位で運用し、集客をすることに長けています。

リツイート機能やシェア機能が無いため「拡散性が無い」と揶揄されることもありますが、コツを掴んでしっかりと運用すれば、Twitterをも凌駕する拡散力を持っています。ぜひこちらの記事をご覧になってください。

Facebook



Facebook(フェイスブック)は元祖SNSですね。他のSNSよりも、かなり早い段階からサービスが開始されており、年齢層の高い方を中心に利用されています。

また、実名登録が義務付けられているため、Facebookのアカウントを名刺代わりに利用する方も非常に多いです。また、Facebookの機能を活用してイベントの告知や、オンラインサロンの開設ができるため、ビジネスに特化しているとも言えます。

ただ、若年層の利用率はかなり低いので、他のSNSとの使い分けが必要でしょう。

LINE



日本のコミュニケーションツールの代表と言っても過言では無いでしょう。他のSNSと違い、LINEの利用率は全年齢層で高く、個人をターゲットにした商品やサービスであれば、どれでも利用価値があると言えます。

公式LINEやLINE@のように、ビジネス向けの機能も充実しており、しっかりと活用できれば、かなりの効果が見込めます。

TikTok



若年層から爆発的な人気を誇るSNS、TikTok(ティックトック)です。

中国発の動画プラットフォームで、自分で縦型の動画作成をし、それを多くの人に見てもらうサービスです。TikTokは作成できる動画のクオリティが高い点もそうですが、何よりも注目したいのが拡散のアルゴリズムです。

フォロワー数に限らず一定の人数へリーチさせ、そこでのエンゲージメント率を元に、次なる一定数にリーチさせるというものです。そのため、フォロワー数が少ない段階でもバズが生まれる可能性があり、他のSNS(主にYoutubeとInstagram)と組み合わせることで、爆発的な集客が期待できます。

ビジネスで活用するなら、この手順で!

では、実際にSNSをビジネスで活用するにはどうすればいいのか、その手順を解説いたします。また、どのSNSでも同様の始め方ができますので、ぜひ参考にしてください。

なぜSNSをビジネスで活用したいのか?目的を設定する!



なぜSNSをビジネスで活用したいのか、その目的を設定しましょう。この目的があることでSNSの選定や、ターゲット、トンマナの設定ができるからです。おそらく大半の人は「集客のため」かと考えられますので、次に進みます。

上記の中からSNSを選択



目的をもとに、運用するSNSを選択しましょう。もちろん、併用も可能です。ただし、併用するということは、その分工数がかかるということを意味します。組み合わせは慎重に選びましょう。もし、なんのSNSを選んだらいいのかがわからなければ、お気軽にお声がけください。一緒に選びましょう。おすすめはInstagramです(笑)。

アカウントの方向性を決める



SNSを決定したら、アカウントの方向性を決めていきます。俗に言う「アカウント設計」ですね。

目的から考えて、以下の点を設定します。

・ターゲット・投稿内容・トンマナ

これらは途中で修正しても構いませんが、大幅な方向転換はフォロワーを困惑させることにも繋がりますので、丁寧に設定していきましょう。

実際にコンテンツを作成してみる



では、実際にコンテンツを作成してみましょう。

Instagramであればフィード投稿、Twitterであればテキスト、TikTokであれば動画の撮影です。「一旦作ってみる」くらいの温度感で大丈夫です。

投稿を開始!分析も忘れずに!



作成したコンテンツを投稿してみましょう。どんな反応があるのか楽しみですね。

ただし、投稿するだけで満足してはいけません。ここから重要なのは分析をすることです。各SNSにはアナリティクスの機能がついています。それを見ながら、投稿への反応がどうなのか、どんな効果があったのかを調べていきましょう。

随時方向転換を繰り返し、当たるコンテンツを探していく



ここからはひたすらPDCAを回しましょう。さまざまなコンテンツを作り、当たるコンテンツを探してください。

活用する際に気をつけておきたいポイント3選!

SNSをビジネスで利用するメリットと、運用開始の手順を解説してきました。ここからは、実際にビジネスでの活用をし始めてから気をつけていただきたい点です。

1人だけで回そうとしない!



会社でSNSを運用する場合、1人だけで回そうとしないでください。TwitterやFacebookの場合はテキストを作成するだけで済みますが、InstagramやTikTokの場合はそうはいきません。コンテンツの作成に、特に時間がかかるからです。

そのため、会社のメンバーにも参加してもらい、全社で運用をすることをおすすめします。できれば、創業者の方も参加していただきたいですね。コンテンツに権威性が増します。

もちろん、1人でもできないことはありません。しかし、他の業務との並行は非常に大変ですので、チームを作るようにしましょう。もし、運用にお困りごとがあれば、お気軽にお声がけくださいませ。

分析は絶対に行う



分析は絶対に行いましょう。営業やマーケティングでも同じですが、常に「自分の施策が合ってるのか否か」を判断しないと、次なる一手は打てません。分析の手法を仕組み化して仕舞えば、効率よく分析ができますので、ぜひ分析は行ってください。

Instagramに関する分析は、SAKIYOMIの得意分野ですので、いつでもお声がけください。お手伝いできることは、可能な限りサポートいたします。

ユーザーは広告には反応しないことを覚えておく



SNSをビジネスで活用し始める企業にありがちなのが、ビジネスライクな投稿ばかりになってしまうことです。もちろん、Twitterを利用し、ビジネスパーソンを集客したい場合は最適解でしょう。しかし、大半はそうではないはずです。

前述しましたが、ユーザーは情報収集を目的としてSNSを利用します。つまり、広告のようなコンテンツには反応しない、むしろ嫌悪されてしまう可能性があります。

自社が発信したいコンテンツと、ユーザーが求めているコンテンツをうまく使い分けましょう。

長期的に運用し、アカウントを資産価値の高いものに仕上げる



SNSをビジネスで活用する際に、運用は長期的な戦いになることを覚えておきましょう。最低でも半年は思うような成果には辿り着きません。

もちろん、バズが突如生まれて、短期的に集客がうまくいくケースもあります。しかし、それは時の運です。

SNSに投稿したコンテンツは蓄積していきます。イメージはオウンドメディアですね。少しずつ毎日投稿していき、アカウント自体は資産価値の高いものへと育てていく。その考えを念頭に置いておきましょう。

SAKIYOMIはInstagramに特化している

SNSをビジネスで活用するメリットと、その方法を解説してきました。

SNSをビジネスで利用することには絶大な効果があります。しかし、絶大な効果を発揮させるためには、時間も必要ですし、適切な運用ノウハウも求められます。そのため、1人だけで回そうとせず、チームを作ること。チームが組めないのであれば、外部の力を活用すること。これを覚えておきましょう。

SAKIYOMIはInstagramの運用に特化しています。なぜならば、トレンドがInstagramに向き始め、Instagramがこれからの時代における主戦場になると考えているからです。

もし他のSNSと並行してInstagramの運用をするのであれば、ぜひお声がけくださいませ。

SAKIYOMIでは、webセミナー(ウェビナー)や個別相談会、運用をサポートするツールも提供しております。もしお困りごとがございましたら、いつでもお気軽にご相談ください。