その他

ニーズの高いキャンプ系ジャンルにおいて、運用15ヶ月で2万フォロワーを獲得。事業を牽引する、集客のハブメディアを構築。

Instagramの成功事例を学び、アカウントを伸ばしませんか?

Instagram運用において、アカウントの成功には再現性があります。

にも関わらず、お手本のアカウントを参考にせず、自己流の間違った運用を続けてしまうケースを未だによく見かけます。

「SAKIYOMI」は、累計400万フォロワーを超えるアカウント運用から、様々なInstagram運用の”勝ちパターン”を発見してきました。
そして今回は、その”勝ちパターン”を全12ジャンルの事例集として解説しました。

自社に合った成功事例を見つけ、日々の運用に反映させてみませんか?

詳しくはこちらから「– 全12ジャンルの成功事例で紐解く – 自社でやるべきInstagram活用法」を確認してみてください。

今すぐ資料を無料ダウンロードする

事業課題

キャンプグッズ事業の集客で広告に投資をし続けていたが、広告依存から脱却をしたい。グッズ売上に寄与する、集客のハブメディアを構築したい。

運用目的

キャンプグッズの販売やインフルエンサーとのタイアップも獲得できるような、影響力のあるキャンプ系メディアを構築する。

コンセプト設計

3C分析

  • 先行者利益を取っている競合アカウントはいくつかあるが、ややマニアック向けではある。
  • キャンプのトレンドが盛り上がりニーズは高い一方で、コンテンツの供給は追いついていない。

ジャンル

  • キャンプ系メディア

ニーズ

  • キャンプやアウトドアには興味があり、行きたい。
  • 休日にアウトドアキャンプを楽しんで、リフレッシュしたい。

インサイト

  • 興味はあるが、すぐ行動をするにはハードルが高い。
  • 初めてのキャンプで失敗するような体験は避けたい。
  • キャンプに行くことが目的ではなく、‘非日常を味わう’ことが本質的な目的である。

コンセプト

  • 初心者が初めてのキャンプに行く時の、知っておくべきTipsを発信。
  • キャンプそのものに行かなくても、‘非日常’を味わえるキャンプ飯や遊びを発信。
  • 投稿を見ながら、会話で盛り上がるようなコンテンツ。

プロセス

運用初期はホーム率を意識し、コンテンツがユーザーニーズにフィットしているかを確認しながら投稿を進めた。保存率が高い投稿内容を、ストーリーズ施策にも横展開しエンゲージメント向上を計った。
またフィード投稿の表紙クリエイティブは直感的であることを意識し、動画を採用。後半に詳細情報を載せるようにし、ユーザーの態度変容に沿った流れになるように工夫を行った。
一時期はホーム率やフォロワー数の伸びが鈍化した時期があったものの、ストーリーズ施策を手厚くし、投稿の通知や質問箱でフォロワーとの親密度を上げるように注力。ホーム率が改善し、低迷時期は月間約10万リーチだった数値が月間100万リーチを超えるほどに改善され、安定してフォロワーが増加している。

成果

運用4ヶ月で5,000フォロワーを増加させ、運用13ヶ月で1万フォロワーを達成。さらに2ヶ月後の運用15ヶ月で2万フォロワーまで成長した。Instagramがドライバーとなり、広告依存を脱却する足がかりとなった。ニーズの高いキャンプグッズ事業の集客を牽引できるハブメディアに成長した。

提供サービス
運用代行
期間
独学の運用を辞め、Instagramの勝ちパターンを学びませんか?

Instagram運用には勝ちパターンが存在します。

正しく活用すれば、着実にフォロワー/売上を増やすことができるものの、まだまだ「独学での間違った運用・自己流の施策」が原因で失敗するアカウントも少なくありません。

「SAKIYOMI」は、Instagramアカウント運用による累計フォロワー350万以上の実績を持つ弊社が提供する運用代行・コンサルティングサービスです。

100社以上のアカウント運用と独自のアルゴリズム分析に基づいて、再現性高くフォロワー増加を実現します。独学の運用を脱し、Instagram運用のプロに相談してみませんか?

メールアドレス登録のみで、1分で無料ダウンロードできますのでぜひご覧ください。

今すぐ資料を無料ダウンロードする